Loading Now
×

あと1アウトが奪えず悔しいサヨナラ負け

あと1アウトが奪えず悔しいサヨナラ負け

◇第55回秋季関西学生リーグ戦◇対大体大◇10月14日◇神戸学院第5グラウンド◇

関 大 200 100=3
大体大 100 003x=4

1(遊)栗山
2(中)長尾
3(捕)山口
4(左)末廣
5(二)榎
6(DP)井上
7(右)神藤
8(三)中谷
9(一)荒木
FP(投)三浦

新体制で挑む秋季リーグ戦は開幕2連敗を喫し、苦しい展開の続く男子ソフトボール部。この試合は同じく2敗の大体大と相見える。この試合で負けた方は2部降格がいよいよ現実的となるため、なんとしてでも勝たねばならぬ一戦。序盤こそ優位に進めたものの、最終回で逆転サヨナラを許し、悔しい黒星を記した。

先攻の関大は1回、先頭の栗山涼(文3)が安打で出塁する。2死一塁となり、打席にはこの日4番起用の末廣亮(あきら=商2)。フルカウントから6球目を捉え、打球は左方向のフェンスを超える。先制となる2ラン本塁打が飛び出し、末廣は喜びをあらわにした。

△末廣
△本塁打を放った末廣

この日の先発は三浦航生(人2)。1回、1死から四球で走者を背負うと、捕手の後逸で進塁を許す。2死二塁から相手の4番打者に適時打を浴び、立ち上がりに1点を失った。

△三浦

追加点を奪いたい打線は4回、1死一塁から5番・榎上総(経1)に適時三塁打が生まれ1点を追加。リードを2点に広げた。

△榎

先発の三浦は2回以降は毎回走者は背負うも、本塁は踏ませぬ投球を披露。5回にはマウンドに蜂が現れ一時試合が中断するアクシデントが発生するも、心乱されず無失点の投球を続けた。

この日は午後に降雨の予報があったため、6回での試合打ち切りが決定。そのため、6回裏に2点を守りきれば勝利となる。テンポよく2死を奪い、2死一塁の場面を作った。しかし、次の打者に四球を出すと、続く打者には適時打を浴び1点差とされる。なおも2死一、二塁の場面。この場面で外野は前進守備を敷いたため、打球次第では一気にサヨナラとなる。1ボール2ストライクと追い込んで投じた4球目。振り抜いた打球は無情にも右翼を守る末廣の頭上を超え、走者2人が生還する。あと1死に泣き、悔しいサヨナラ負けとなった。

△打球を追いかける末廣

リーグ戦5試合中3試合を終え、全敗中の男子ソフトボール部。2部降格を防ぐためには残りの試合に勝つことが重要である。昨秋リーグ王者の意地を次戦以降に期待したいところだ。【文:𠮷村虎太郎・長鴫海莉/写真:𠮷村虎太郎】

山口葵育主将(あおい=社3)
「(今日の試合を振り返って)勝ちたい試合ではありましたが、勝つことができませんでした。しかし、トーナメント戦ではなくリーグ戦なので、まだ2部に落ちると決まった訳ではなく、そこはしっかり切りかえていきたいです。(三浦の投球は)前の2試合に比べれば、ストライクが先行してリズム良くいけていたかと思います。最終回に少し悔しい部分もありましたが、全体を通して良くやってくれたと思います。(次戦に向けて一言)あと2戦は逆に勝たないといけない試合だと思います。なので、今日の試合について落ち込む気持ちはそれぞれあると思いますが、それをプラスな気持ちにしてしっかり戦いたいです」

Share this content:

コメントを送信