Loading Now
×

決め手を欠き、初黒星

決め手を欠き、初黒星

◇令和6年度関西六大学連盟春季リーグ戦第3節2回戦◇対立命大◇3月22日◇わかさスタジアム京都

立命大 201 000 100=4
関 大 020 010 000=3

(関)竹下、野村、伊藤―福永、中野
(立)西島、佐々木―生田、橋本

1(中)藤澤
2(指)佐竹
3(三)山﨑
4(右)木下
5(遊)福留
6(左)日高
7(一)今村
8(捕)福永
9(二)永村
先発 竹下

昨日の勝利で開幕5連勝となり、リーグ単独首位に立った関大準硬。初回に先制を許すも、粘り強い攻撃を見せた。しかし、終盤に勝ち越され、反撃及ばず悔しい敗戦となった。

初回、先発マウンドには前回好投を見せた竹下紘生(政策2)を送る。初球を中前に運ばれ、盗塁。わずか2球で得点圏に走者を進められてしまう。適時打と失策の間に2点を献上。前日の敗戦から、後がない立命大の集中攻撃を受ける。

△竹下

すぐさま反撃したい関大は2回裏、「セカンドの頭上、右方向を狙おう」とベンチから声が飛ぶ中、日高涼太(経3)が右越え二塁打で出塁する。続く打者は今季初スタメンの今村優真(経2)。バッティングカウントを逃さず左前安打でつなぐ。1死一、三塁となり、福永翔太主将(社3)が初球を捉え適時打。その後、藤澤駿平(政策3)の適時打で同点に。

△今村

しかし3回表、連打で勝ち越しを許してしまう。それでも4回、5回と走者を背負いながらも福永主将の2度の盗塁阻止もあり、ホームは踏ませない。

△福永主将

5回裏、1死から藤澤が中前安打で出塁する。続く佐竹俊哉(情1)が右越え二塁打で好機を演出。3番・山﨑大輔(商1)の内野ゴロの間に同点に追いつく。なおも木下立清(りゅうせい=人2)の四球で満塁とするが、後続が続かず凡退。

△藤澤

7回表、ここまで9安打を許しながらも粘りの投球を見せてきた竹下に代わり、野村健翔(化生2)が登板する。テンポよく2個のアウトを取ったものの、連続四球から適時打を許し、勝ち越し点を献上。食らいつきたい裏の攻撃は、先頭の永村優吏(人2)が右前安打で出塁する。四球と犠打で1死二、三塁と同点、逆転の好機を作るも、あと1本が出ない。

8、9回は伊藤脩太(社2)が無安打に抑える投球で援護を待つ。迎えた最終回、代打・橋本昂来(安全2)が四球で出塁。しかし、反撃及ばず敗戦となった。

△伊藤

関大は7安打を放つも決め手を欠き、悔しさの残る結果。それでも、再三のピンチを最小失点で切り抜けた守備や14人の選手が出場する層の厚みも見せた。ここまでリーグ戦5勝1敗と立命大と同率ながらも首位をキープ。まだまだ優勝への道のりは続いている。【文/写真:櫻田真宙】

▽福永主将
「(昨日を経て今日)立命にとっては昨日の負けがあったので、初回の入りからがっつり来るだろうからそこに負けないような雰囲気作りをして、勝ち切ろうと話していました。(今村をスタメン起用)橋本があまり調子が良くない中で、守備の良い今村を。相手投手もサイド気味の落ちる変化球のあるピッチャーだったので、左打者の方が打ちやすいかなと思い今村を思い切ってスタメンにしました。(試合を振り返って)投手の初回の入りが悪い所はありましたが、悪いなりに最小失点で、イニングを切ってくれたのですが、チャンスで取り切れなかったことが敗因かなと思います。(8回裏に自身に代打)松田朋大(社2)の調子が現在良くて、最近は松田を代打の1枚目で使っています。自分か松田、どちらでいこうか悩みましたが、松田なら打席を譲れると思い、思い切って松田に代えました。(今後に向けて)やはり、優勝は難しいことだと思っていて、今日の勝ちが優勝につながることは全員分かっていましたが、その中で厳しい戦いになって、優勝することは難しいと、もう一度かみ締めて、残りの4戦を戦っていきたいと思います」

Share this content:

コメントを送信