Loading Now
×

初戦の勢いに乗れず2連敗

初戦の勢いに乗れず2連敗

【ソフトボール女子】第54回春季関西学生リーグ戦/対太成大・同大/4月9日/於・園田学園女子大

第1試合
関   大 200 000 0 =2
大 成 大 201 100 ☓ =4

第2試合
関大000 000 0 =0
同大000 001 ☓ =1

太成大戦
1(中)岩崎
2(右)渡邉
3(遊)竹光
4(投)新屋
5(土) 大塚
6(左)柏原
7(捕) 早坂
8(一) 小坂
9(DP) 中野
FP(二) 村上

同大戦
1(中) 岩崎
2(三)勝目
3(遊)竹光
4(DP) 新屋
5(左) 柏原
6(捕)藤森
7(二) 村上
8(一)小坂
9(右)吉田
FP(投) 山本

園田女子大戦で見事サヨナラ勝利し、勢いに乗る関大。2戦目は太成大とたいじする。1回表、岩崎紗菜(人4)が3塁側への安打を成功させる。続く、渡邉陽菜(人4)が犠打で一死2塁となる。3番の竹光久莉寿(人4)も相手の失策で出塁。絶好のチャンスに登場したのは4番代打、新屋ひなた(人2)。新屋の4番としての役目を果たす安打で1点先取する。その後も2打席連続安打でチームは3安打2得点とリードする。チームは歓喜に包まれた。

△岩崎

その裏、新屋がピッチに立つ。1番成田を飛球で打ち取るも、2番菅波で失策し出塁される。その後3番恒松に野選で出塁され、ピンチを迎える。続く4番に2塁打を打たれ、1点を返される。その後、2打席連続で安打を受ける。この回、関大は3安打2得点と同点に追いつかれた。

△新屋

2回表追加点が欲しい関大だが、3者凡退に終わる。
3回表、大塚弥香(文2)が安打・盗塁し、得点圏に走者を置くもチャンスをつかめず、無得点に終わる。その裏、3番の藤田に安打を打たれる。2つのアウトを取った新屋だが、6番村田に追加点となる安打を許し、逆転される。

△大塚

4回表は、3者凡退に終わり、その裏に東本結月(人3)が登板。4回裏、2死を奪うも、1番成田にヒットを打たれる。2番の打席に回ると、味方のエラーで1塁走者が2度盗塁に成功し、3塁へ。2番が四球になった際にキャッチミス。成田が生還し、点をさらに追加される。

△東本

5回6回の攻撃は2安打が出るも、無得点に終わる。7回表、後がなくなった関大。代打で谷口夢衣(人4)が登場するも無念の敗北となった。
第2試合、同大戦は両者拮抗した試合になった。
山本萌楓(人1)がピッチに立つ。山本はこの日が初登板。3回1安打無失点の好投で4回2死まで投げ切り、東本へ繋いだ。一方の攻撃は6回までに3安打と不調が続く。


△励まし合う選手たち

6回裏、東本は1番の眞嶋にネット側の3塁打を打たれる。2番をゴロで抑えたものの、3番の日紫喜がフォアボールで出塁し、1死1・3塁に。4番、生駒の犠打で1点を先制される。

7回表、2死で代打、大塚が四球で出塁するも、その後の盗塁に失敗し、3死。惜しくも1点差での敗北となった。 

2試合連続の敗北となったソフトボール女子。初戦の勢いを取り戻し、悔しさを糧に次戦へ挑む。【写真/文:丸山由雅】

△試合後、整列する選手たち

Share this content:

コメントを送信