Loading Now
×

6人継投で2失点も打線振るわず連敗

△伊藤脩

6人継投で2失点も打線振るわず連敗

令和5年度関西六大学連盟秋季リーグ戦第1節2回戦◇対立命大◇9月15日◇大阪シティ信用金庫スタジアム◇

立命大 200 000 000=2
関 大 000 010 000=1

(関)森本、岐部、鮫島、葭安、伊藤、藤澤―福永
(立)西島―生田

1(中)藤澤
2(三)古田
3(遊)福留
4(右)木下
5(左)日高
6(指)大下
7(一)橋本
8(捕)福永
9(二)西田
先発 森本

開幕戦に敗れ、何としても1勝目をつかみたい関大準硬。先発・森本将太(法1)は初回に四球と安打で2点の先制を許してしまう。しかし5回には、藤澤駿平(政策3)の適時打で1点を返す。投手陣は森本、岐部大凱(社3)、鮫島大河(文2)、葭安凌(化生2)、伊藤脩太(社2)、藤澤の6人継投で2回以降得点を与えることなく、粘りの投球を見せたが打線の反撃及ばず、開幕2連敗となった。

△森本
△森本

先発・森本は初回、先頭打者を三振に取り無難な立ち上がりを見せるかと思われたが、続く打者に四球を与えその後、安打とボークが絡み2点を献上する。

△藤澤

追いかける関大は2回、先頭の4番・木下立清(りゅうせい=人2)が安打で出塁すると続く日高涼汰(経3)がエンドランを決め、無死一・二塁のチャンスを作る。しかし、次打者大下朋也(外3)が犠打の構えからバットを引いた一瞬を見逃さず、相手捕手の素早いけん制で2塁走者が刺されてしまう。その後、大下が安打で再びチャンスを作るも後続が倒れ、無得点。

△鮫島
△鮫島

5回、3番手・鮫島が四球で2死満塁のピンチを招くが無失点で切り抜ける。その裏、「同点で整備明けを迎えよう」ベンチの掛け声通り大下、橋本昂来(安全2)が連打を放ち、2死から藤澤が浅いカウントで仕留め左前適時打を打つ。しかし、同点とはならず1点差としてこの回を終える。

△伊藤脩
△伊藤脩

7回からは1戦目と同様に伊藤脩が登板。2イニングで4個の三振を奪う投球でチームに勢いをつける。しかし打線は6回以降、得点圏に走者を置くことができない。

最終回の攻撃に向け失点の許されない関大は、9回表のマウンドを藤澤に託す。しかし、安打、死球、安打で無死満塁のピンチを招く。ただ、プレッシャーのかかる場面でも藤澤は動じず三振、二飛で2死とし、最後は遊撃手・福留涼平(商3)が落ち着いて打球を処理し、気迫の守りで最終回の攻撃に望みをつなぐ。裏の攻撃、1死から代打中野寛都(人2)が痛烈な打球を放つも、相手遊撃手の好守に阻まれる。続く橋本も三ゴロに倒れ試合終了。

△中野
△中野

開幕2連敗となってしまった福永準硬。しかし、リーグ戦初登板の選手を含む6投手が登板し、収穫の多い試合となった。【文:櫻田真宙/写真:稲垣寛太】

▽福永主将
「(試合を振り返って)先制点を取られて自分たちのペースで進められなかったというのはあったんですけど、それでもピッチャー陣が悪いなりに試合を作ってくれていけたんで、打線であと1本が欲しかったなっていう感想です。(1年生投手が初先発)森本は元々、ポテンシャルの高い選手だったので、緊張で硬いところとかもあったんですけど、相手を見てやるんじゃなくて森本自身の良さを引き出そうと思ってリードしていました。(次の試合に向けて)今日のような形で試合が進んでも結果は負けなので、次は勝ちにこだわって、どんなに汚い試合でもいいから勝ちにこだわって、次の練習からしっかり取り組んでいきたいと思います」

▽伊藤
「(試合を振り返って)」負けてしまったのでちょっと何も言えないですけど、次につながる試合かなとチーム的には思います。(予定外のイニングまたぎ)元から行くつもりぐらいの気持ちでいたので、昨日失点してしまった分、今日は自分で抑えたいという気持ちはありました。(次の試合に向けて)チームの勝利が一番なので、そこに自分がどれだけ貢献できるかってところですね。そのために僕は腕を振るだけなので、頑張ります」

Share this content:

コメントを送信