Loading Now
×

[REDGROW]セットプレー生かし4得点も、開幕初戦はドローに終わる

[REDGROW]セットプレー生かし4得点も、開幕初戦はドローに終わる

◇Iリーグ2022関西Bブロック第1節◇対大院大Ⅰ◇5月22日◇大阪学院大学第2グラウンド◇

【前半】関大REDGROW3-3大院大Ⅰ
【後半】関大REDGROW1ー1大院大Ⅰ
【試合終了】関大REDGROW4ー4大院大Ⅰ

GK  山田和
DF  石原、山内、宮島、吉本
MF  下村、松名、前田篤、山口
FW  松村、山本拳

週末全勝を目指すサッカー部は、FC、TOP、なでしこに続きIリーグも開幕を迎えた。Iリーグ初戦はREDGROW。試合は関大が先制したものの、前半終了間際に同点に追いつかれてしまう。後半に相手の4得点目で初めて勝ち越しを許したものの、MF岡村真波人(政策2)の同点弾で追いつきドローで試合を終えた。

△DF山内
△DF石原
△GK山田和

開幕先制弾はMF山口隼矢(シス理2)。開始6分にDF吉本武(情3)、MF下村哲平(政策2)とつなぐと、DF吉本のシュートからコーナーキック(CK)を獲得した。こぼれたところをMF山口が押し込み、そのまま先制ゴールとなった。

△MF山口
△DF吉本

その後は、MF松名大輝(法1)やMF前田篤志(法4)が左サイドで展開。相手のカウンターを受ける場面もあったが、TOPチームでベンチ入りしているルーキーGK山田和季(社1)がしっかりセーブ。1点リードで試合を進めた。

△MF松名
△MF前田篤

しかし、前半23分にCKを頭で合わせられ、失点。同点にされると一進一退の攻防に。関大は今度はフリーキック(FK)のチャンスを生かし、FW松村幸哉(シス理2)からFW山本拳士(商2)へのマイナスパスが通ると、再び勝ち越し。直後もDF石原巨雅(情1)のドリブルからFW松村がシュートを放ったがGKにキャッチされてしまう。追加点を奪ってから2分後に中央を突破され2ー2に。

△FW松村
△FW山本拳

前半のうちにリードしておきたい関大。DF山内勇利(経4)を中心に相手の攻撃をしのぐと、前半38分に再びスコアが動いた。右サイドを崩すと、最後はFW山本拳。自身この日2得点目を決めた。だが、アディショナルタイムに相手にも決められ、同点に追いつかれて試合を折り返した。

後半は、MF前田篤や、交代で入ったDF坂上司(政策2)、MF岡村が積極的にゴールを狙い、何度かいい形を作ったものの追加点を奪うことはできない。すると後半38分、相手の猛攻に耐えきれず、後半最初の得点を譲った。

△MF下村

残り7分。なんとか同点に追いつきたい関大はDF吉本に代え、FW神田拓海(法2)を投入に攻撃に集中した。後半終了間際にFW神田がボールを前線へ持ち運ぶと、CKを獲得。セカンドボールを後ろにいたMF岡村が押し込み、劇的同点弾となった。

△MF岡村

アディショナルタイムにも左サイドからボールをつなぐと、FW原田竣矢(社4)が前線でボールをキープ。MF大平武人(文4)が前を向いたものの、シュートは打てないまま試合終了となった。

△MF大平
△DF宮島清次(法4)

練習してきたセットプレーからゴールを奪い、4得点と攻撃力を発揮。しかし、難しい時間帯での失点が響き、開幕初戦はドローに終わった。リーグ上位進出、そして週末全勝へ、攻守ともに磨きをかける。【文:牧野文音/写真:牧野文音・稲垣寛太】

Share this content:

コメントを送信