いまロード中
×

関学大相手にリーグ戦初勝利!

関学大相手にリーグ戦初勝利!

◇令和6年度関西学生春季リーグ戦◇第2日目◇対関学大◇5月4日◇YMITアリーナ◇

◯関大5-2立命大
[S1]徳田◯3-0
[S2]藤原◯3ー2
[S3]佃0-3
[W1]徳田・石橋◯3-1
[S4]世古◯3-1
[S5]榎◯3-2
[S6]石橋0-3

初戦は立命大に2勝5敗で敗北を喫した女子。2日目は、「リーグ戦で最も勝ちたい相手」とする関学大と相まみえる。5勝2敗で勝利し、リーグ戦初勝利を飾った。

最初に登場したのは、徳田明梨(人4)。先制点こそ取られたものの、大差をつけて第1ゲームを奪う。第2ゲームはデュースに持ち込むも1210で取り切った。第3ゲームは追いかける場面もあったが、ストレート勝利でチームに勢いを与える。

△徳田

続いて藤原優(商2)と佃緒夏(情3)が同時にコートへ。藤原の第1ゲームは、相手を追いかける展開に。しかし、持ち前の粘り強さでデュースまで持ち込む。優勢になったかと思われたが、1113で第1ゲームを落とした。第2・第3ゲームは第1ゲームと変わって差をつける。勝敗はファイナルゲームまで持ち越され、終始藤原のペースで勝利をつかんだ。佃は、徐々に相手に適応し始め、得点を伸ばす。第3ゲームでは9ー11まで迫ったものの、ストレート負けとなった。

△藤原

△佃

ダブルスの徳田・石橋愛理(人4)ペア。第1ゲームは相手のペースにのまれ、落としてしまったが、第2ゲームからは主導権を握る。相手のタイムアウトにも動じず、息の合ったチームワークで勝利した。

△徳田(手前)と石橋

試合も折り返しとなり、世古茉由加(人1)と榎花恋(人2)が出場。大型ルーキー・世古は、リズム良く得点していく。第4ゲームはほとんど相手に得点させず、勝利すると笑顔を見せた。世古の勝利でチームの勝ちが決定。榎は慎重にゲームを展開し、長期戦となった。取っては取られを繰り返し、両者一歩も譲らぬ接戦に。最終ゲームは8ー10で不利な状況となったが、チームの応援を受け、デュースに持ち込む。1412の激戦を制した。1年生の頃から活躍する榎。最終ゲームまで持ち込むものの、負けてしまうことが多かった昨年から成長を見せ、勝ち切れた喜びに涙を見せた。

△世古

△榎

ラストは石橋。第1・第2ゲームは、先にマッチポイントになるも、デュースに持ち込まれてしまい、2ゲームを僅差で落とす。第3ゲームでは流れに乗った相手を止めることができず、ストレート負けを喫した。

△石橋

リーグ戦初勝利をつかみ取った女子。残り4戦、チーム一丸となって上位入賞を狙う。【文/写真:貴道ふみ】

榎                「(リーグ戦が始まってみて)1部はどの学校も強い選手が多くて、自分よりも強い選手ばかりなので向かっていく立場なんですけど、どうしても自分でうまくいかないことがあったりして。昨日の試合はあまり良くなかったのですが、今日は前向きに1本1本取っていくという気持ちで頑張れたので良かったです。(最後、逆転勝利して)ベンチで関大のチームの先輩、同期、後輩が応援してくれて、あとは1本ずつ取ろうと、点数を気にせずに頑張りました。1年生の時のリーグ戦で、最終ゲームまで持ち込んだのに負けた試合が5試合くらいあって。関学大との試合では春秋両方、最終ゲームで負けてしまったので、今回最終ゲームで勝つことができて本当にうれしくて、ちょっと涙が出てしまいました。(リーグ戦に向けて)今日の試合で勝てたことで自信がついたので、前向きに1球1球向かっていく気持ちで頑張っていきたいです」

Share this content:

コメントを送信