Loading Now
×

男子シングルス・女子ダブルスが準々決勝突破!

△堤

男子シングルス・女子ダブルスが準々決勝突破!

◇令和5年度関西学生新進トーナメント◇3月7日◇於・万博テニスガーデン

【女子シングルス準決勝】
● 安川0(1-6,0-6)2島田(園田女大)

【女子ダブルス準々決勝】
○中西・中川組2(2-6,6-2,10-7)1井置・芹川組(立命大)

【男子シングルス準々決勝】
●薦田1(5-7,6-3,3-6)2新出(近大)
●井戸垣0(2-6,3-6)2宮田(近大)
○堤2(7-6(4),3-6,6-3)1篠田(関学大)

【男子ダブルス準々決勝】
●井戸垣・堤組1(7-6(2),4-6,13-15)2増成・堤野組(関学大)

大会6日目は、男子シングルス準々決勝、男子ダブルス準々決勝、女子シングルス準決勝、女子ダブルス準々決勝の試合が行われた。白熱した試合を制し、男子シングルスの堤隆貴(社2)、女子ダブルスの中西夢乃(経3)・中川桃(商3)組が準決勝進出を決めた。

安川美緒菜(政策1)は準決勝、島田(園田女大)と相まみえた。試合開始早々から、長いラリーの打ち合いとなる。最後は相手がネットし、キープに成功した。しかし、ゲームカウント1-1で迎えた第3ゲームをブレイクされたことを皮切りに、立て続けにゲームを落とす。流れを変えることができず、ゲームカウント1-6で第1セットを落としてしまった。続く第2セットも、相手のブレイクから始まる厳しい展開に。前後左右に振ってくる相手のプレーに苦戦する。なんとか食らいつくが、得点をうまく重ねることができない。第2セットを1ゲームも奪うことができず献上。悔しいストレート負けとなり、決勝進出とはならなかった。

△安川
△安川

女子ダブルス準々決勝には、中西・中川組が登場。中西のサーブ権から始まった試合は、第1ゲームから点の取り合いに。しかし最後は中西のリターンがアウトしてしまい、ブレイクされてしまった。その後流れが相手に傾き、立て続けにゲームを落とす。なんとか2ゲーム返すが、ゲームカウント2-6で第1セットを献上した。正念場の第2セットは、ブレイクから始まる幸先の良いスタート。勢いづいた関大は相手に1ゲームしか与えず、第2セットを奪取。試合を振り出しに戻した。運命の10ポイントタイブレークは相手のサーブからスタート。中西のナイスボレーがささり、得点する。しかしその後連続で失点し、追いかける形に。ゲームポイント5-7となり2回目のコートチェンジ。なんとか追いつきたい場面で、2人の息のあったプレーがさく裂する。中西がナイスリターン、スマッシュで立て続けに得点し同点に。そして中川のリターンが相手のネットを誘い、ゲームポイント8-7と逆転に成功した。そのまま流れをつかんだ中西・中川組は、一気に畳み掛ける。最後は中西のリターンに相手が追いつくことができず、ゲームセット。見事な逆転勝利で、準決勝へ駒を進めた。

△中西・中川組
△中西・中川組

男子シングルスの準々決勝。サーブ権を持った状態で薦田直哉(商1)の試合が開始した。サーブを得意とする薦田はこのゲームをキープ。しかし次のゲームでは相手がうまくコースを打ち分けるストロークに苦戦し、ゲームカウントは1-1に。その後もラリー戦が続いた。互いにキープする場面が多く、ゲームカウントは5-5。しかし第11ゲームで相手がブレイク。相手は勢いそのままに、次のゲームも奪い取る。ゲームカウント5-7で第1セットが終了した。だがこのままでは終わらない。第2セットは薦田が先制点を決める。ネット際にドロップボレーを沈めるなど、コートを広く使ったプレーを展開。ゲームカウント6-3で第2セットを終え、勝負の行方は第3セットへ。しかし第3セットでは、相手の力強いストロークに苦戦。アウト、ネットとミスが重なり、一気にゲームカウント0-5に持ち込まれる。しかし負けじと威力のあるショットで応戦。ネット前に落とされたドロップショットにも追いつき、3-5まで巻き返す。流れをつかんだかと思われたが、逆転は叶わず。第3セットをゲームカウント3-6で終え、準々決勝敗退となった。

△薦田

男子ダブルス準々決勝、井戸垣一志主将(人3)・堤組の試合は、第1セットからタイブレークとなる熱戦。ここは相手を2点に抑え、第1セットを獲得する。続く第2セットは相手のペースで試合が進んだ。スマッシュやアタックを決められゲームカウントは2-5に。井戸垣のボレーやスマッシュで得点し4-5まで持ち込むも、第10ゲームを奪われる。第2セットを献上し、10ポイントタイブレークに。ここでは点を取っては取られての繰り返しとなった。たが6-5から相手が4連続得点。次のポイントを取られるとゲームセットとなってしまう。堤のボレーでの得点や、相手のミスで9-9に。2点差をつけなければいけない中、両者の応援にも熱が入る。井戸垣のドロップボレーや堤のリターンエースにより、13-12のマッチポイント。しかしここから相手が2連続で点を決める。最後は井戸垣のボールがネットにかかり、試合終了。黒星となった。

△井戸垣(左)・堤組

白熱した男子ダブルスが終了してまもなく、男子シングルス準々決勝が始まった。11番コートで井戸垣の試合が始まった。第1ゲームをキープし、幸先の良いスタートを切る。しかし井戸垣のネットミスや、相手の威力のあるフォアハンドストロークに苦戦を強いられた。また、ラリー戦でのネットもあり、第1セットを2-6で献上。第2セットは自身のサーブから始まるが、40-40の場面で相手のショットがライン上に決まり、ブレイクを許す。第2ゲームからはキープが続いた。井戸垣のサービスポイントや、相手のミスを誘うバックハンドのスライスで得点を重ねるが、ブレイクには至らない。そのまま互いのキープが続き、ゲームカウントは3-5。井戸垣がサーブ権を持つ第9ゲーム、サーブで相手の体勢を崩して得点につなげるなど、強気なプレーを見せる。しかし最後は相手がバックハンドストロークをストレートコースに打ち込みゲームセット。井戸垣は準々決勝敗退となった。

△井戸垣

13番コートに登場したのは堤。篠田(関学大)との対決だ。第1ゲームから、堤の力強いサーブがさく裂する。安定してキープに成功した。しかし簡単にブレイクはさせてもらえず、互いにキープを譲らない拮抗(きっこう)した展開に。いよいよゲームカウントは6-6となり、タイブレークへ突入した。相手の鋭く回転がかかったリターンにオーバーを誘われ、先制を許してしまう。直後には、左右に大きく振られ、隙をつかれたドロップショットに反応できず連続失点。このまま差を開かれるかと思ったが、堤も懸命に食らいつく。サーブが冴え、連続でポイントを取り返した。どちらが第1セットを先取してもおかしくない中で、流れを手繰り寄せたのは堤。ゲームポイント5-4となってから一気にポイントを連取し、混戦となった第1セットを獲得した。しかし第2セットに入ると試合は相手ムードに。相手の鋭いサーブに度々苦戦し、失点が重なる。ゲームカウント3-6で第2セットを落としてしまった。勝敗がかかった運命の第3セットは、第1セットを再現するかのような接戦に。試合が動いたのは、ゲームカウント4-3で迎えた第8ゲーム。これまでのようにキープされるかと思われたが、堤が積極的なプレーに出る。相手の隙を見て前へ動き、ボレーの打ち合いに。最後は甘い球を見逃さずスマッシュが決まり、このゲームをブレイクすることに成功した。ゲームカウントは5-3となり、白星へ一歩前進。この勢いのまま攻めたプレーを仕掛け、マッチポイントを獲得。そして相手の動きを見て反対側へリターンを決め、ゲームセット。フルセットとなった長時間の大接戦を制し、見事準々決勝を突破した。

△堤
△堤

 

いよいよベスト4が出揃った。明日は決勝進出をかけた準決勝だ。3月と思えぬ寒さを吹き飛ばすような、より激しく、熱い試合が見られるに違いない。【文/写真:合田七虹、森奈津子】

Share this content:

コメントを送信