Loading Now
×

関学大に健闘するも敗北

関学大に健闘するも敗北

◇第47回総合関関戦 ◇対関学大◇6月8日◇於・関西大学中央グラウンド

[第1Q]関大0―0関学大
[第2Q]関大0―2関学大
[第3Q]関大0―0関学大
[第4Q]関大0―1関学大
[試合終了]関大0―3関学大

待ちに待った関関戦。昨年も敗北を喫した女子、雪辱を晴らすべくホームで関学大を迎え撃った。相手は1部リーグ所属と格上だが、第1クオーター(Q)から拮抗(きっこう)した試合を展開する。しかし、第2Qでペナルティコーナー(PC)を与えるなど、2点を献上。最終Qにも追加点を許し、昨年に引き続き黒星となった。

△全員で円陣を組む

第1Qは関学大のセンターパスからスタート。開始直後は関学大が右サイドから攻撃を仕掛ける。しかし、MF山下日菜子主将(人4)がブロック。4分にも相手のシュートをGK高堂香晴(経2)がボールを跳ね返し、ゴールを守った。関大も黙ってはいない、FW髙杉美羽(情2)がボールを奪いにいき形勢逆転を図る。
6分、相手の反則でイエローカードが出された。この日、最初のチャンスを迎える。DF徳田琳(社1)の放ったボールをFW野口奈央(人3)がシュート。しかし、ボールを奪われ惜しくもチャンスを逃す。その後、8分にもMF山下主将が右サイドからゴール前へパスを出し、チャンスを演出。引けを取らないプレーで会場を沸かせた。

△FW野口

第2Qになるとゲームの主導権を関学大に握られる。序盤は、関学ボールが多いもののMFの抵抗もあり、得点を許さなかった。
残り5分、PCを与える。相手のストロークはゴールのど真ん中に入り、先制点を許す。その後関大が主導権を握り、相手フィールドでのプレーが続いた。FW松本菜那(人3)は相手フィールドで必死にボールを追い、相手を牽制。サークル内までボールを運んだが、なかなか関学大のディフェンスを崩せない。ラスト30秒でもPCを与え、追加点を許す。2点ビハインドで後半戦へ。

△ゴールを守る選手たち

巻き返しを図りたい第3Qは関大ボールから開始。MF山下主将が開始直後からサークル内に向かい奔走し、チャンスを伺う。しかし、その後はチャンスを生み出せない。3分、これ以上点差を広げたくない中、PCを与えピンチを迎えた。それでも、FB竹中理菜(社4)がボールをカットし、窮地を脱する。FB竹中はその後のPC でもストロークを止める活躍ぶり。第3Qでは、何度も自チームサークル付近までボールを運ばれたが、粘り強いディフェンスで健闘した。

△FB竹中

なんとか1点を入れたい最終Q。だが、慣れないロングパイルの試合会場ということもあり、パスがうまくつながらず。ラスト3分にも駄目押しの追加点を許してしまい、試合終了。
格上の関学大相手に実力差を見せつけられた関大。しかし、ディフェンス面では粘り強さを発揮するなど得ることが多かった。2部優勝とともに入れ替え戦勝利を目標にするチームにとっては関関戦が今後の試合で勝利するための糧となるだろう。【文:丸山由雅/写真:大須賀琴桃】

▼MF山下主将
「(試合展開と良かったところ)実力差はあったが、立ちあがりから積極的にプレーすることができた。何度も攻められたが、全員で守り、FWも諦めずにボールを追う姿勢が良かった。負けてしまい課題もあるが、チャレンジできたゲーム内容で楽しかった。(試合の改善点について)試合中に、改善点を修正できなかった。後半から自分たちのミスが目立つようになった。(リーグ最終戦に向けて)これからもチャレンジする精神を忘れずに、粘り強いホッケーをしたい」

Share this content:

コメントを送信