Loading Now
×

2部優勝に王手!

2部優勝に王手!

◇2024年度第77回関西学生ボクシングリーグ◇対近大◇於・関西大学ボクシング場

[F級]岡本一優(環都2) ○ 判定
[B級]佐藤磯親主将(人4) ○ 判定
[L級]渡辺亮太(政策3) ○不戦勝
[LW級]小西晴大(法2) ● 判定
[LW級]𠮷田望人(人2) ○ 判定
[M級]山田幸多(人1) ○ ABD 2ラウンド

前節から1ヶ月空き、近大と相まみえた。両校1勝ずつ不戦勝をした状態で競技開始。1戦目の岡本が勝利をあげ、関大に勢いをつける。接戦を勝ち抜き迎えた5戦目。山田が相手を圧倒し、ABD勝ちを決める。連勝記録を更新した。

先陣を切ったのはフライ級の岡本。1ラウンド目から相手のボディに一撃を食らわせるなど好調な滑り出しを見せる。常に攻撃をヒットさせ、3ラウンド目まで戦い抜いた。試合終了のゴングが鳴ったと同時にガッツポーズ。判定勝ちを決め、チームに勢いを付けた。

△岡本

続いてバンダム級の佐藤主将が出場。相手の動きを読み攻撃を仕掛ける。3ラウンド目、ラスト1分30秒のかけ声がかかった直後、コンビネーションでたたみかけた。見事判定勝ちを収める。

△佐藤主将

3戦目は、ライト級の渡辺が不戦勝。

続いて、ライトウェルター(LW)級の𠮷田がリングに上がった。軽快なリズムで攻撃をヒットさせていく。「減量もきつくて、計量する5分前くらいまでずっと動いていたので、少し体力を心配していました」。コンディションの悪い中、1ラウンド目終了間際には、コンビネーションを食らわせ、相手をリングの隅に追い詰める。そして、判定勝ちで4連勝。

△𠮷田

5戦目は同じくLW級に小西が出場した。3ラウンド目まで互角の勝負を繰り広げる。試合終了のゴングが鳴り、勝者発表まで長い時間を要した。しかし、結果は判定負け。試合後には、「勝ってちょっとでもチームに恩返しができるようにしたい」と最終節への意気込みを語った。

△小西

ラストには、ミドル級に山田が出場。持ち前の強烈なパンチで試合を優位に進める。2ラウンド目には、力強いパンチが相手の顔面に豪快に決まった。そして、そのままリングの端に追い詰める。さらにパンチがヒットしたところでタオルが投げ込まれた。山田のABD勝ちで近大戦が終結。

△山田

2部優勝、そして入れ替え戦に出場するためにあと1勝。最終節の相手はここまで快勝してきた京産大だ。必ず勝利をつかみ、さらなる舞台へ駆け上がる。【文:滝口結月/写真:滝口結月、桝井来夢】

▼佐藤主将
「(感想)ちょっと固かったけど今回のリーグ戦で1番いい内容かなと僕的には思いました。(本日のコンディション)ちょっといいとは言えなかったですけど、悪いなりにはちゃんと試合ができたかなと思います。(どのような練習をしてきたか)前節が悪すぎたので、自分のいつもの動きができるようにと、日々練習してきました。(1番良かったシーン)相手の頭が下がることを読んで、アッパーとかを当てられたことが良かったと思います。(プレーを振り返って)もうちょっとあげられると思うので、次はもうちょっとあげていきたいと思います。(最終節への意気込み)絶対に勝ちます」

▼岡本
「勝ててよかったという気持ちです。(前節からの1ヶ月間)相手よりはやってやろうという気持ちを持って、自分に厳しくやってきたつもりです。(1番良かったところ)自分の引き出しを出せたことです。展開を変えたのが良かったかなと思います。(自身のプレーを振り返って)1ラウンド目はちょっと、いつも通り硬さが出たんですけど、2、3(ラウンド)で取り返して想定内のボクシングができたのかなという感じです。(最終節への意気込み)前、1ラウンドで負けている強い相手なので、しっかり倒してチームを盛り上げたいと思っています」

▼小西
「(感想)前(節)も負けて、1ヶ月間(リーグが)休みになったので、めちゃめちゃ頑張ったんですけど、負けてしまって悔しいです。(1番良かったところ)距離を取れて戦えていて、近距離戦ももらわずに打ち勝っていたと思うので、そこが良かったです。(悪かったところ)積極性が足りなくて負けたのかなと思ったので、もっと自分から手を出すようにこれからしたいです。(どのような準備をしてきたか)毎日体力を上げるために自転車を漕いだり走ったりして。練習の時に、みんなに教えてもらって頑張ってやってきました。(本日のコンディション)試合が始まる前まで緊張していて、ちょっと体も硬かったです。緊張していました。(最終節への意気込み)大学から始めたのでいつもみんなに教えてもらってばっかりなので。次、勝ってちょっとでもチームに恩返しができるようにしたいです」

▼𠮷田
「(試合を振り返って)昨年も1回試合をしたことがあって、その時はちょっと余裕のある試合だったですけど。今回、減量もきつくて、計量する5分前くらいまでずっと動いていたので、少し体力を心配していました。やっぱり、最初は大丈夫だったんですけど、後半で結構キレがなくなってきて。体がちょっと重たいなってなってきたので2ラウンド目はちょっと焦ったんですけど、3ラウンド目でまた修正して、なんとかポイントを取れたので良かったです。(本日のコンディション)リーグ戦の中で一番悪かったです。いつも前日くらいまでには体重を落とすんですけど、64キロ級で、今回もう前日でも64kg切っていなくて。朝来ても64.5kgで、落とさないとと思って朝焦って動いていたので、疲れが溜まっていたかもしれないです。相手は昨年も試合をしていて、対策してきていたので厳しかったです。(勝因)2ラウンド目で取られていたので。3ラウンド目でまた修正というほどはできていないですけど、何とか持ち直して、ポイントを全部取れたのが勝因かなと思います。(最終節への意気込み)次はリーグ戦最終で、京都産業大学となんですけど、全勝対決なので、そこで勝ってリーグ優勝して、1部昇格を指して頑張ります」

▼山田
「(試合を振り返って)自分のボクシングをしたかったんですけど、やっぱり歓声とかも聞こえて、ちょっと熱くなってパンチが大きくなってしまって、あまり出来は良くなかったです。(前回と比べて)この前よりは落ち着けたかなとは思っているんですけど、ジャブが当たり出して、倒しに行くのが早くなったというか、じっくり作っていけば完全に倒せたかなというところまで持っていけたんですけど、試合で上がってしまって、急いでしまいました。(一番良かったプレーや瞬間)最後のストレートで、ジャブに、ストレートを狙ってきていたのが分かっていたので。ジャブフェイントのストレートにストレートを合わせられたのが思い通りに合わせられたので、良かったです。(本日のコンディション)1個上の階級で出ていて、だから多分適正ではなかったんですけど、4kgくらい足りていなくて、パンチどうだろうなと思っていたんですけど、いい感じでできて良かったです。(最終節への意気込み)もう少し惑わされず、自分のままでいきたいです」

Share this content:

コメントを送信