Loading Now
×

連覇にはあと一歩届かず西カレ準優勝

連覇にはあと一歩届かず西カレ準優勝

◇令和6年西日本大学対抗選手権大会◇7月6日◇津市民テニスコート◇

(2回戦)
◯江口・川口4ー2清水・小川
◯永橋・太田4ー0音田・阿部
◯浅見・武田4ー0菅原・西迫
◯関大3ー0愛知学院大

(3回戦)
◯浅見・武田4ー0中村・上田
◯江口・川口4-0上田・牛ノ濱
◯関大2ー0同女大

(4回戦)
◯浅見・武田4ー3大林・大野
◯江口・川口4ー2山本・佐野
◯関大2-0中京大

(準決勝)
◯江口・西村4-0黒田・小山
◯永橋・川口4-1浪岡・筒井
◯関大2-0天理大

(決勝)
●浅見・武田3-4安田・藤井
●江口・西村2-4本間・岩本
●関大0-2神戸松蔭女大

[最終結果]
準優勝

△応援する選手たち

昨年は優勝を果たした西日本大学対抗選手権大会(西カレ)。今年は連覇を目指し、試合に臨んだ。シードから出場した関大はストレート勝利で勝ち進む。決勝は因縁の相手、神戸松蔭女大。春季リーグでは勝利を収めていたが、ストレートで敗北を喫する。団体戦は準優勝で幕を閉じた。

初戦は愛知学院大との対戦。1番手には江口咲礼紗(社2)・川口まほ(文4)組が登場。第1,2,3ゲームを連続で勝ち取った。そのままの勢いを保ちたかったが、相手の猛追により第4,5ゲームを連続で落とす。しかし第6ゲームは鋭いショットで得点を重ね、1勝目をあげた。続く永橋舞雪(人3)・太田菫(人3)組、浅見今日子主将(人4)・武田悠里(政策2)組は1ゲームも落とさず勝利。圧倒的な強さを見せつけ、3回戦に駒を進めた。

△永橋

第2試合、対同女大には浅見主将・武田組が先陣を切る。第1ゲームはデュースとなるも、連続で得点し押し切った。続く第2,3,4ゲームは危なげなくとり、関大に1勝を持ち帰った。2番手の江口・川口組は第1、2、3ゲームを連続で先取。しかし、第4ゲームは相手に粘られデュースに。点の取り合いが続く中、決めたのは江口・川口組。長い戦いを制し、笑顔が浮かんだ。

△川口

続く第3試合は中京大と対戦。浅見主将・武田組は第1,2ゲームをとったものの、第3ゲームは1ポイントも取ることができず落とす。第4ゲームはとったが、第5ゲーム、またも1ポイントも奪うことができなかった。第6ゲームも落とし、試合はファイナルへ。なかなか決まらない時間が続いたが最後はとり切り勝利。接戦を制し、先取する。2番手の川口・江口組は第1ゲームを落としたものの、その後はスマッシュや長いラリーで粘り2勝目をあげた。

△浅見主将

メンバーを大きく入れ替え挑んだ準決勝は天理大と対峙(たいじ)した。1番手の江口・西村ゆめ(社3)組は圧倒的な差をつけ相手を寄せ付けない。1ゲームも落とさずストレート勝ちを収めた。川口・永橋組は第1,2,3ゲームを危なげなく取る。しかし、第4ゲームは相手に立て続けに点を決められ落とす。第5ゲームはデュースとなるも永橋が鋭いコースに攻撃を決め勝利した。

決勝は因縁の相手、神戸松蔭女大。昨年から何度も優勝を争い、戦っている相手だ。1番手に登場したのは浅見主将・武田組。第1、2ゲームは決めれば決められる接戦となり、デュースにもつれ込む。なんとかとったものの、第3ゲームでは1点も取ることができず献上(けんじょう)。流れは相手にいってしまい試合はファイナルへ。しかし、最終ゲームでも1点を奪うことが精一杯だった。6連続得点を許し、そのまま敗北した。後につなげたい関大は2番手に江口・西村組が登場。第1ゲームを奪ったものの、第2,3,4ゲームを落としてしまう。意地のプレーで西村が高く上がったボールを打ち込みスマッシュを決める。江口は長いラリーを粘り第4ゲームを手にした。しかし、第5ゲームは先に2点先取するも、相手に4連続得点を決められ試合終了。西カレは準優勝で幕を閉じた。

△武田

目標の連覇とはならなかったソフトテニス部女子。この悔しさはインカレで晴らしてみせる。【文/写真:速水咲良】

Share this content:

コメントを送信