いまロード中
×

宿敵・関学大に延長12回の末、サヨナラ負け

宿敵・関学大に延長12回の末、サヨナラ負け

◇令和6年度関西学生野球春季リーグ戦第6節◇対関学大1回戦◇5月11日◇阪神甲子園球場◇

関 大  000 000 000 000=0
関学大  000 000 000 001x=1

(関)金丸、足立、荒谷、米沢ー越川、笠井
(学)飯田、溝口ー永谷

1(三)森内
2(二)佐藤
3(一)小谷
4(左)富山
5(遊)山田
6(中)河田
7(右)藤原太
8(捕)越川
9(投)金丸

首位・関学大と2位・関大。伝統の一戦は今後の優勝争いを占う大一番となった。その1回戦、両校投手陣が気迫の投球で相手に付け入る隙を与えない。手に汗握る1点勝負の激戦は延長12回までもつれた。0ー0で迎えた12回裏、1死二塁のピンチを招くと、最後は左前に運ばれサヨナラ負け。逆転優勝に向けて勝ち点奪取が絶対条件なだけに、崖っぷちに立たされた。

△金丸夢斗(文4)

先制点がカギとなる中、先に塁上を賑わせたのは関大。2回、先頭の富山雄正(情4)が四球で出塁する。その後、併殺で2死となるものの、6番・河田流空(文2)がチーム初安打を放ち、簡単に流れは渡さない。得点とはならずとも、じわじわと相手投手にプレッシャーをかける。

一方、関大の先発マウンドには金丸。今季ここまでまだ1点も与えていない鉄腕は、この日も快投を見せる。1回を2つの三振を含む完璧な立ち上がりを見せると、3回には3つのアウト、全てを空振り三振で奪い、関学大打線に攻撃の糸口を見つけさせない。

中盤まで、両先発が互いに持ち味を発揮し、早いテンポで試合が進む中、関大にアクシデントが。5回の守備を迎える前、先発・金丸が体の違和感を訴え、緊急降板。エースの離脱にチーム内に緊張が走る。しかし、そんな重苦しい雰囲気を打破したのが後を受けた足立幸(人3)だ。先頭打者をフルカウントから見逃し三振に切って取ると、そこから勢いに乗る。140㌔を超える速球を武器に次々とアウトを重ね、5回の関学大の攻撃を封じた。「なにも考えずに、緊張もなくいつも通り投げられた」と足立。リーグ前、故障に泣いた3年生右腕がチームに再び活気を呼び込んだ。

△足立

なんとか先制点を奪い、投手陣を助けたい打線。6回まで走者こそ出すものの、なかなかあと一本が出ない展開が続く。7回には2死から安打、四球を絡め、満塁の好機。ここで好救援の足立に代え、下井田悠人(経3)を送る。球場のボルテージが一層高まる中、ここでも相手投手に粘られ三者残塁。決定機を逃してしまう。

7回からは3番手・荒谷絋匡(法3)がマウンドへ。ここまで幾度となく関大を支えてきた中継ぎエースがこの日も躍動する。毎イニング出塁こそ許すものの、連打は許さない。「ここまで金丸さん頼りになっていたところはあった。今まで投げてもらった分、僕らが抑えないといけない思いはあった」と荒谷。粘りの投球で9回まで0を刻んだ。

△荒谷

決死の継投策で守る投手に対して、攻撃では8回に鹿熊大誠(情3)が安打で、9回には山田悠平(商3)が失策で出塁する。しかし得点圏まで思うように進められず、両者無得点のまま試合は延長戦へと突入した。

10回表、関大が再び好機を作る。先頭の越川海翔(人4)が出塁すると、代走に大塚誠人(情3)を送った。犠打などで2死二塁と形を作り、迎えるは同大戦、勝利の立役者、佐藤慶志朗(経4)。捉えた打球は無情にも三塁手の正面へ飛び、本塁を踏むことができない。

試合時間は3時間を超えてもなお、両校大応援が声援を送る中、勝負は12回の攻防へ。先攻の関大は6番・河田がこの日2本目の安打で出塁すると、犠打、進塁打で2死三塁と3度目の先制の好機。荒谷の打席を迎えたところで代打・岸上夏樹斗(法4)を送る。部員127人と関大スタンドにいる全員の思いを背負い打席に立った岸上。5球目をたたいた打球はここでも野手の正面を突き、攻守交代。この時点で関大の勝利はなくなった。

△河田

引き分けに持ち込むべく、4番手としてマウンドには米沢友翔(人2)を送る。なんとか0点に抑えたいところだったが、1死二塁のピンチを迎えると、続く打者が捉えた打球は無情にも左中間へ。二塁走者が生還し、サヨナラ負けを喫した。

1回戦を落とし、いよいよあとがなくなった関大。勝ち点2で4校が並ぶ混戦なだけに、もう取りこぼしは許されない。追い込まれた重圧の中での戦いで、真価が問われる。しかしそう悲観することはない。試合に出場する選手、ベンチで己の役割を全うする選手。それをサポートする選手、マネージャー、そして大応援団が一つとなって、これまでの幾多もの壁を乗り越えてきた。まだ日本一への最初の挑戦を終わらせるわけにはいかない。一人一人のつなぐ姿勢で勝機を呼び込み、必ず3回戦につないでみせる。【文:稲垣寛太/写真:島田采奈】

△岸上(左)と小田洋一監督

Share this content:

コメントを送信