Loading Now
×

劇的逆転勝利で王座出場を決めた!

劇的逆転勝利で王座出場を決めた!

◇2024年度関西学生春季リーグ戦順位決定戦1日目◇対甲南大◇6月1日◇於・立命館OICフィールド◇

[第1Q]関大0ー0甲南大
[第2Q]関大0ー1甲南大
[第3Q]関大0ー0甲南大
[第4Q]関大2ー0甲南大
[試合終了]関大2ー1甲南大

勝てば王座出場が決まる1戦は甲南大と対峙(たいじ)した。「きょうに懸ける思いはどのチームよりも強かった」とFB森優吉主将(商4)が振り返るように、試合前から気合いのこもった声が飛び交う。第2クオーター(Q)にペナルティコーナー(PC)を献上。PCでファールを取られ、ペナルティストロークから先制を許す。後がない第4QにMF中川樹(商2)がPCを獲得。FB和田陽向(人3)のプッシュで同点に。終了間際に再びMF中川樹のPC獲得からFB和田が決め、逆転勝利。チーム目標の1つである王座出場を果たした。

△円陣を組む

王座を懸けて始まった第1Q。序盤から関大ペースで試合が進んだ。開始3分、FW吉田有我(法4)がドリブルからシュート放つが相手FBにカットされる。MF中川樹のドリブルやFB和田のスクープで攻め、サークル付近に近づくが得点は奪えない。残り1分にFB和田からFB森主将へパスがつながり、FW高木祐翔(経1)へラストパスを送るもつながらず。終始高いポゼッションで攻めたものの無得点に終わった。

△FB森主将

第2Qは、開始1分にPCを与えてしまう。このPCでファールを取られ、ペナルティストロークに。前節でセーブを見せたGK田中雄生斗(商4)だったが、ここは決められ先制を許した。反撃したい関大はFB和田、FB森主将が前線まで上がる積極的な攻撃態勢を見せる。サークル内でFW大塚皓介(文4)が攻めるが、相手ディフェンスに人数をかけられ、シュートが打てない。中盤は、FW中川光(経3)がゴール前へのパス、MF川﨑陽奈太(経2)の鋭いパスなどでゴールを狙う。10分にはFW吉田がドリブルからシュート。枠内に打ち込むも、相手GKに弾かれた。

△FW吉田

ビハインドで迎えた第3Qは関大のセンターパスから始まる。MF川﨑の鮮やかなドリブルが冴え、サークル付近まで攻めるものの、決め手を欠く展開。後半にはカウンターのピンチを招く。ゴール手前でFB村田蒼生(社2)が必死のカットを見せ、難を逃れた。残り2分、サークル付近でのセットプレーが続く中、MF中川樹がPCを獲得。FB和田がシュートを放つが、これまた相手GKのスーパーセーブに阻まれた。1点リードを許し、最終Qへ。

△MF中川樹

何としても追いつきたい第4Q。5分にMF中川樹がPCを奪う。この好機をFB和田がプッシュで決めた。これで試合は振り出しに。得点直後も、FW吉田のドリブルやFB池田風雅(文3)のパスカットなど攻守共に勢いを増す。両者の意地がぶつかり合い、目まぐるしく攻守が入れ替わる激しい展開。残り1分でMF中川樹が巧みなドリブルでサークル内へ。本日3度目のPCをMF中川樹が奪い取った。決めれば勝利の場面でFB和田にPCを託す。正確に打ち込まれたプッシュはゴールを揺らし逆転。王座出場を勝ち取った。

△FB和田

リーグ戦は開幕から2連敗と苦しい時期もあった関大ホッケー部。しかし、前節の聖泉大、きょうの甲南大といずれも逆転勝利で勝負強さを見せた。あすの順位決定戦2日目に勝てば関西第3代表となり、王座でより良い組み合わせに入ることができる。関大史上最高成績へ。まだ見ぬ景色を求めて突き進む。【文:櫻田真宙/写真:井原郷志】

▼FB森主将
「(どのような思いで試合に臨んだか)新チームが始動した時から王座出場は目標だったので、この試合に懸けているものは強かったです。その思いをぶつけようと準備してきました。(先制を許したが、どのように切り替えたか)先制されてしまうと、雰囲気が悪くなってしまったり、声が出なくなってしまうことがあります。そのまま流れてしまうことのないようにクオーター間で切り替えて、 雰囲気を良くしていこうと話し合いました。(逆転した4Qで意識したこと)僕たちが想像していたよりも難しい試合になっていて、うまくプレーできないことがありました。しかし、クオーターが終わるごとにしっかりと話し合って、切り替えようと常々言ってきたので、それが最後につながったのかなと思います。(今後に向けて)とりあえず今日はほっとしました。明日の試合で勝つことによって王座もいい組み合わせに入ることができるので、明日もしっかり勝ちたいです。王座で関大史上最高成績を残せるように、明日の試合をしっかり勝って王座につなげたいと思います」

▼FB和田
「(PCを3本中2本決めたが振り返って)正直3本とも決めたかったところではあります。やはり自分たちの武器はPCであることを忘れないようにしたいです。3分の2で決めたらいい方なのですが、3本とも決められるようになるまでもう少し練習が必要だと思いました。(あすに向けて)自分のフリックでチームを勝たせるようにしたいです。(王座に向けて)自分の武器であるスクープやフリックを見せて、活躍できる選手になりたいです」

▼MF中川樹
「(PCを3度獲得したが振り返って)前半に少しけがをしてしまって。いつもは走ってゲームを支配しようとしていますが、それができなかったです。だからこそ、前でボールを持った時に集中しようと思い、プレーをしていました。(自身が獲得したPCでFB和田にシュートを託した思いは)決めてくれると思っていました。(あすに向けて)王座で良い組み合わせに入ることができるように明日も勝ちたいです。(王座に向けて)出場は1度しているので、1戦でも多く勝って、関大史上最高成績を目指したいです」

Share this content:

コメントを送信