いまロード中
×

秋季リーグ戦を涙で終える

秋季リーグ戦を涙で終える

◇令和5年度関西学生秋季リーグ戦5日目◇対京産大◇9月15日◇於・和歌山県立橋本体育館

[S1]●福井楓0(12-21 8-21)2杉並
[S2]●井上0(18-21 8-21)2杉野
[D1]●宮本・内海1(21-16 14-21 17-21)2堀田・松井
[D2]篠原・山田(打ち切り)
[D3]石井(打ち切り)田辺

●関大0-3京産大

5日間にかけて行われた秋リーグ。最終日は京産大と対戦した。福井楓菜(シス理4)、井上和華(政策1)が粘るものの敗れた。宮本亜湖(政策4)・内海明莉(商2)ペアは1セットを先取するが、その後2セット続けて落とし、敗北する。後続の篠原七緒主将(商3)、山田桜生(政策1)、石井志歩(安全2)に繋げられず打ち切り。0-3で敗北し、秋季リーグ6位で終えた。

1~4日目とは打って変わり、S1に出場したのは福井。第1セット、前半から取っては取られる苦しい展開が繰り広げられる。相手の攻撃にも積極的に食らいつくが、相手に11点を先制され、インターバルに入った。コーチや仲間の言葉を励みに後半に挑むが、アウトやミスが目立つようになる。また、相手にコートのライン上を狙われ得点を許し、第1セットを落とした。流れを変えたい福井楓は第2セット、スマッシュやドロップなど、多彩な技で攻める。第2セット前半には、福井楓が打ったシャトルが奇跡的にネットインするシーンも見られ、ベンチの応援は第1セットに増し、盛り上がりを見せた。クロスのヘアピンを打つなど第1セットの時に比べ、相手を動かすようなショットを打つもネットとなり、得点にはつながらない。後半、相手のミスや福井楓のスマッシュで点を取るも、相手に追いつくことは出来ず、敗北した。

△福井

悪い流れを断ち切りたい関大。S2に登場した井上は第1セット、相手にリードを許す展開となる。相手の裏をかくショットで点を奪うも相手に11点を先取され、インターバルに入った。インターバル後、相手のミスで3連続得点をしたり、相手を動かしスマッシュを決めたりし、点差を縮める。しかし、ネット前を集中的に狙われ点を奪われ、このセットを落とした。第2セットは先制点を取り、好調な滑り出しを見せる。ヘアピンやドロップで相手を前後に動かす。クロスのヘアピンからプッシュが決まった場面ではベンチからレーザービームコールが飛び出した。しかし、クリアやスマッシュがアウトになる場面もあり、点差を広げられる。相手に11点を先取されインターバルを挟んだ後は、以前に比べさらに積極的に攻める姿勢を見せたが、ネットやアウトとなり、相手に連続得点を許した。そのまま相手に第2セットを奪われ、敗れる。

△井上

何とか勝って後続につなげたい関大からは、宮本・内海ペアが出場した。第1セット、息の合ったコンビネーションで先制点を奪うと、そのまま連続得点する。宮本、内海のどちらもが力強いスマッシュを放ち、相手のスマッシュにレシーブを決め、相手にリードを許さなかった。最後は内海がドロップからのクロスのヘアピンを決め、今日始めてセットを1つ獲得した。第2セットは宮本のサーブから始まった。序盤、相手にリードを許すもスマッシュからの前にシャトルを落とすという流れで得点を重ね、同点に追いつく。しかし、後半は相手に流れを持っていかれる。相手に左右に動かされ、ミスが増える。宮本、内海の順番でスマッシュを決めるなど攻めの姿勢を崩さなかったが、点差を埋められずこのセットを奪われる。絶対に落とせない第3セット。相手に先制点を許すと、アウトが増え、ラインを攻められたショットを取れず、得点を許す。また、相手が奇跡的にネットインし、流れは相手にあると思われたが、内海、宮本がプッシュやスマッシュを決め、ベンチからレーザービームコールが飛び出し、関大の流れを取り戻す。しかし、相手との点差は縮まらず、第3セットを落とした。この瞬間、関大の負けが確定した。

△宮本(左)・内海ペア

京産大に敗北した関大は1部リーグを全体の6位で終える。試合後、部員の顔からは悔しさがにじみ出ていた。10月に行われるインカレでは、この悔しさをバネに強くなった選手たちが大いに活躍するだろう。【文/写真:西村果凜】

△白熱する応援
△整列する選手たち

Share this content:

コメントを送信