Loading Now
×

熱戦となるも、惜しくも敗北

熱戦となるも、惜しくも敗北

◇ 令和4年度関西学生秋季リーグ戦第2節◇対京産大◇9月13日◇橋本体育館

[S1]●宮本有1(13-21 21ー19 11ー21)2熊谷
[S2]○仲井2(21-18 13-21 21-17)1田辺
[D1]●宮本亜・内海0(11-21 13-21)2杉本・水野
[D2]○仲井・篠原2(21ー13 21-17)0菅生・藤井
[S3]●篠原0(12-21 15-21)2杉並

●関大2-3京産大

秋季リーグも2戦目。S2に出場した仲井杏花里(人4)がファイナルゲームまでもつれ込んだ接戦を制し勝利。そこから仲井・篠原七緒(商2)組も勝利を収め、勝敗は篠原に託された。だが、惜しくもストレート負けを喫し、2-3で敗戦となった。

S1に登場したのは宮本有沙(政策4)だ。相手の鋭いショットも果敢に拾い続け、得点のチャンスを作る。だがネット前のショットを何度も放つも相手に返されなかなか得点を重ねることができない。1ゲーム目は敗戦となる。しかし2ゲーム目はネット前のショットが決まるようになり4点差から一気に追い上げる。先に相手が19点となるも相手の鋭い球を拾い続け得点を重ね、逆転勝利した。ファイナルゲームは相手のスマッシュで先制点を奪われるがすぐに取り返す。だが長いラリーで得点を許すと相手のペースとなる。相手のスマッシュとドロップショットで前後に動かされ得点できない。そのまま黒星となった。

△宮本有

続いて出場したのは仲井だ。序盤から6連続得点を許し、追いかける展開となる。しかしドロップショットで1点目を返すと勢いに乗り一気に点差を縮め同点に追いつく。スマッシュが決まり13点目を獲得。そこから仲井のショットが冴え得点がどんどん決まる。1ゲーム目は勝利を収めた。しかし2ゲーム目、コート端のショットで先制点を取るがそこから相手のショットを拾うことができずこのゲームは落とした。3ゲーム目、両者共にリードを許さずシーソーゲームとなる。しかし16点目、強烈なスマッシュが決まるとそこから3連続得点。その勢いで最後コート端のショットを決め1勝を勝ち取った。

△仲井

仲井に続きたい宮本亜湖(政策3)・内海明莉(商1)組。1ゲーム目序盤からネットに球がかかり得点につなぐことができない。内海が果敢に攻める場面や宮本亜が激しいラリーに打ち勝つ場面もあったが惜しくも勝利とはならず。2ゲーム目は宮本亜が強めのショットで先制点をお見舞いする。しかし相手の方が一枚上手。関大のショットを何度も拾い、ネット前のショットを決め、宮本亜・内海組を苦しめる。相手に少しずつ点数を返すが黒星となった。

△宮本亜
△内海

D2に出場したのは仲井・篠原組。仲井のスマッシュが冴え渡り得点を重ねていく。仲井がラリーで相手のミスを誘い、最後篠原のドロップショットで得点を決めるなど抜群のコンビネーションを見せる。相手にリードされることなく1ゲーム目は勝利。2ゲーム目も2人の攻撃は止められない。篠原のスマッシュや仲井のレシーブなど終始優勢のまま試合を進める。最後は篠原のショットで勝利を収めた。ここまで京産大とは接戦を繰り返し、2戦目の勝敗はS3に登場する篠原に託された。 

△仲井
△篠原

S3に出場した篠原は終始相手のペースとなり、試合を自分のものにできない。左右に相手を動かし、隙を突いて1点獲得。だが連続得点とはならず相手にリードを許す。篠原のミスも目立ち1ゲーム目は敗北。2ゲーム目も序盤から相手にミスを誘われ得点を重ねることができない。最後まで攻めるもストレート負けとなった。

△篠原

2戦目は2-3で敗北となった関大。だが一部校相手に2勝し、秋季リーグ初勝利まで後一歩のところまできた。次こそは1勝を挙げる。【文/写真:中山秋桜津】

Share this content:

コメントを送信