いまロード中
×

甲子園でリーグ制覇の夢断たれる

甲子園でリーグ制覇の夢断たれる

◇令和6年度関西学生春季リーグ戦第6節◇対関学大2回戦◇5月12日◇阪神甲子園球場◇

関学大 010 040 000=5
関 大 030 000 000=3

(学)坂本、岡、林、溝口ー永谷
(関)岩井、足立、米沢ー越川

1(三)森内
2(二)佐藤
3(一)小谷
4(左)富山
5(遊)山田
6(右)河田
7(中)渡邊
8(捕)越川
9(投)岩井

首位争いの関関戦は第2ラウンドを迎えた。先に先制を許すが、すぐさま岩井将吾(商4)の走者一掃となる適時打で逆転。追加点を奪いたい関大だったが、好機を生かしきれない。5回に打者一巡の猛攻を浴び、再びリードを許す。この回、スコアボードに刻まれた4点はあまりにも重く逆転はかなわなかった。

初回、岩井は初球から145㌔の速球でストライクを奪う。先頭打者を3球三振に仕留める投球。味方の失策で出塁を許したものの、0で抑える上々の立ち上がり。その裏、後攻の関大は捉えた打球が続くも、ことごとく正面を突く。

2回表、先頭に内野安打を許すと犠打と安打で1死一、三塁のピンチに。バッテリーはスクイズを警戒しつつ、低めに変化球を集める丁寧な組み立て。最後は低めの変化球で三振に斬ってとる。ピンチを脱したかと思われたが、続く相手9番打者に初球を右前へ運ばれ失点。先制を許した。2回裏、取り返したい関大は先頭の富山雄正(情4)が四球で出塁。山田悠平(商3)の中前安打、河田流空(文2)の犠打で1死二、三塁の好機を作る。ここで迎えるはこの日スタメン復帰の渡邊貫太(経2)。低めの変化球にバットが空を切り三振となった。しかし越川海翔(人4)が四球、二死満塁で先発投手・岩井に打席が回る。相手先発投手に先制打を浴びた借りを返すべく、打席に向かう岩井。2球目を捉え、走者一掃の右翼線適時三塁打を放つ。18イニングぶりの得点で逆転に成功した。

△岩井

3回表、先頭に左翼線二塁打を許し、二ゴロの間に三塁へ。ここで相手4番を迎える。痛烈な打球も岩井が反応し投ゴロに。続く打者も148㌔の速球と変化球を駆使して三振を取りピンチを脱出した。3回裏は1死から小谷太誠(社3)のフェンス直撃の二塁打と山田の投手強襲安打で好機を演出するが得点につながらない。

△山田

4回にもピンチが訪れる。先頭に三塁打を許し、無死三塁に。ここでも岩井・越川バッテリーは焦りを見せず。7番を3球三振に仕留めると、8番、9番も早いカウントで追い込み窮地を脱した。粘投に応えたい打線はその裏、先頭の渡邊が四球で出塁するが、エンドラン失敗で2死。それでも岩井がこの日2本目の長打で好機を作る。1番・森内大奈(情2)の打球は三遊間へ。しかし、これを相手が好捕。追加点が奪えない。

△岩井

5回、前の回の攻撃時のアクシデントにより、岩井が治療を受ける。なんとかこの回のマウンドに上がったものの無死一、二塁のピンチを背負い投手交代。昨日に引き続き、足立幸(人3)がマウンドに。先頭に対し、変化球で三振を奪う。続く4番は四球で満塁。5番を一ゴロに打ち取るが、ベースカバーが遅れ内野安打に。6番に右前適時打を浴び、同点に追いつかれる。2死までこぎつけるも左前2点適時打を許し勝ち越しを献上。

6回、7回は足立が立ち直り、0を並べる。7回裏には代打で藤原太郎主将(法4)を起用するがホームが遠い。

△足立

8回からは3番手・米沢友翔(人2)をマウンドに送る。2個の三振を奪う好投。9回も米沢が無失点に抑え、援護を待つ。

なんとしても追いつきたい最終回。代打・小村和大(文3)は遊飛に倒れる。続けて代打・久保田翔太(人4)の打球は高々と舞い上がるも、あとひと伸び足りず左飛。最後は越川が内野ゴロに倒れ、29年ぶりのリーグ制覇の夢は閉ざされた。

試合後、甲子園に降り注ぐ涙雨。宿敵・関学大を前に日本一への挑戦が閉ざされた。この悔しさを糧にし、秋の神宮出場、日本一を目指す。紫紺の戦士たちの夢は秋に持ち越された。【文:櫻田真宙/写真:稲垣寛太、中吉由奈】

Share this content:

コメントを送信