Loading Now
×

秋季リーグ初戦、白星発進!

秋季リーグ初戦、白星発進!

◇ 令和4年度関西学生秋季リーグ戦第1節◇対大経大◇9月12日◇橋本体育館

[S1]○小山2(10-21  21-12  21-15)1中村
[S2]○髙橋2(13-21 21-19 21-18)1向川
[D1]●中田・瀬古0(11-21  20-22)2溝・中村
[D2]○髙橋・小山2(21-7 25-23)0重谷・佐藤
[S3]●丸山1(12-21 23-21 14-21)2藤井

○関大3-2大経大

秋季リーグ戦が開幕した!初戦の相手は大経大。春季リーグでも初戦で戦った相手だ。S1に出場した小山志月(文1)が勝利。そこから勢いに乗り、初戦を白星で終えた。

S1に出場した小山。春季リーグでも関大に勝利を呼び込んだ選手だ。だが第1ゲーム、相手の前後に動かす攻撃に苦しめられ思うように得点できない。まさかの1ゲーム目を10点以上差をつけ敗北。しかし2ゲーム目、ネット前のショットをヘアピンショットで相手に返し得点。ここから調子を取り戻し、スマッシュが何度も決まる。この勢いのまま勝利し、ファイナルゲームに持ち込んだ。第3ゲームでもその勢いは止まらない。先制点を奪い、そこから相手にリードを許さず秋季リーグ1戦目を勝利で終えた。

△小山

続くS2に出場したのは高橋快(文3)だ。第1ゲーム先制点を奪うが、相手の攻撃が冴え7連続得点を許す。コート端を狙うショットやプッシュで得点を重ねるも追いつけずこのゲームは落とす。2ゲーム目も先制点を奪われて、追いかける展開に。だが相手の球を何度も拾い、ジャンプスマッシュで得点を徐々に重ねていき、相手のミスにより15点目で同点に追いつく。そこからは1点を取り合う拮抗(きっこう)した試合となる。最後相手のミスを誘い2点獲得。ファイナルゲームに持ち込んだ。第3ゲームは序盤から長いラリーを制し、好スタートを切る。そこからも点を取り合うシーソーゲームとなるが、低い位置でのラリーに押し勝ち、最後は相手のミスでS2も勝利を飾った。

△高橋

中田悠貴(シス理4)・瀬古海斗(商2)組が出場したのはD1だ。中田がスマッシュを何度も放ち、相手に攻撃の隙を与えない場面や瀬古が相手が崩れた際にショットを放つなどチャンスをものにして得点していく。だが相手ペアのコート端の攻撃やネットアウトなどミスを誘われ思うように得点が伸びず敗北。2ゲーム目でも一気に先制5点を与え突き放される。そこから相手の鋭いショットを拾い続け、粘るがなかなか追いつけない。20点目、低い位置での打ち合いを瀬古が制し同点に追いつきデュースに持ち込む。だが最後2点相手に入れられ黒星となった。

△中田
△瀬古

D2はS1、2で関大の勝利にリーチをかけた髙橋・小山組が登場した。序盤から攻めたプレーで相手に得点の隙を与えず、10点以上の差をつけ圧勝。2ゲーム目でもこのペースにのれると思いきや、そうはいかない。小山のドロップショットやスマッシュが決まるも相手もその分、ショットを決めてくる。相手が先にゲームポイントを獲得すると相手のミスを誘い、デュースに持ち込む。そこから25点に及ぶ死闘を繰り広げた。得点を決めれば、相手も決め振り出しに戻る。そして最後、小山のショットが決まり勝利を収め、この時点で勝ち点が3となり関大の勝利が決まった。

△高橋
△小山

最後に出場したのは丸山慎太郎(安全2)だ。ネット前のショットやプッシュを決め、序盤は順調に得点をしていく。だがネットアウトなどミスが続き相手に得点を上回られる。相手の取りづらい球に苦戦を強いられ、1ゲーム目は落とす。しかし2ゲーム目はコートの端を狙ったショットやサービスエースを決め、デュースに持ち込み勝利した。そしてファイナルゲーム、序盤からリードされ相手優位に試合が動く。相手の得点が決まるたびに相手チームの雄叫びや応援が会場に響き、勢いにおされる。それでも負けずに果敢に攻めたが黒星となった。

△丸山

秋季リーグ初戦を勝利で終えた関大。幸先の良いスタートを切ることに成功した。明日は2戦目。この勢いで明日も勝ち進む。【文/写真:中山秋桜津】

Share this content:

コメントを送信