Loading Now
×

因縁の関関戦、試合巧者ぶり見せられ逆転負け

因縁の関関戦、試合巧者ぶり見せられ逆転負け

◇第47回総合関関戦前哨戦◇対関学大◇5月26日◇於・MKタクシーフィールドエキスポ

【第1Q】関大0-0関学大
【第2Q】関大6-0関学大
【第3Q】関大0-7関学大
【第4Q】関大9-10関学大
【試合終了】関大15-17関学大

アメフト界で大学日本一を目指す以上、避けて通れない相手、それが関学大だ。現在甲子園ボウル6連覇中の絶対王者。その試合巧者ぶりで関大にとっても宿敵であると同時に、追いかける背中でもあった。そんな相手に昨年は春、秋ともに逆転勝利。いつしか遠い存在ではなく、倒さなくてはならない相手になっていた。迎えた関関戦も先制し主導権を握ったのは関大。3本のフィールドゴール(FG)を集め、リードを奪う。しかし、徐々にミスから流れを奪われ、最終第4クオーター(Q)に逆転を許しそのまま敗戦。3季連続そして関関戦前哨戦としての勝利とはならなかった。

△プレー前の選手たち

第1Q、関学大のレシーブから試合は開始。相手のランプレーに対して、関大OLが奮闘し、ゲインを簡単に許さず得点は与えない。対する関大のファーストドライブは、開幕戦4タッチダウン(TD)を挙げたRB大野木陸人(人4)のランプレーでファーストダウンを奪うものの、思うような攻撃を展開できず。P金森陽太朗(社4)の好パントキックで陣地を回復した。その後両者は堅い守りでパスプレーを通させず。関大はLB東駿宏(人2)のタックルでロスを誘うなど、ディフェンス陣の踏ん張りが目立った。

第2Q、いよいよ試合が動く。関大はQB須田啓太主将(文4)からWR溝口駿斗(商4)、RB前川礼男(経2)へのパスで立て続けにファーストダウンを獲得。FG圏内まで攻め込むと、最後はK佐々木之太朗(商2)が38㍎のFGで先制点をもたらした。

△K佐々木

直後の関学大のドライブでも、DLが決死の踏ん張りで耐え抜くと、LB橋本幸樹(経2)のタックルも光り無失点。流れをつかむと、オフェンスではRB前川のギャンブルランも決まるなど着実にゲインする。最後は再びK佐々木がFGを沈め、6点のリードを奪った。

勝負の後半、第3Qに入っても、OL、DLの輝きは止まらない。ディフェンスではDL森本祥希(文4)のQBサック、オフェンスではOL乾優真(情2)のパスプロテクトが光り、関大を支える。しかし、終始関大ペースで進み、ダメ押し点を奪いたい中、次にスコアを動かしたのは関学大だった。陣地回復を果たせず、自陣15㍎からの攻撃を受ける。セカンドダウンまでなんとか止めたものの、最後は左サイドを抜けられTD。逆転を許す。

このままでは終われない関大。失いかけた流れを取り戻したのは4年生コンビだった。QB須田からWR岡本圭介(文4)へ2本のパスを通し、一気に相手陣内へ侵入。RB前川のランプレーも絡め、逆転の好機を伺う。TDとはならなかったものの、みたびK佐々木がFGを決め、9ー7とした。

△WR岡本

互いのプライドがぶつかり合う中、最終第4Q。関大はDL津田悠空(環都2)のQBサックが決まり、関学大オフェンスの流れを止める。しかしサードダウンを確実に仕留められ、4度ファーストダウンを更新されると、第4Q7分のところでFGによる失点。再び逆転を許すと、直後の関大のドライブではインターセプトにより攻撃権を失う。相手に再びTDを取られ、8点のリードを奪われた。

残された時間は1分少々。QB須田からWR岡本がロングパスを通し、なんとか首の皮一枚つなぐと、残り8秒のところでWR吉識立海(社3)がTD。2点差に迫ると、さらに2ポイントコンバージョンで同点を狙う。QB須田から再びターゲットはWR吉識。右サイドに流れながらキャッチを試みたが、ディフェンスに阻まれ万事休す。最後は時間を使われ試合終了のホイッスルが鳴り響いた。

△TD後喜ぶ選手たち

終始主導権を握りながらも、終盤に逆転を許し敗れた関大。そこに体格や技術の大きな差はなかった。1プレーに対する執念、精度の部分が宿敵との2点差に現れた。しかし、落胆する選手の姿はない。「秋、関学大に勝って日本一」。ぼんやりと描いていた理想が、本気で実現させるべき姿となった。一夏を超え、技術も精神的にも大きくなったKAISERSが今年、王者の座を奪いにかかる。【文:稲垣寛太/写真:早川莉央、藤原美鈴】

QB須田

Share this content:

コメントを送信