いまロード中
×

秋季リーグ終幕、2勝5敗で1部残留!

秋季リーグ終幕、2勝5敗で1部残留!

◇令和5年度関西学生秋季リーグ戦◇6日目◇対龍大◇9月7日◇ベイコム総合体育館◇

●関大2-5龍大

[S1]榎●1-3
[S2]石橋●1-3
[S3]徳田○3-0
[W1]徳田・藤原●2-3
[S4]佃●0-3
[S5]黒田●0-3
[S6]藤原○3-1

6日間に渡って開催された秋季リーグ戦も最終日を迎えた。個々が粘り強く闘い抜くも、2-5で黒星となった。秋季リーグ戦は2勝5敗となり、入れ替え戦なしで1部残留を決めた。

トップバッターは榎花恋(人1)。第1ゲームは強烈なフォアドライブで8連続得点。徐々に差を詰められるが焦ることなく攻撃し、第1ゲームを取る。第2ゲームは相手の流れにのまれ、思うようにプレーが展開できない。第3ゲームは長いラリーを制すなど6連続得点で逆転。しかし、ドライブのオーバーミスが続き、相手に取られてしまう。第4ゲームは相手が先にゲームポイントに。そこから3連続ポイントで粘りを見せたが、敗北を喫した。

2番手は石橋愛理(人3)。第1ゲームは相手の勢いにのみ込まれ、思うように攻撃を展開することができない。第2ゲームはバックのラリーを制すなど両者譲らぬ展開へ。先にゲームポイントを握られてしまい、ゲームカウント0-2になってしまう。第3ゲームは序盤から4連続得点と勢いに乗り、11-6でこのセットを制す。第4ゲームは相手の攻撃に押され、タイムを要求。しかし、流れは変わらず敗北。

3番手はエースの徳田明梨(人3)。第1、第2ゲームはサービスエースで得点するなど、相手を翻弄(ほんろう)。第3ゲームも攻撃の手を緩めず、ストレート勝ちを収めた。

Δ徳田
△徳田

折り返しとなるダブルスには、徳田と藤原優(商1)ペアが出場。第1ゲームは息の合ったプレーで4連続得点。一時は最大7点差をつけ、このゲームを取る。第2ゲーム序盤はリードしていたが、相手に追いつかれデュースにもつれ込まれる。両者一歩も引かない互角の戦いに。しかしラリーに打ち負け、16-17で落としてしまう。第3ゲームは長いラリーが続くが、3連続得点などでゲームカウント2-1に。第4ゲームは序盤はリードした展開で試合を進めていたが、終盤にミスが続き、取られてしまう。運命の最終ゲームへ。先にマッチポイントを握るが、相手が粘りを見せてデュースにもつれ込まれる。しかし粘り切れず、惜しくも敗北となった。

Δ藤原(左)と徳田
△藤原(左)と徳田

シングルスの佃緒夏(情2)と黒田さくら(安全4)が同時にコートイン。佃は第1ゲーム、同点が続いたが相手の連続得点で取られる。第2、第3ゲームは相手の流れを止めることができず敗北を喫した。

黒田はカットマンと対戦した。第1ゲームは相手を前後に動かし、長いラリーを制すなどリードした展開だったが、デュースに持ち込まれ惜しくも落としてしまう。第2、第3ゲームはスマッシュを連発するが、ドライブのオーバーミスが続き僅差でストレート負けとなった。

Δ黒田
△黒田

最後は藤原。第1ゲームは相手を寄せつけず、大差をつけた。第2ゲームは相手有利で試合が進むが、サービスエースを取るなど粘りを見せるも落としてしまう。第3、第4ゲームは相手を左右に揺さぶり、強烈なバックハンドで得点を挙げ、勝利をつかんだ。

Δ藤原
△藤原

これにて6日間開催された秋季リーグは1部5位で閉幕した。黒田は今大会をもって引退。新世代で更なる飛躍を遂げる。【文:井藤佳奈/写真:貴道ふみ】

▼黒田主将
「(秋季リーグ戦を振り返って)目標は春季リーグ6位だったので6位以上3位以内に入る、とみんなで決めてやってきました。今回は5位で春季リーグより順位が上がったが、あと一歩勝たなければいけない時に力が発揮できないのがみんなそれぞれあり、全体としてはそれが課題です。それぞれ春季リーグでできなかったことが秋季リーグでできるようになっていて、みんなで成長はできているので、あと少し大事な時に1本取れる力さえつけることができると、来年の春は目標を達成できると感じているので良かったと思います。(後輩へのメッセージは)関大はみんな仲も良いし、普段の練習から仲良いときは仲良いが練習や試合になると、お互い高められるような闘争心みたいなものを1人1人が持っており、すごい良いチームだと思うので、そのままそれは引き続いてほしい。やはり上のチームに勝つには1本ミスした時にどうしたら良いかを、もう少し考えて自分に厳しくやってほしいです。でもやはり楽しく卓球するというのが部のモットーなので、それもやりつつ自分にもう少し厳しく頑張ってほしい、春リーグではさらに良い結果になってほしいです」

Share this content:

コメントを送信