Loading Now
×

先制するも、追加点奪えず敗戦

先制するも、追加点奪えず敗戦

◇2024年度関西学生春季リーグ戦◇順位決定戦2日目 ◇対聖泉大◇6月2日◇於・立命館OICフィールド

[第1Q]関大1ー0聖泉大
[第2Q]関大0ー1聖泉大
[第3Q]関大0ー0聖泉大
[第4Q]関大0ー0聖泉大
[SO戦]関大1ー3聖泉大
[試合終了]関大1(1ー3)1聖泉大

前節に勝利し、王座出場を決めた関大。関西第3代表を懸けて聖泉大と相まみえる。試合開始4分にFW吉田有我(法4)のゴールで先制。このまま勢いに乗るかと思われたが、守備の時間が長く続く。第2クオーター(Q)終了間際にペナルティコーナー(PC)で失点し、同点に。その後は得点が動くことはなくSO戦へ。関大は3人連続で外してしまい、敗戦となった。

雨上がりの中始まった第1Q。開始2分にPCを献上してしまう。しかし、関大FB陣とGK田中雄生斗(商4)が阻止。4分、FB和田陽向(人3)のフリックを受けたFW吉田がドリブルで切り込む。相手FBを引き付け、MF中川樹(商2)にパス。MF中川がドリブルから絶妙なプッシュでゴール前へ。これにFW吉田がタッチしゴール。今季初の先制点を手にした。7分にもFW吉田がサイドから中央へのパスで得点機会を伺う。第1Q終盤にはPCを与えたものの守りきった。

△FW吉田

第2Qは攻め込まれる場面が増える。それでもFB和田やFB森優吉主将(商4)のカットでサークル内には踏み込ませない。FB和田を起点に攻撃を組み立てようとするものの、うまく攻撃がかみ合わない時間が続いた。このまま前半終了かと思われたが、残り1秒でPCを奪われる。ゴール左へ決められ同点に追いつかれた。

第3Qも苦しい時間が続いたが、FB森主将のカットから立て直す。FW中川光(経3)やFB村田蒼生(社2)のカウンターから攻撃の糸口を模索。FW中川光がサークル付近でファールをもらうがポイントは奪えず。両者、サークル付近で硬い守りを見せ、シュートが打てない展開。終盤は、FW高木祐翔(経1)が左サイドから攻撃を展開しようと試みる。しかし、得点が動くことはなくこのQを終えた。

△FB村田

第4Qは目まぐるしく攻守が入れ替わる。5分にFB和田のフリックからパスがつながり、フリーでFW中川光へ。しかし、シュートは左へ逸れて勝ち越しならず。中盤にはFB森主将の負傷もあり、厳しい状況に。11分には再びPCをうばわれてしまう。守備陣が必死に粘り、再度PCへ。今度はGK田中がセーブ。なおもピンチが続くが、FB村田のブロックで難を逃れた。同点のまま第4Qを終え、SO戦へ進む。

△FW中川光

今季2度目のSO戦。相手はいずれも聖泉大だ。先攻の関大、1本目はFB和田。幸先よく決めたいところだったが、キーパーにブロックされてしまう。それでも、相手の1本目をGK田中が防ぎ、2本目へ。先手を取り、プレッシャーを与えたい関大はFB森主将が挑む。しかし相手GKをかわすことはできず、失敗に終わった。GK田中はゴールを許し、追いかける展開に。3人目のFW吉田はターンを見せるもブロックされてしまう。さらに相手の3本目も決まり、2点差に。外せば敗戦が確定する中、4本目はMF中川樹が登場。ここは華麗に決めて望みをつなげる。しかし聖泉大の4本目も決まり、無念の敗北となった。

△MF中川樹

△SO戦を見守る選手たち

今回の敗戦により、リーグ6位終幕。関大の得意とするPCを獲得できなかったことが痛手となった。また、王座は関西第4代表での出場が決定。相手は関東代表と決して簡単な相手ではないが、まずは初戦突破を目指す。今季はSO戦や強豪との戦いを経験した。さらに成長した姿で全国の舞台へ挑む。【文:櫻田真宙/写真:市場薫】

Share this content:

コメントを送信