Loading Now
×

待望の白星を勝ち取った!

待望の白星を勝ち取った!

◇2022年度関西学生秋季リーグ第8日◇対龍大◇10月8日◇太陽ヶ丘◇

[前半]関大13-14龍大
[後半]関大19-11龍大
[試合終了]○関大32-25龍大

ついにこの瞬間がやってきた。前半は相手に追いつかれるも、リードしたまま終盤まで試合が進む。しかし、残り10分を切ったところから相手が4連続で得点し、1点ビハインドで試合を折り返した。まだまだ逆転のチャンスを残して迎えた後半。関大はコンスタントに点を取り続け、徐々に点差を広げることに成功。待望の秋季リーグ初白星を勝ち取った。

前半は関大ボールからスタート。井上真希(人4)がポストの位置から力強いシュートを決め、先制した。続けて信夫麻希(経3)や小田真子(法1)が相手ゴールに打ち込む。直後に連続得点を許しリードされるも、すぐさま上川華奈(商1)の速攻で同点に追いついた。中盤は両者が交互に得点し、点差は一向に開かない。しかし、1度目のタイムアウトが明けたところから試合は動く。山根菜摘主将(人4)のライトの遠い位置からのシュートや、上川のサイドシュート、石坪彩瑛(社2)のシュートで得点を量産。11-7と前半最大の4得点差を獲得し、有利に試合を進めた。だが、開始22分の終盤からは相手が猛追。さらには13-14と逆転され、前半を終えた。

△井上
△信夫
△上川
△山根主将

立て直しを図りたい後半。交代しながらの出場となった村田七奈子(法3)が7㍍スロー2本を含め得点し、チームを盛り上げる。直後に小田が鋭いシュートを決めるなど、連続得点する場面が増え、開始まもなくして相手を引き離した。10分を過ぎたころからは、点の取り合いとなる。上川や石坪、また戎井琴音(商3)が完璧に空いた左サイドから冷静に決めた。続けて石坪が難しい体勢から速攻を成功させると、流れは一気に関大へ。さらに連続で得点し続け、リードを広げる。そして32-25で勝利を収めた。

△村田
△小田
△石坪
△戎井

「今日の試合は絶対勝たないといけないと思っていた試合だったので、結果的に勝てて良かった」と山根主将。明日は最終戦で、天理大との対戦だ。秋季リーグを有終の美で飾り、インカレ挑戦へ弾みをつける。【文:松尾有咲/写真:牧野文音】

▼山根主将
「今日の試合は絶対勝たないといけないと思っていた試合だったので、結果的に勝てて良かったなと思います。(試合を振り返って)前半に速攻でペースをつかみたかったんですけど、波に乗れなかったのが課題です。でも後半はメンバーチェンジして結構走れる選手がコートの中に増えて、速攻で得点が増えたのが良かったと思います。速攻が増えて、ペースをつかめたというのが1番大きいかなと思います。(今日1番活躍していた選手)全部を通して安定的に活躍してくれたのは、2年生の石坪かなと思います。石坪が要所要所でちゃんと点を決めてくれたのが大きいかなと思います。(最終戦、対天理大への意気込み)この秋リーグは速攻で点を増やすというのを課題としてやってきたのでそれをしっかりやっていくことと、天理は力強い選手が多いんですけど、自分のチームにも力強い選手がいるので、負けじと戦っていきたいなと思います!」

Share this content:

コメントを送信