Loading Now
×

2連勝で完全優勝達成

2連勝で完全優勝達成

◇令和5年度関西学生秋季リーグ戦第7節/対関学大2回戦/於・わかさスタジアム京都

関学大 000 000 010=1
関 大 200 041 00×=7

1(左)藤原太
2(中)三杉
3(捕)有馬
4(一)富山
5(右)岑
6(三)下井田
7(遊)山田
8(二)佐藤
9(投)米沢

昨日、優勝し迎えた2回戦。関大は、完全優勝をするべく挑んだ。打線がつながり、7得点を挙げて勝利。投げては、5人の投手リレーで関学大打線を1点に封じ込んだ。


早瀬万豊監督も将来性を期待する米沢友翔(人1)が初先発として登板。先頭打者を出しながらも、無失点に抑えた。1回裏、打線は有馬主将(商4)が四球で出塁。続く4番・富山雄正(情3)が初球を振り抜き、2点本塁打とし、関大が先制に成功する。3回から登板した山下健信(政策2)、足立幸(人2)、河野勇真(政策3)の投手リレーで関学大打線を抑えた。追加点を挙げたい関大は5回裏、猛攻を見せる。三杉彪真(人4)が先頭打者で出塁。有馬の中安打の間に好走塁を見せて一、三塁に。さらに、富山が四球を選び、満塁とする。打席には、岑幸之祐(社4)が中前適時打を放ち、追加点を奪う。その後、下井田悠人(経2)の適時打や山田悠平(商2)の打球は敵の失策を誘うなどこの回に一挙4得点を挙げる。さらに、6回にも下井田の犠飛で1点を追加して関学大を7-0と突き放した。8回から登板した岩井将吾(商3)は、簡単に2死までアウトカウントを重ねる。しかし、後続に四球と長打で1点を返された。9回は0で抑えて試合終了。第7節に2連勝して、関大は勝ち点5となり完全優勝を成し遂げた。

△米沢
△富山
△有馬


閉会式で金丸夢斗(文3)が最優秀選手賞、最優秀投手賞、投手のベストナインを獲得。有馬(捕手)、富山(一塁手)、下井田(三塁手)もベストナインを受賞した。関大は、11月4日に行われる関西選手権において明治神宮大会の切符を手にすべく戦いに挑む。【文/写真:永松愛】

Share this content:

コメントを送信