Loading Now
×

強豪2校に健闘するも、悔しい結果に

強豪2校に健闘するも、悔しい結果に

◇令和4年度関西秋季リーグ戦◇3日目対立命大・関学大◇9月4日◇京都市横大路運動公園体育館◇ 

【女子第1試合】
●関大1ー6立命大
[S1藤原●1ー3
[S2]佃●1ー3
[S3]石橋●1ー3
[W1]藤原・徳田●2ー3
[S4]徳田◯3ー0
[S5]黒田●0ー3
[S6]隅谷●0ー3

【女子第2試合】
●関大3ー4関学大
[S1]隅谷●0ー3
[S2]徳田●0ー3
[S3]石橋◯3ー1
[W1]藤原・徳田◯3ー2
[S4]藤原◯3ー1
[S5]黒田●1ー3
[S6]佃●0ー3

迎えたリーグ3日目。この日は立命大と関学大との試合が行われた。 

午前に行われた立命大との試合で、最初に登場したのは女子主将の藤原真由(人4)。第1ゲームは相手のペースから試合が始まったものの、球の速いラリーを制し、ネットにかかったボールの見極めからも得点につなげ、デュースを勝ち取った。続く第2ゲーム、第3ゲームは、終始相手のペースになりゲームを落とす。ゲームを奪いたいと挑んだ第4ゲーム。第2ゲーム、第3ゲームで調子を上げた相手のペースに飲まれ、ゲームを落とし、敗北した。 

△藤原

シングルス2人目は佃緒夏(情1)だ。第1ゲームは佃のペースで勝負が進んだ。点数が決まるたびに、笑顔で仲間と喜び合った。続く第2ゲームでは、終盤に相手に得点されると、相手のペースになり、連続で点数を与えてしまう。第3ゲームでは佃が連続得点するものの、球の速いラリーで相手に連続得点を許し、惜敗。第4ゲームは、終始相手のペースでゲームを落とした。 

△佃

続いて登場したの、石橋愛理(人2)。相手からのサイドラインぎりぎりのボールを取るなどし、第1ゲームを奪う。続く第2ゲーム、第3ゲームでは前半から、両者一歩も譲らない長いラリーが続いた。ネットに球がかかるなどしてゲームを奪うことはできなかったが、相手の手が出ない勢いのあるボールを見せた。 

△石橋

ダブルスには藤原・徳田明梨(人2)が出場。第1ゲームは2人のペースで試合が進み、大差をつけて圧勝したが、第2ゲーム、第3ゲームでは、ミスが目立ち相手に奪われた。第4ゲームでは、ラリーを制し、連続得点を得てゲームを奪い返した。最後の第5ゲームでは徳田の角を狙った球で得点。藤原の強い球で相手の手が出ないようなプレーを見せるなど、主将とエースの意地をみせるが惜しくも敗北した。 

△徳田(左)と藤原

シングルス4人目は徳田。相手を左右に動かすボールを打ち出し、相手を翻弄(ほんろう)した。バックハンドを使い分け、緩急ある球を打ち出し、第1ゲームから徳田の勢いのまま、ストレートで勝利した。 

△徳田

次に登場したのは黒田さくら(安全3)。第1ゲームは両者一歩も譲らない戦いが繰り広げられた。相手の足が動かないほどの高速な球を打ったが惜敗し、第2ゲームは相手の勢いに飲まれ惨敗。続く第3ゲームではあと一歩のところでデュースを相手に取られ、ストレート負けとなった。 

△黒田

最後に登場したのは隅谷夏実(人1)。競技中も仲間と顔を合わせ、笑顔でプレーした。強い球で攻めたが、惜しくもコートに入らなかった。終始相手のペースで試合が進み、ストレート負けとなった。 

△隅谷

午後に行われた関学大との試合で最初に登場したのは隅谷。相手のペースで試合が続き、終始厳しい展開となった。相手の速いボールを取るが、アウトとなり、点数には結びつかなかった。サーブで流れを作ったものの、相手の勢いは止められず、ストレート負けを喫した。 

△隅谷

シングルス2人目は徳田。台の角を狙うショットで得点を重ねた。一方で、ミスが目立ち相手に点数を与えてしまう。2つのゲームがデュースになる戦いを見せたが、ストレート負けとなり悔しい表情を見せた。

△徳田

シングルス3人目は石橋。シングルス1、2で関学大の流れとなった試合を関大の流れに変えようと奮闘した。第1ゲームは石橋の流れで試合が展開し、相手のサーブから強い球で返し、ゲームを奪う。第2ゲームは相手に奪われたが、第3ゲームでは接戦の末、勝利した。続く第4ゲームでは、バックハンドでの攻撃も決まり、点数を重ねた。終盤は相手に得点を取られたが、真剣なまなざしで最後まで戦い抜いた。勝利が決まると嬉しそうな笑顔を見せた。 

△石橋

ダブルスは藤原・徳田ペア。午前に行われた立命大よりもお互いが声を出し合い、戦い抜いた。第1ゲーム、第2ゲームは2人のペースでゲームが続くも、第3ゲームではミスが続き、相手にリードを許す。後半に巻き返そうとするものの、相手にゲームを奪われた。第4ゲームは、デュースになり、関学大にゲームを奪われるが、第5ゲームでは仲間からの大きな声援を受け、見事勝利した。激戦を制すと、応援する仲間も嬉しそうな表情を見せた。 

△徳田(左)と藤原

シングルス4人目は藤原。第1ゲーム、第2ゲームは、藤原のペースでゲームが進んだ。第3ゲームは相手の得点が連続して入り、苦しい展開に。追い上げを見せたものの、ゲームは奪われた。満足のいくプレーができずに悔しげな表情を見せたが、第4ゲームでは、台から離れたところまで飛んだ球を打ち返すなど、第3ゲームからの切り替えをみせた。最後まで攻めの姿勢で相手に強い球を打ち込み、快勝した。

△藤原

シングルス5人目は黒田だ。試合開始から速い球のラリーが続く。第2ゲームでは、速く直線的なラリーの打ち合いが続いたが、相手に得点を許した。積極的なプレーを見せるが敗北した。 

△黒田

この日最後に登場したのは佃。序盤に得点を重ねるも、後半は相手に点数を重ねられ、第1ゲームを落とした。続く第2ゲームでは、台の角を狙った攻撃を綺麗に決めるとガッツポーズを見せた。相手の攻めに顔を曇らせる場面もあったが、悔しさを反動に相手の球に食らいついた。第3ゲームでも相手の球に食らいつくラリーを見せたが相手の勢いを崩すことはできず、ストレート負けを喫した。 

△佃

惜しくも2校に勝つことはできなかったが、残りの試合に向けて前を向く。7日には龍大との試合が控えている。【文:村中望乃/写真:貴道ふみ】 

▼藤原女子主将 
「(今日の試合を振り返って)昨日よりもチームの雰囲気はすごくよかったと思います。あと少しだったと思うんですけど、来週も激戦になると思うのでしっかり切り替えて、できることをあと2日間で頑張ろうと思っています。(チームの雰囲気が良かったのは)昨日は、後半応援が小さくなったり、強い相手だったので勝負が決まってから応援などが小さくなっていたけど、今日は2試合最後までしっかり応援できていて、一人ずつの試合も最後まで出し切れてすごく良かったかなと思います。ダブルスは2人で打つので自分たちでしっかり2人でどうしたいのかを最後まで話し合えたのが良かったと思います。(次の試合に向けて)目標は4位なんですけど、まだこれから3勝したらわからないと思うので一戦一戦を大事にして最後まで全力で戦いたいと思います」 

Share this content:

コメントを送信