いまロード中
×

圧勝でリーグ4連勝!

圧勝でリーグ4連勝!

◇第70回関西学生リーグ戦◇対龍大◇10月7日◇関西大学たかつきアイスアリーナ◇

[第1P]関大6―0龍大
[第2P]関大7―0龍大
[第3P]関大5―0龍大
[試合終了]〇関大18―0龍大

関西王者としてリーグに臨んでいる関大アイスホッケー部。予選リーグも後半戦に突入し、この日は龍大と相まみえた。

第1ピリオド(P)開始早々、先制点を手にしたのは関大だった。自陣のゴール裏でDF鈴木郁也(情4)からパックを受け取ったFW嶋野瑛心主将(文4)が、一気にゴール前まで駆け上がりそのままシュート。23秒でリードすると、このまま相手を引き離していく。1分にはFW黒須誠眞(情3)、6分にはFW高橋寛騎(法2)がゴール。11分にはゴール右前からDF鈴木が鋭いシュートを沈め、その直後にはFW山根早加(社3)もゴールを決めた。17分、GK山北光稀(情1)と相手選手が1対1になったときには、DF米津優風(人4)がその間に入り、体を張ったディフェンス。そこからFW嶋野主将がこの日2本目のゴールを決め、第1Pを終えた。

△DF熊谷天智(情3)

第2Pも関大の勢いは止まらない。27秒、FW神山太一(人2)がフェースオフ後にそのままゴール。3分にDF佐藤翼(法4)がゴール正面から放ったシュートは外れたものの、こぼれたパックをFW嶋野主将が押し込み得点した。4分にはこの日初めてパワープレー(数的有利な状況)に。この間にFW黒須がゴールを決めると、その後もう一度パワープレーとなり、DF小嶌翔大(情3)がゴール。この日10点目を手にする。

△FW相馬嵩士(しゅうと=社1)

12分、DF鈴木から壁を使ったパスを受けたFW中植圭太(経4)がゴール。その後もFW嶋野主将、FW高橋寛が得点する。13分にはキルプレー(数的不利な状況)となったものの、しっかりと相手を封じ込め、無失点で試合は第3Pへ。

△FW中植

第3Pも序盤から攻めたて、開始2分でFW嶋野主将、FW高橋柊伍(人1)がゴール。10分、FW髙秀稜(社3)のロングパスにFW山根が触れ得点する。後半にもFW高橋柊、FW岸上樂(情2)がそれぞれゴール。最後まで試合の主導権を握り続けた。

△FW高橋柊
△FW岸上

関大のシュート数87に対し、被シュート数はわずか4だった。ペナルティーも1つと圧倒的な強さを見せつけ、手にしたリーグ4勝目。リーグ16連覇に向け、また一歩前進した。【文:島田采奈/写真:湯浅あやか】

Share this content:

コメントを送信