Loading Now
×

接戦制せず、関関戦敗北

接戦制せず、関関戦敗北

◇第47回総合関関戦◇6月15日◇対関学大◇於・関西大学◇中央体育館サブアリーナB◇

●関大 5ー7関学大

○山田1-0
△白藤0-0
●前川0-1
△森0-0
△宇都宮0-0
○大前2-0
●杉浦0-2
△中村0-0
●長谷川0-1
○藤井2-0
△下田0-0
●河合0-2
●秦0-2
○内村1-0
●永田1-2
△恩賀0-0
△梅田0-0
○宝田1-0
●寺前0-1
△栗原1-1

男女が一つのチームとなって戦う唯一の試合・総合関関戦。昨年は4ー9と大きな差をつけられ、敗北した。今年こそはと試合に臨んだが、力及ばず。2年連続悔しい結果になった。

△仲間の試合を見守る

関大の先陣を切ったのは山田琉々乃(人1)。立ち上がりから攻めの手を緩めない。相手が面を仕掛けてきたところに小手を打ち込み先取すると、そのまま試合終了となり関大に1勝を持ち帰った。続く白藤綾乃(安全3)は互いに有効打突に近い打突を打ち合うものの、引き分けに終わる。リードを広げたい前川瑞稀(商2)は果敢に面を打ちにいくも、合い面を決められてしまい1本負けとなった。続く森文那(人2)は激しい攻防戦を見せ、決着はつかず。女子主将である宇都宮彩花(経4)は白熱した試合を繰り広げた。相手の動きを冷静に見極め、攻撃を許さない。しかし、1本を決めることはできず、引き分けに。関大は女子5人を終えて1勝1敗と接戦になる。

△宇都宮主将

大前龍海(社2)は面、突きを決め2本勝ちとなり、会場を盛り上げる。杉浦佑哉(安全2)は対格差のある相手に果敢に挑むも、立て続けに面を決められ2本負けを喫した。藤井駿祐(人1)は試合開始から攻撃の手を緩めない。合い面を決めると、すぐに面を決め2本勝ちを決める。内村元(環都3)は打ち合いとなる接戦。相手の隙をついて1本勝ちを収めた。

△大前

恩賀奏伍主将(経4)は上段の相手にも冷静に対応。「相手の動きを見て戦うことができた」。しかし、1本を決めることはできず。続く梅田健太(社3)は相手の技に仕掛けられながらも打突を続け引き分ける。宝田将吾(商4)は小手を決め先制。その1本を守り切り勝利した。2連勝を決めれば勝利するという場面で登場した副将の寺前俊佑(人3)。しかし、先に面を先取されると、その後は落ち着いた攻めで好機をうかがうが、そのまま1本負けを喫する。大将の栗原蒼空(経4)は先に面を決められるも、すぐさま面を取り返す。あと1本がほしいところだったが決め切ることができず。引き分けとなった。

△寺前
△恩賀

2年連続敗北を喫した総合関関戦。今後の大会ではリベンジを果たすべく、関大剣道部は精進を続ける。【文:速水咲良/写真:上田峻輔】

▼恩賀主将

「(主将としてどのような気持ちで挑んだか)2年前の試合は僕たちが圧勝し、昨年の試合が関学に圧勝されて負けている分、今年は絶対負けられないなという気持ちを持って、ここ最近の練習はずっと主将として活動してきました。昨年に比べると遥かに競った試合ができたのですが、あと1歩届かない部分もあったので、次の全日の試合に向けてまた練習し直して、次個人戦でしっかり結果を残せるようにしていきたいと思います。(試合で反省する点は)スコアを見た感じ、自分が1本取ると後の4人が結構楽になる場面ではあったので、1本をもうちょっと取りに行ってよかったのかなと思った部分はありました。(良かった点は)上段に対するのは結構苦手であったのですが、意外と相手を見ながらを打って対応できたので、そこを1本にできる力をこれから養っていければなと思っています。(どのようなチームにしていきたいか)今日の試合を見ている感じ、結構チームで1つになって戦っていたのかなと思いました。この一体感を僕たちの引退の10月までキープしながら、これから合宿や、 チームの練習も続くのですが、全員で乗り越えて最終的に日本一を目指すチームにしていきたいと思っています」

Share this content:

コメントを送信