いまロード中
×

春秋制覇の同大に健闘

春秋制覇の同大に健闘

◇令和5年度関西学生春季リーグ戦◇第2日目◇対同大◇5月4日◇YMITアリーナ◇

●関大2ー5同大
[S1]榎●0ー3
[S2]藤原●2ー3
[S3]石橋●0ー3
[W1]徳田・石橋◯3ー2
[S4]徳田◯3ー1
[S5]黒田●0ー3
[S6]佃●0ー3

2日目に関学大に勝利し、1勝1敗の女子。4位を目指すべく、チーム一丸となって挑んだ。昨年、春秋ともにリーグ優勝を果たした同大と対峙(たいじ)した。

先陣を切った榎花恋(人1)。全ゲームを通して、なかなか決めることができない。力及ばず、差をつけられてストレート負けとなった。

△榎

次に登場したのは、先日リーグ戦初勝利を挙げた藤原優(商1)。5点差をつけ、第1ゲームを余裕を持って奪う。第2ゲームを落とすも、第3ゲームは長いラリーの末に取り返した。第4ゲームは7点の大差をつけられて敗北。勝敗はファイナルゲームへ。第5ゲーム序盤は、相手にリードを許す。タイムをうまく使い状況を打開すると、両者1歩も譲らぬ拮抗(きっこう)した試合展開に。打ち上がった球を打ちつけて得点するなどしたが、11ー13の大接戦で負けを喫した。

△藤原

シングルス3人目は石橋愛理(人3)だ。相手は昨秋リーグで殊勲賞を受賞した強敵。強者相手にも臆することなく挑み、第1ゲームでは3連続得点を決めた。素速い球をコートの至る所に打ち込んでいく。8点で逆転を許し、第1ゲームを奪われた。第2、第3ゲームでは、流れをつかんだ相手にほとんど得点することができず。惜しくもストレート負けとなった。

△石橋

1、2日目とペアを変えて、ダブルスに徳田明梨(人3)と石橋ペアが出場。息の合ったプレーを展開していく。第1ゲームは9ー11の僅差で落としたものの、第2ゲームでは激しいデュースの末に奪い返す。第3ゲームを大差で落とすが、第4、第5ゲームではデュースに持ち込ませることなく勝利した。フルゲームを制し、3年生ペアで1勝をつかんだ。

△徳田(左)と石橋

シングルス4人目の徳田。リズム良く球を打ち込み、第1、第2ゲームともに6点差をつけ、危なげなくゲームを奪う。第3ゲームを落としたものの、集中力を切らすことなく冷静さを保つ。第4ゲームでは8点差をつけた余裕ある勝利となった。

△徳田

黒田さくら(安全4)もランキング持ちの選手との戦いに。全ゲームを通して、僅かな差に苦しめられた。第3ゲームでは、11ー13のデュースに持ち込むなど、強敵を相手に粘りを見せたが、あと1歩力及ばず、ストレート負けとなった。

△黒田

ラストに登場した佃緒夏(情2)は、早々に大差をつけられ、埋めることができないまま相手にゲームを奪われる。力を出し切る前にストレート負けを喫した。

△佃

ストレート負けでも、細かいスコアを見れば接戦を繰り広げ、粘り強く戦っている関大。目標の4位はまだまだ射程圏内だ。【文/写真:貴道ふみ】

Share this content:

コメントを送信