Loading Now
×

守備で攻撃のリズム乱し、悔しいサヨナラ負け

守備で攻撃のリズム乱し、悔しいサヨナラ負け

令和5年度関西六大学連盟春季リーグ第4節◇対阪大2回戦◇3月31日◇わかさスタジアム京都◇

関 大 011 100 012=6
阪 大 004 010 011x=7

(関)所、松尾、山本倖、田治―福永
(阪)巽、友定、波多野、秋―大野

1(右)藤澤
2(左)日高
3(遊)福留
4(一)中野
5(三)橋本
6(補)福永
7(指)山本遼
8(中)加藤
9(二)濱田
先発 所

前の試合で阪大に完封勝ちを収め、3勝3敗と勝率5割に復帰した加藤準硬。 5試合ぶりの先発となった所知樹(安全3)を先発に送り阪大戦2回戦に臨んだ。 しかし、前日の完封勝ちから一転、激しい点取り合戦を繰り広げた。何度も関大に試合の流れが傾きかけたが、最後まで決定的な勝因をつかめず、結果悔しいサヨナラ負けを喫した。

△所

打線は2回、先頭の6番・福永翔太(社2)が四球を選ぶと、続く7番・山本遼太郎(文3)も相手の失策で続く。8番・加藤陽也主将(人3)は堅実に犠打を決め、1死二、三塁のチャンスを演出。ここで打席に立った9番・濱田凌平(経3)がきっちりとセーフティスクイズを決め、3塁から福永が生還。1点を先制した。さらに、3回には3番の福留涼平(商2)と4番の中野寛都(人1)が連打でチャンスメイクすると、5番に入った橋本昴来(安全1)が右前へ適時打を放ち、2点目を奪った。

△橋本

しかし、攻撃で作ったリズムを守備には生かし切れなかった。先発の所は初回から130㌔を超える速球を投じるなど、気迫あふれる投球を見せた。だが、なかなか制球が定まらず球数が増えテンポの悪い投球が続いた。すると3回、先頭打者にいきなり四球を与えると、続く打者も四球で出塁。さらに次の打者には安打を許し無死満塁のピンチを作った。ここで続く打者は打ち取った当たりも、味方が失策。2点を失い同点にされた。ここで所は無念の降板。2番手のマウンドには松尾尚矢(経3)が上がった。しかし、流れを悪くした関大はさらにパスボールで1点を献上し、スクイズも決められ2点ビハインドとなった。

△松尾

逆転を許した直後の4回表、1死から8番・加藤主将が四球を選ぶと、9番の濱田も四球を選び、1番の藤澤も中前への安打で続き1死満塁の好機を演出する。続く2番・日高涼汰(経2)は浅い中飛に倒れるも、3番の福留はしっかり押し出し四球を選び1点差に詰め寄る。しかし、4番の中野は三振に倒れ、同点とはならず。5回裏に味方の失策が原因で相手に1点を献上し、再び2点差とされる。

△藤澤

関大打線は5回から7回まで3回連続で得点圏に走者を置くも、いずれも得点は奪えず。8回は先頭の中野が相手の失策で出塁すると、代打で途中出場の7番・林風太(商3)が右前への安打で出塁。8番の加藤主将は四球を選び、2死ながら満塁のチャンスを作った。ここでベンチは濱田の打順で代打・水島拓務(シス理2)を送り込む。相手投手が水島へ投じた2球目がパスボールとなり、まず1点を返し1点差に詰め寄る。なおも2死二、三塁の一打逆転のチャンスだったが、水島は二ゴロに倒れ、またも同点には追いつけなかった。

するとその裏、5回途中からマウンドに上がっていた3番手・山本倖輝(安全3)がピンチを招くと、4番手のマウンドに上がった田治健太郎(経3)が犠飛で1点の追加を許し、再び2点差で最終回の攻撃へ移った。

△山本倖

2点を追いかける9回の攻撃、先頭の1番・藤澤が死球で出塁すると、2番の日高も四球で続く。ここで3番の福留は球を捉えるも右直に倒れ1死。それでも4番の中野はしっかりと四球を選び、1死満塁と逆転の走者も塁上に置いた。ここで打席に立つのは守備交代から出場していた古田大輔(情2)。打球は遊ゴロになるも古田の必死の走塁で併殺とはならず。走者が1人生還し、1点差になる。ここで打順は6番に回るが、代打に今村優真(経1)が告げられた。今村は3球目を振り抜き、打球はしぶとく一、二塁間を破った。この適時打で走者が1人生還し、ついに同点とした。しかし、この時点で試合開始から所定時間が経過していたため、同点でも延長戦は行われず引き分け試合となる。そのため、関大が勝利するためにはさらにもう1点を取る必要があった。ここで代打・磯崎正太郎(文3)が今季初の打席へ。フルカウントから7球目を振り抜き鋭い打球を左へ飛ばすが、惜しくももう一伸び足りず左直に倒れた。

△今村
△磯崎

この回を抑えきれば引き分けとなる9回裏の守備。マウンドには引き続き田治が上がる。しかし、被安打と2度の与四球で1死満塁のサヨナラ負けのピンチを背負う。ここで対峙(たいじ)した打者は二ゴロに打ち取り、本塁はアウトにするも打者走者はアウトにできず併殺とはならず2死満塁。ここで続く打者さえ抑えれば引き分けとなる。しかし、打者は2球目をコンパクトに打ち返し、少し浅めに右翼を守っていた藤澤の頭の上を白球は無情にも超え、走者が生還。引き分けまであと1アウトという場面で、サヨナラ負けとなった。

△田治

何度も同点・逆転のチャンスを作りながらも敗北を喫した加藤準硬。打線は9安打を放つなど依然好調であるが、投手陣は与四球が10、野手陣も失策が6と守備面での乱れが攻撃のテンポをも狂わせた。開幕当初掲げていた「守り勝つ野球」を今一度思いだし、次節の関学大戦に臨んでもらいたい。【文:𠮷村虎太郎/写真:稲垣寛太】

▼加藤主将
「(今日の試合を振り返って)昨日はいい形で勝つことができましたが、やはり苦しい展開になるだろうということは予想していました。予想通りの試合展開でしたが、想定外の失策がかさんでしまい、そこの隙を突かれたというのが一番大きな敗因だと思います。(9回の攻撃について)打者によっては調子や相手投手との相性もあるので、スタメンだけが打てばいいという話ではないのでしっかり後ろで準備している選手が、しっかり起用に応えてくれたのは収穫だったと思います。(今後について)これでリーグ戦の優勝はなくなってしまいましたが、残り3戦を勝ちきることができれば関西選手権も見えてくるので、悔しい気持ちはありますが下を向かず切り替えていきたいと思います」

Share this content:

コメントを送信