Loading Now
×

昨年のリベンジ果たし、近大に勝利!

昨年のリベンジ果たし、近大に勝利!

◇令和5年度関西学生対抗リーグ男子4戦目◇対近大◇9月13日◇於・江坂テニスセンター

○D1 堤・岩本2(7-6(3),7-5)0仲里・蔡
●D2 中村・薦田0(5-7,1-6)2平石・伊藤
●D3 井戸垣・天野0(3-6,3-6)2新出・藤井
●S1 中村1(6-3,3-6,0-6)2宮田
○S2 岩本2(6-3,6-2)0冷水
○S3 井戸垣2(3-6,6-1,6-3)1新出
○S4 堀川2(6-4,6-2)0大沼
○S5 堤2(6-3,6-4)0奥地
●S6 薦田1(6-1,6(2)-7,3-6)2川田
最終結果 ○関大5-4近大

リーグ4戦目の相手は近大。関学大に敗北した関大は、ここで負けると王座出場が限りなく不可能に近づく。コートに立つ選手と応援する部員たちがチーム一丸となって戦いに挑んだ。ダブルスを2本落としてしまい、シングルスで4本勝ち取らなければならない状況。堀川莞世(文3)のストレート勝ち、井戸垣一志(人3)の逆転勝利も追い風となり、岩本晋之介(商2)と堤隆貴(社2)もチームに1勝を持ち帰る。各々が全力を尽くしたこの試合。最終結果は5-4で勝利し、王座出場に王手をかけた。

△井戸垣

ダブルス1組目は堤・岩本組。関大サーブで始まった第1ゲーム。序盤2ポイントを連続で取られるも、堤がスマッシュを決める。また岩本がサービスエースを決め、第1ゲームを先取。その後両者ゲームの取り合いが続く。第5ゲームでは岩本のサーブが2連続で決まり、堤もボレーとスマッシュで得点。ポイントを取られることなく第5ゲームを獲得した。しかし両者キープの状態が続き、タイブレークにもつれ込む。3ポイントまでは両者が順番に獲得したが4ポイント目から関大が連続で獲得し、セットカウントを1-0とした。関大リードの状態で始まった第2セット。近大のサーブから始まり相手に第1ゲームをキープされる。関大サーブの場面では、岩本のサービスエースが炸裂し、相手は一歩も動けなかった。その後3ゲームとも両者キープが続く。近大サーブの場面では、デュースまで持ち込むがブレイクはできなかった。その後も第4、5ゲームは両者キープ。しかし、近大サーブの場面で岩本のリターンが決まるなどして第6ゲームをブレイク。第7ゲームもデュースにもちこまれるが守り抜き、第2セットを獲得し、2-0で勝利を決めた。

△堤(=左)、岩本

D2には中村秋河(商4)・薦田直哉(商1)組が出場。第1セットの1ゲーム目からサウスポーの相手のサーブに苦戦し、このゲームを落とした。しかし第2ゲーム、薦田のサーブでいきなりポイントを奪う。中村のボレーでも得点を重ねて、キープ。その後も互いのキープが続いた。ゲームカウント5-6で迎えた第12ゲーム。中村のサーブを返球され、ラリー戦でミスをしてしまう。相手がブレイクし、第1セットを奪われた。続く第2セット、相手が薦田側のアレーに球足の速いストロークを放つなど、強気なプレーを連発。ネット際のドロップショットに追いつくことができない場面も見られた。相手が得点を重ね、5ゲーム連続で連取されてしまう。第6ゲームは、薦田のサーブからポイントにつなげてゲームカウントを1-5とした。しかし第7ゲームは相手がキープ。セットカウント0-2での敗北となった。

井戸垣・天野響(社3)組はD3での出場となった。試合の序盤から2人ともが前へ出て、ボレー戦に持ち込もうとする。しかし相手はこの陣形を逆手に取り、ゆるく後ろへ送球して得点。また、足元を狙ったショットでも相手に点を重ねられた。天野のライン際へのストロークや、井戸垣のサービスポイントで得点するも、広げられた点差に追いつくことができない。ゲームカウント3-6で第1セットを落とすと、相手の流れを断ち切れず。第2セットも奪われ、ストレート負けを喫した。

シングルス1番手として試合に臨んだ中村。フルセットにもつれ込む接戦となった。第1セットをゲームカウント6-3で取得するも、第2セットを奪い返される。第3セットは相手が第1ゲームを先取。ここで中村が膝を気にするようなしぐさを見せた。その後は足に力が入りづらいのか、いつものようなストロークを打つことができず。ベンチに座るチームメイトが心配して声をかけると、「粘るわ」。と一言。チームのために、なんとかボールを返球し続ける。しかしゲームカウント0-6でこのセットを取られ、敗北。それでも主将として、4年としての意地を見せ、最後まで戦い抜いた。

ここのところシングルスで負けなしの岩本がS2として登場。サービスエース、さらには甘く返ってきたリターンをコート深くに打ち込んでポイントを重ねる。第1セットを6-3で終え、第2セットへ。このセットでは岩本が左右にボールを振るも、相手が追いついてラリーが続く。早く決めたいという焦りからか、ネットやアウトのミスが出始めた。しかしここはしっかりと修正。ゲームカウント6-2でこのセットを取り、1本を持ち帰った。

S3は、夏関準優勝という成績を持つ井戸垣。だが、サウスポーの相手に対して自身の得意なプレーを展開することができない。第1セットを相手が取得し、いきなり後がない状況に。しかしその後、サービスエースを決めると、次のポイントではラリー戦で粘り勝ち。第6ゲームこそ取られたものの、ゲームカウント6-1で第2セットを獲得する。第3セットへ突入すると、相手が持ち直して3ゲーム連取。だが、ここから快進撃が始まる。長いラリー戦を取りきり第4ゲームを取得した。さらにサービスポイントも重なり、勢いに乗る。6ゲームを連続で奪い取り、セットカウント2-1で相手を下した。

シングル4番手は堀川。近大サーブから始まった試合。堀川は、第1ゲームからブレイクに成功。第2ゲームも獲得し連取。第3ゲームでは堀川のサーブが決まる。しかし、関大サーブの場面で相手にブレイクされ、3-3になる。次のゲームでは、フォアハンドの強いストレートで相手にラインオーバーの球を打たせた。しかし第4ゲームを取られリードされるも、追いつきゲームカウントを4-4とする。次の近大サーブのゲームでは、堀川はライン際の球に追いつき、打ち返した。相手は一歩も動くことができず、第5ゲームを獲得。そして第6ゲームを取りセットカウントを1-0とした。第2セットで堀川は3ゲーム連続連取。しかし相手にブレイクを許し、3-1。しかし、その後は第4、5と連続連取した。関大サーブのゲームではサーブを決め得点。長いラリーも打ち勝ち得点し、ゲームカウントを6-2としセットカウントを2-0で勝利を決めた。

△堀川
△堤

ダブルスで勝利を収めた堤がS5で登場。堤のサーブで試合が始まった。序盤はペースをつかむが、相手が徐々に調子を上げる。ラリーでアウトが重なり、点差が縮んでゆく。しかし、サイドラインへのサーブや、全身をしならせたフォアハンドのショットを放ち得点。ゲームカウント6-3で第1セットを奪った。第2セットも堤が流れを持ち続けた。スピードが速い上に、強く回転がかかったサーブに相手は対応できず。コーナーへのストロークも多く決まった。第2セットも取得し、ストレート勝利。チームのための大きな1勝となった。

ダブルスから時間を空け、1年の薦田が試合を始めた。サーブ権を持ち、試合開始。第2ゲームまではキープが続いた。しかしその後はボレーや力強いフォアハンドでポイントを重ねる。ゲームカウント6-1と余裕をもって第1セットを先取した。相手サーブで始まった第2セットは、きっ抗した状態が続く。タイブレークに持ち込むが、相手が7点を取り、このセットを奪われた。第3セットでは第4ゲームで相手がブレイク。左右にボールを振られて追いつけないことも。しかし自身のサーブで得点し、ラリー戦ではライン上への鋭いショットを決める。ゲームカウント1-4から3-4まで巻き返した。薦田のサーブで迎えた第8ゲームはアウト、ネットとミスが続いて相手がブレイク。最後はラリーで戦ネットにかけてしまい、試合終了。S6は黒星となった。

「絶対に勝つ」。全員がそう意気込んで近大戦に臨んだ。苦しい場面でも、チームの応援が背中を押す。ダブルス1本、シングルス4本でつかんだ勝利。思わず涙をこぼす選手もいた。しかし、まだここで終わりではない。次は立命大との戦いだ。王座に向けて、必ず勝利をつかみ取る。【文/写真:森奈津子、湯浅あやか】

▼井戸垣
「(ダブルスを終えて)僕と天野のダブルスでまず1勝してチームに弾みをつけたかったのですが、相手がいいプレーをしていて自分たちが押されてしまったというところがあります。自分たちがいいプレーをできなくて本当に悔しいですし、申し訳ない気持ちもありました。なので、シングルスでは絶対に勝つという気持ちで臨みました。(シングルスを終えて)相手はセンスもありますし、技術では僕が勝てないと思っていました。ファイナルセットに入って、気持ちと体力が自分の強みだと思うので、途中0-3になってしまったのですが、切れずに、チームのために戦おうと思って頑張りました。(意識していたこと)チームのために勝つということを意識していました。去年は本当に悔しい思いをして、その時はまだあまりチームのことを考えられなかったのですが、上回生になってそういうことを考えられるようになれたのが、いい方に進んでるのかなと思います。(次の立命大戦に向けて)まだリーグ優勝のチャンスもありますし、ここで王座が決まったわけでもありません。立命大戦ではチームみんなで9-0というスコアを勝ち取って、リーグ優勝と王座をつかみ取りたいと思います」

▼堀川
「(試合を終えて)個人的にはまず、ダブルスが1-2で回ってきて、シングルで1番初めに勝って、チームの流れを取れたかなと思います。昨日の関学戦では、リードしていたところからすぐに勝ち切れなくて。チームにいい流れを持ってこれなかったという自分の責任も感じていたので、今日は誰よりも早く勝って、チームにいい風を吹かせられたというか、最後イメージしていた通りにしっかりと勝ち切れたので良かったです。(意識していたこと)相手の弱点をしっかりとついて確実にポイントを取っていくというところです。相手が時間を取ってゆっくりやってくるタイプだったので、それに対して自分が先に入って相手に圧をかけて、コーチから言われていたようにプレー前に体を動かして心拍数を上げて、それで自分からいい動きをしていくというところを今回は意識していました。(出場したシングルスで全勝しているが)自分と相性のいい相手と対戦しているのかなとも思っているので、まだこのリーグの中で自分が1番強いかというのは分からないです。全勝しているというところはチームに貢献できていまですが、1番強いということを証明できるくらい頑張ります。(次の立命大戦に向けて)しっかりと最後まで勝ち切って、できれば早く勝ちたいというところで、仲間への信頼もありますし、ダブルスで3-0つけてもらって、そこで自分がシングルスでいい風を吹かせられるように頑張ります」

▼堤「(今日のダブルスを振り返って)岩本と2年生ペアで組んで、ダブルスとシングルに出させてもらって、この前の関学戦は僕たちがせってD1で取れなくて。今日はダブルスが0-2になったんですけど、ここを0ー3にするか1-2にするかは1番最後のダブルスの試合ですし全然違いました。それにみんなの応援もあって僕たちがしっかり力を出せて勝てました。(シングルスの試合を振り返って)周りも気になりながら試合をしたのですが、今日の近大戦は全然みんなの応援も違いました。僕は関学戦に出てなくて、ダブルスで体力的にキツくて出れなくて、絶対近大戦で2本ダブルスとシングルスで取り返すっていう気持ちでした。その思いとプレーが結果につながったのかなと思います。(次の試合に向けて)まだリーグ優勝というのは残っているので、しっかりと切り替えて9-0をつけれるように頑張ります」

Share this content:

コメントを送信