Loading Now
×

春季リーグ王者に惜敗

春季リーグ王者に惜敗

◇第53回秋季関西学生リーグ戦◇対園女大◇10月1日◇於・園田学園女子大◇

関 大 000 001 0=1
園女大 011 010 X=3

1(中)清水
2(右)渡邉
3(二)竹光
4(一)福嶋
5(DP)新屋
6(投)岩﨑
7(左)柏原
8(遊)佐々木
9(三)勝目
FP(捕)藤森

本日2試合目の戦い。相手は春季リーグ王者の園女大だ。2回裏、内野安打を放たれ1点先制されると、続く3回でも左中間適時打で追加点を許す。5回でも得点を入れられ、追いかける関大。6回表で福嶋七彩主将(人4)が左中間を破る適時打で1点追加するが差を縮めることができず2戦目は敗北となった。

1回表、清水美苑(人2)が四球で出塁、盗塁に成功し1死二塁の好機を作るが後続が続かず無得点で終える。その裏、内野安打で出塁を許すが先発投手の岩﨑紗菜(人3)の安定した投球で無失点で終えた。

△清水

2回表でも三者凡退に打ち取られ攻守交代へ。その裏、まさかの二遊間への内野安打で出塁を許す。そこから連打を浴び、先制点を許した。

3回でも清水が右前安打で出塁するが、三振で後続が続かず。その裏でも右中間を抜ける安打を放たれ1点追加される。だが岩﨑の粘球により出塁を許すもののこれ以上の失点を増やさなかった。

△岩﨑

4回では新屋ひなた(人1)が内野安打で出塁するが打線がつながらず得点を得ることができない。5回表でも三者凡退に終わり、その裏またもや関大にピンチが訪れる。右越安打で三塁に進塁されると、続く2番打者の内野安打によりさらに1点追加。3点を追いかける苦しい展開となる。

△新屋

なんとしてでも得点を取りたい関大。先頭打者の清水が内野安打で出塁、盗塁に成功。後続が続かず2死二塁のピンチとなるが福嶋が左中間を抜ける適時打を放つと、清水がホームに帰還し、1点を追加した。

△村上

2点ビハインドで迎えた最終回。相手の堅実な守備で一気に2死となる。佐々木明莉(人4)が四球で出塁するが、チャンスをつなげずこの回も無得点。点差を埋めれず悔しい敗北となった。

2戦目を黒星で終えた関大女子ソフトボール部。だが秋季リーグは始まったばかり。一戦一戦をチーム全員で勝ちにいく。【文/写真:中山秋桜津】

Share this content:

コメントを送信