Loading Now
×

強敵、天理大相手に惨敗

強敵、天理大相手に惨敗

◇2023年度関西学生春季リーグ戦◇対天理大◇4月16日◇天理親里ホッケー場◇

[第1Q]関大0-5天理大
[第2Q] 関大0-2天理大
[第3Q] 関大0-1天理大
[第4Q] 関大0-4天理大
[試合終了]関大0-12天理大

△試合前の選手たち

新チームに移行後初の公式戦。スターティングメンバーには入部して間もないFB高杉美羽(情1)が公式戦初出場。昨年度の1部リーグ優勝校、天理大との対決。強豪相手に少しでも結果を残したい女子ホッケー部。序盤から、攻められる展開が続く。第1クオーター(Q)で5点の失点など、苦しい戦いを強いられた。その後も追加点を許し、10点以上の差を広げられる。2023年度初戦は、敗北という結果となった。

△高杉

第1Q。序盤から相手にボールを握られ、ボールを触ることができない状態が続く。天理大のパスのスピードはとても速く、なかなかついていくことができない。シューティングライン付近の攻防が続く中、4分に先制点を決められる。再度、センターラインからのマイボールスタート。味方にパスを繋げようとするも、パスした先には相手選手が待ち構え、すぐにボールを奪われてしまう。なかなかパスが繋がらず、相手ペースに。その後も7分と9分にシュートを決められる。なんとか失点を抑えたい関大だが、相手の攻撃は留まることを知らず、12分にペナルティーコーナー(PC)から1点を決められる。ラスト1分にもシュートを決められ、この回5点を失点する。

第2Qは天理大の速い攻撃体制に選手たちが対応していく。2分にシュートを撃たれるもGK野口皆愛(文4)がナイスキーで得点を許さない。何度かシュートを決められそうになるも、MF寺井乃梨(人3)がボールをカットするなど、必死の抵抗を見せる。その後、ボールを奪い返すことができたものの、なかなか攻撃に転じることができず、センターラインより手前の攻防が続く。 天理大の並外れた攻撃の速さに慣れてきたものの、完全に対応することができず、残り5分を切ったところで1点を追加される。ラスト3分にはペナルティーコーナーで1点を追加される。

△野口
△寺井

第3Q。 ここからが内海晴(法4)にGKが交代。序盤に2度シュートを打たれるも、内海の必死の守りで追加点は許さない。 しかし、ゴール際での攻防が続く状態を変えることができない。 5分に反則を出してしまい、一対一のペナルティーストロークでシュートを決められる。 後半は、相手のスルーパスに苦戦するも、MF山下日菜子(人3)がディフェンスで活躍を見せ、追加点は許さなかった。

△ 内海

最終、第4Q。 なんとか1点を取りたい関大。しかし、天理大は次々と交代要員を出していき、攻撃の勢いが増す。開始3分、内海がボールを弾くも、シュートを決められる。その後も5分、7分、12分に追加点を許し、4得点を与えた。【文:丸山由雅/写真:村中望乃】

▼河野凪咲主将(社4)
「全体的には格上ということもあり、スピードについていけなかったが、試合が進むにつれて対応できたかなと思う。ハーフコートを使わずに相手のショートパスからボールを奪うというチームの戦い方が相手に通用してきたところは前より成長したと感じている。第4Qは自分たちのホッケーをしようと言っていました。相手に通用した部分としなかった部分があるので、そこは改善していけたらなと思う。個人的には、自分はディフェンスだが、相手がいる方向にボールを出してしまったりするので改善していきたい。関大のホッケーは出だしが悪い傾向にあるので次の試合は出だしからしっかりと攻撃を仕掛けていきたいと思う。」

▼高杉
「最初は、入部して日が経っていないが、先輩方が優しく声をかけたりしてくださったので思いっきりプレーをすることができた。相手が強かったのでスピードや技術がまだまだだなと感じたので改善していきたい。私はディフェンスなのでチームのために少しでも点を抑えることができるように頑張っていきたい。」

Share this content:

コメントを送信