いまロード中
×

継投で勝ち点獲得。優勝へ大きく近づく。

継投で勝ち点獲得。優勝へ大きく近づく。

◇令和5年度関西学生春季リーグ戦第6節◇対同大3回戦◇5月6日◇於・南港中央野球場◇

関 大400 001 010=6
同 大030 000 000=3

(関)荒谷、茶谷、岩井ー有馬
(同)高木、財原、岡、清野、橋本裕、土岐、清川ー辻井

1(一)岑
2(中)中井颯
3(遊)髙田幸
4(捕)有馬
5(三)富山
6(右)三杉
7(二)佐藤
8(左)田中大
9(投)荒谷

優勝へ大きく前進した。好機を見逃さずに得点を加えた関大が勝利。大きな勝ち点を獲得した。

初回から試合は動いた。中井颯良(政策4)の出塁を皮切りに1死満塁の好機を作る。打席には好調の富山雄正(情3)が入る。打ち返した2球目は三遊間を破り左前適時打に。先制点を挙げた。その後、四死球と田中大翔(情4)の適時打でさらに3点を加える。1回に計4得点を挙げて幸先の良いスタートを切った。

△富山
△田中大



先発を任されたのは1回戦で7回無失点の好投をした荒谷絋匡(法2)。初回は三者凡退に抑える立ち上がりを見せた。しかし、荒谷は2回裏に同大打線に捕まる。4番・松井が三塁打を放ち、先頭打者出塁を許す。四球と2安打を浴びて3失点。ここでマウンドを降りることになった。荒谷に代わって登板したのは、茶谷哲兵(経4)。相手の上位打線を内野ゴロと三振に打ち取り、ピンチを脱出した。さらに3回裏、茶谷は1死一、三塁と走者を背負う。続く打者を併殺で抑えて無失点で切り抜けた。

△荒谷
△茶谷



守備でリズムを作った流れのまま、追加点が欲しい関大だが、なかなか得点できない展開が3、4、5回と続く。悪い流れを断ったのは佐藤慶志朗(経3)。6回表、その佐藤が三塁線を破る二塁打を放つ。さらに相手守備がもたついている隙をつき、三塁を陥れる。佐藤は塁上で大きく拳を突き上げ笑顔が溢れた。続く田中大が中犠飛を放ち、待望の追加点を奪うことに成功。

△佐藤



6回裏、5回から登板していた岩井将吾(商3)は二者連続の四球を出して1死一、二塁のピンチを迎える。代打・牧原の内野ゴロの当たりを髙田幸汰(商4)、岑幸之祐(社4)とつないで併殺を完成させた。

△岩井
△髙田幸



7回表、先頭打者の有馬諒主将(商4)が左前安打で出塁。富山の打席の2球目の間に有馬が盗塁を決めて、無死二塁とする。ここで、早瀬万豊監督は富山に代わり、代打・黒岩瑞己(法4)を起用。三塁線への犠打は、相手投手の悪送球を誘う。自らも生き残り、両手でガッツポーズをした。これで無死一、三塁とさらにチャンスを拡大。続く佐藤が放った打球は三塁手のグラブにあたりフェアグラウンドに転がる。その間に三塁走者・有馬が生還しさらに1点を追加した。岩井は8、9回を三者凡退しっかりと抑えてゲームセット。勝利の女神は関大に微笑んだ。

△有馬
△黒岩



エース・金丸夢斗(文3)が投球できない中で奪った勝ち点の意義は大きい。他の投手陣が継投しつかみとった勝ち点。髙田幸、佐藤の好守備が光るなど投手陣を野手陣が援護した。同大との3連戦はチームとして大きく成長した節だったに違いない。過密な日程の中で取った勝ち点は、優勝を大きくたぐり寄せた。28年ぶりの栄冠は目の前に近づいてきている。春のクライマックスへ。近大戦も全員野球で戦い抜く。【文/写真:永松愛】

Share this content:

コメントを送信