Loading Now
×

終盤の逆転劇で首位キープ!

終盤の逆転劇で首位キープ!

◇第102回関西学生リーグ前期第8節◇対大院大◇6月1日◇於・三木総合防災公園第2陸上競技場◇

【前半】関大0-1大院大
【後半】関大2-0大院大
【試合終了】関大2-1大院大

スターティングメンバー
GK 山田和
DF上原、髙橋、木邨、野田
MF村井、藤﨑、和田、真田
FW大矢、淺田

前節、阪南大を1点差で下し、勢いにのる関大。3連戦最後は、今節開始前の時点でリーグ4位の大院大と激突した。今後のリーグを占う上でも負けられない一戦は前半、ゴール前の混戦から押し切られ、先制を許す。しかし後半、コーナーキック(CK)から相手ネットを揺らし同点に。最後はMF真田蓮司(法2)がロスタイムの劇的弾で激闘に幕。3連戦最後の試合を貴重な勝ち点3で締めくくった。

△MF真田

序盤は両者、ボールを回しながら相手の出方を伺う時間が続く。球際で激しく競り合う中、最初に好機を作ったのは大院大だ。前半7分、CKのこぼれ球に反応しミドルシュートを放たれるも、ここはGK山田和季(社3)がファインセーブ。前節に続く好プレーで関大ゴールは割らせない。

一方の関大、ファーストシュートは同14分。FW淺田彗潤(人3)とのパス交換から抜け出たMF村井天(経2)がコースを狙ったシュートを打つが、ここは相手GKに阻まれる。その3分後にはDF木邨優人主将(政策4)の落としにDF上原壮(文3)が反応。積極的にゴールを狙うが、枠を捉えることができない。

△MF村井

均衡した展開が続く中、ついに試合が動く。同32分、左サイドからのクロスをGKとディフェンスラインの間に落とされると、そのままゴールへと流れ失点。嫌な時間帯に先制点を許してしまう。

早めに流れを取り戻したい関大はMF藤﨑琉依(商3)、MF和田健士朗(人2)のダブルボランチがセカンドボールを回収し続け、好機を演出。しかし相手ディフェンスを前にシュートを放てず、1点ビハインドで前半を折り返した。

△MF和田

立て直しを図るべく、後半開始と同時にMF川島功奨(社4)、FW前田龍大(人4)を投入。するとすぐさま経験豊かな4年生コンビが見せる。FW大矢瑞樹(情3)のキープからFW前田龍へ展開。オーバーラップを仕掛けたMF川島にボールが渡ったところで、たまらず相手がファール。その後のプレーが直接得点とはならなかったが、2人の存在が徐々に安定感を取り戻させ、流れを呼び込む。

後半14分にはMF藤﨑に代わり、MF宮川大輝(文1)を投入。中盤の活性化を試みるとその交代が功を奏す。関大がボールを保持する時間が続き、MF村井が起点となり攻撃を展開。立て続けに相手ゴールに迫ると同31分だ。CKの好機にキッカーはMF和田。相手GKの頭上を超えると、そのままボールはネットを揺らす。終盤のスーパーゴールにベンチは沸いた。

その後も前がかりに攻める関大。カウンターを受ける場面でもDF木邨主将のパスカット、DF髙橋哲也(文2)の対応でピンチの芽を摘んだ。両者、気迫のこもったプレーでしのぎを削る中、後半ロスタイムにドラマが。ここまで何度も好機を作ってきた右サイドからMF和田がクロス。混戦模様のペナルティエリア内でボールはMF真田の元へこぼれる。ルーキー時から類まれな技術で存在感を示してきた男は左足を振り抜く。ゴール上に突き刺さると、MF真田は右手を突き上げベンチに駆け寄り、喜びを分かち合った。「チーム全員で戦っている以上、自分が奪ったゴールだけど、チーム全員で取ったゴールだと思うので」。試合後、背番号8は笑顔でそう語った。

△得点後、喜ぶ選手たち

残りの時間を全員で守り切った関大。終了のホイッスルが鳴り響くと前田雅文監督も小さく拳を握るなど、チーム全員が貴重な勝ち点3を喜んだ。

△遠方まで駆けつけた応援団とともに喜びを分かち合った

これでリーグ成績を6勝2分とし、勝ち点も20まで伸ばした関大。連戦が続き、けがで戦線を離脱する選手もいる中でつかんだ今節の勝利は、勝ち点3以上の価値をもたらしただろう。来週からはリーグ戦を一時中断し関西選手権へ。一発勝負のトーナメント戦で問われる新たな真価もその組織力と熱意で見せる。目指すは2年ぶりの頂点のみ。意地とプライドを胸に、再び全国の舞台を目指す。【文:稲垣寛太/写真:上田峻輔】

Share this content:

コメントを送信