Loading Now
×

チャンスを生かし切れず連敗

チャンスを生かし切れず連敗

令和4年度関西六大学連盟秋季リーグ第2節◇対同大2回戦◇9月30日◇わかさスタジアム京都◇

同 大 100 030 010=5

関 大 000 110 000=2

(同)北口、竹本―塩月

(関)山本倖、田治、所―福永

1 (二)藤澤
2(三)日高
3(遊)福留
4(指)山本遼
5(捕)福永
6(一)磯崎
7(左)林
8(右)川北
9(中)加藤
先発 山本倖

前日の試合に破れ、迎えた第2節の2戦目。得点の機会を何度も作るが生かし切れず、対同大戦を2戦連続で落とした。

1回表、先発の山本倖輝(安全3)は立ち上がりを難なく抑え2死を奪う。しかし、3番打者を四球で出すと、さらに盗塁を許し2死二塁のピンチを招いた。ここで相手の4番打者に適時二塁打を浴び、いきなり1点ビハインドを背負う。

△山本倖

2回裏、先頭の福永翔太(社2)が左翼手の前に落とす安打で出塁。続く磯崎正太郎(文3)は堅実に初球から犠打を決め、1死二塁と同点のチャンスを演出する。しかし、後続が走者を返すことができず無得点に終わった。

△磯崎

4回裏、先頭の福留涼平(商2)が2球目に死球を受け出塁。続く山本遼太郎(文3)も四球を選び無死一、二塁となり、さらに続く福永は犠打を成功させ1死二、三塁のチャンスを作った。この場面で打席に入った磯崎は3球目を叩き一ゴロに倒れたものの、その間に三塁走者が生還。1-1の同点に追いついた。

△(左から)橋本昴来(安全1)、福留、磯崎

先発の山本倖は2回以降、毎回走者を背負いながらも要所を締め初回の失点のみに抑えていた。しかし5回表、先頭打者を四球で出塁させると、盗塁で進塁を許す。その走者を相手の4番打者に適時打で返され、勝ち越しを許してしまう。さらに、一塁への暴投で再度ピンチを招くと適時打を浴び2失点。加えてもう一度適時打を許し、この回3失点となったところで無念の降板となった。2死二塁のピンチでマウンドに駆けつけたのは前日も好投を見せた田治健太郎(経3)。田治は2球で相手打者を一飛に打ち取り、見事な火消しを見せた。

△田治

勝ち越しを許した直後の5回裏の攻撃。1死から加藤陽也主将(人3)がフルカウントから四球で出塁すると、続く藤澤駿平(政策2)は相手の失策を誘い1死一、二塁のチャンスを作る。続く打者は倒れ、2死となり打席には先ほど死球を受けた福留。流した打球は右翼手の前に落ち、1点を返す適時打となった。

△加藤
△福留

6回表、田治は味方守備陣の3つの失策で1死一、三塁のピンチを招く。ここで相手は初球からスクイズを試みる。マウンドの前に転がった球を田治が落ち着いて捕手・福永へ返球し、三塁走者を本塁で刺殺した。田治は7回表は三者凡退に抑え、2回1/3を無安打無失点に抑える好投を見せた。

△田治(左)と福永

8回表からは 所知樹(安全3)がマウンドに上がった。先頭打者に二遊間を破られ走者を背負うも、二者連続三振を奪う。しかし2度の捕逸で三塁まで走者に進まれ、続く打者に一塁手の右をしぶとく抜ける適時打を浴び追加点を奪われた。

△所

その裏、1死から福留への死球、山本遼の安打、福永の四球で1死満塁の好機を作る。しかし、後続が二者連続三振に倒れチャンスを生かすことができなかった。

△山本遼

3点ビハインドで迎えた最終回。わずか5球で2死となるも、1番の藤澤が二塁手の左を抜ける安打を放ち出塁するものの、反撃もそこまで。チャンスメイクをできずに試合は終了した。

△藤澤

対同大戦を2戦連続で落としてしまった加藤準硬。次節以降では状態を立て直し、持てる力を発揮する戦いを期待したい。【文:𠮷村虎太郎/写真:島田采奈】

▼加藤主将

「雰囲気は他のチームにも劣らずのいい形で臨めてはいるのですが、技術不足や詰めの甘さから相手につけ込まれ、劣勢の戦いを強いられているので、これを改善しないとリーグ戦を戦っていく上で勝つことが難しいと感じています。(自身の出塁から得点した5回裏について)僕の後を打つのが藤澤と日高という出塁率の高い打者なので、なんとかそこにつなげれば得点につながると思っているので、僕は際どい球は見逃してつなぐということを意識しています。(来週以降に向けて)来週は神戸大、阪大と例年は勝ち越している大学が相手ですけど、チームは負けが続いている状況なので、あなどること無く頂点を目指してしっかり勝ちを重ねていけるように頑張って行きたいと思います」

▼田治
「昨日に続いてビハインドだったので、自分のピッチングで流れを呼び込めるようなピッチングができればと思って登板しました。(好調の要因は)何個かあるのですけど、コロナからの病み上がりで1ヵ月くらい練習ができていなくて、その時に自分のフォームの見直しを行ったり、松尾くん(尚矢=経3)から教えてもらったスライダーの握りがうまくはまっているのが好調の要因だと思います。(来週以降に向けて)まだまだ優勝の可能性は残っていると思うので、優勝に向けて頑張って行きたいと思います」

Share this content:

コメントを送信