Loading Now
×

あと1死が奪えず逆転負け 福永準硬の初白星はお預け

あと1死が奪えず逆転負け 福永準硬の初白星はお預け

令和5年度関西六大学連盟秋季リーグ戦第2節1回戦◇対神大◇9月27日◇わかさスタジアム京都◇

神 大 300 000 003=6
関 大 004 000 000=4

(関)鮫島、葭安、伊藤―福永
(神)村上、内田―森

1(中)藤澤
2(三)古田
3(遊)福留
4(右)木下
5(左)日高
6(指)中野
7(一)橋本
8(捕)福永
9(二)西田
先発 鮫島

開幕節で連敗し、初勝利が遠い福永準硬。この神大戦を制し初白星を挙げたいところだったが、9回2アウトから逆転を許し、悔しい1敗を喫した。

先発の鮫島大河(文2)は立ち上がり、味方の失策で走者を背負う。ここから制球を乱し、2度の四球で1死満塁のピンチを招く。ここで打者に左翼手の頭を越える適時打を浴び、2点を献上。加えて続く打者の内野ゴロ間に走者の生還を許し、初回から3点を失った。

△鮫島

鮫島を援護したい打線は3回、先頭の橋本昂来(安全2)が失策で出塁する。続く福永翔太主将(社3)も左ライン際を破る安打を放ち、無死一、二塁のチャンスを作る。この場面でラストバッターの西田光汰(化生2)は犠打を試みるも、ファウルが続き送れない。打撃に切り換え7球目を相手右翼手の前にしぶとく運び、1点を返す適時打にしてみせた。続く藤澤駿平(政策3)の打球は相手二塁手の失策を誘い、1点差に詰め寄る。2番・古田大輔(情3)の打席で相手捕手が投球を逸らし、三塁から藤澤が生還。これで同点になった。古田は一ゴロに倒れ、3番の福留涼平(商3)は四球を選び1死一、三塁と勝ち越しのチャンスを作る。ここで4番・木下立清(りゅうせい=人2)が右翼手の前に落ちる適時打を放ち、逆転に成功した。

△西田
△パスボールで生還する藤澤

リードを広げたい打線は5回、1死一、二塁のチャンスを作る。ここから日高涼汰(経3)、中野寛都(人2)は連続で安打を放つも、相手外野手の好返球で2度とも走者が本塁でアウトにされる。これで3アウトとなり、追加点は奪えなかった。

6回からは2番手の葭安凌(化生2)がマウンドに上がる。葭安は2イニングを投げて、1四球こそ出したがそれ以外は完璧に抑え、1点リードを保った。

△葭安

8回からは伊藤脩太(社2)がマウンドに上がった。8回は味方の好守も光り無失点に抑え、最終回のマウンドにも上がる。しかし、先頭打者に四球を出すと続く打者にも安打を浴び、無死一、二塁のピンチを招く。続く打者は犠打を選び1死二、三塁となるが、続く打者は3球三振に仕留めた。あと1人抑えれば勝ちのこの場面、相手は代打を起用。2球目を振り抜かれ中堅を守る藤澤の頭を越える適時三塁打を放たれ、さらに返球も乱れて打者走者にも生還を許す。1点リードが2点ビハインドに変わった。打線も最終回は3者凡退に打ち取られ、悔しい逆転負けとなった。

△葭安

開幕3連敗となった福永準硬。しかし、橋本は4打席すべて出塁、葭安も2イニング被安打なしの好投を見せるなど光も垣間見えた。まずは目の前の対神大2回戦をつかみ、次節以降に生かしたいところだ。【文/写真:𠮷村虎太郎】

▼福永主将
「(今日の試合を振り返って)入りと締めで点を取られて、特に入りが悪く立命大戦でも点を取られて自分たちのペースで野球をできなかったので、最初の3失点が大きな敗因かと思います。(葭安について)葭安は鮫島と違ったタイプで、真っ直ぐが相手の打者も合っていなかったので、いつも通り彼の良さが出た投球だったかと思います。(明日の試合に向けて)引きずる部分もあるとは思いますが、明日の試合は別で用意していただいているので切り換えてしっかり勝てるようにしたいと思います」

Share this content:

コメントを送信