Loading Now
×

首位キープも悔しい引き分け

首位キープも悔しい引き分け

◇令和6年度関西六大学連盟春季リーグ戦第4節2回戦◇対神大◇3月31日◇関西学院大学第2フィールド

関 大 001 200 000=3
神 大 020 000 100=3

(関)竹下、伊藤ー福永
(神)村上、内田ー森

1(中)藤澤
2(指)佐竹
3(三)山﨑
4(右)木下
5(遊)福留
6(左)日高
7(一)今村
8(捕)福永
9(二)永村
先発 竹下

前回の試合で再び単独首位に立った関大準硬。リーグ優勝へ向け、負けられない一戦に臨んだ。2回に先制されるが、4回の攻撃で逆転。このまま勝利をつかみたいところだったが、7回に同点に追いつかれる。その後は両者ともに無得点。リーグ単独首位はキープしたものの、手痛い引き分けとなった。

初回は四球、死球、死球でさっそく無死満塁のチャンス。先制点を奪いたいところだったが、後続が倒れ無得点に終わる。その裏の守備は、竹下紘生(政策2)がテンポの良いピッチングで三者凡退に抑えた。

△竹下

スコアが動いたのは2回裏。安打と盗塁で1死一、三塁のピンチになると、打球を右前に運ばれ先制点を献上してしまう。続く打者の遊ゴロの間にさらに1点を追加され、0-2となった。

点差を縮めたい関大は3回表、佐竹俊哉(情1)の四球と木下立清(りゅうせい=人2)の右安打でチャンスを演出する。さらにボークで2死二、三塁になり、打席に立ったのは福留涼平(商3)。5球目を振り抜き、左適時打を放った。ここから一気に同点に追いつきたかったが、後続が倒れ1得点に終わる。

△福留

4回表は今村優真(経2)と福永翔太主将(社3)の安打などで、2回目の無死満塁のチャンスに。藤澤駿平(政策3)がフルカウントから冷静にボールを見極め、同点に追いつく。続く佐竹は2球目をセンターに打ち上げ、その間に三塁走者が生還。見事逆転に成功した。

△逆転に成功し、歓声を上げる

2回以降好投を続けていた竹下。しかし、7回に安打と暴投で1死二、三塁のピンチを背負い、同点に追いつかれてしまう。逆転を阻止したい関大は投手を伊藤脩太(社2)に変更。次打者に打球を中前に運ばれたが、ここは中堅・藤澤のバックホームで走者を刺し、追加点は許さない。

8・9回も反撃したいところだったが、あと1本が出ず。中盤以降はホームが遠いまま、悔しい引き分けとなった。

△古田
△伊藤

試合後、「今日の引き分けは手痛かった」と語った福永主将。しかし、リーグ単独首位の座は守り抜いた。最終節の関学大戦に勝利し、5年ぶりのリーグ制覇へ。関大準硬の負けられない戦いが続く。【文/写真:中吉由奈】

 

▽福永主将
「(試合を振り返って)やっぱり勝ち切れなかったというのが悔しいなと思います。(金曜の試合が中止になり、いつもと会場が違った)関学大のグラウンドを使わせてもらったのですが、相手が関学大という訳ではないので特別アウェーな感じはしませんでした。(途中で内野手を2人変更した)山﨑(大輔=商1)を変えた意図としては、バッティングの状態があまり良くなくて、それなら守備の良い古田(大輔=情3)で守り重視にしようかなという点で。永村(優吏=人2)を変えたのは、1死二塁の場面で回ってきたので、思い切って代打で使っていた松田(朋大=社2)を起用したという理由です。(最終節へ意気込み)自分自身今日の引き分けは痛いですし、チームの中でもそういう空気が若干漂っている気がするので、そこは明日の練習でしっかり払拭(ふっしょく)して、残り2戦取れるような準備をしっかりしたいと思います」

Share this content:

コメントを送信