いまロード中
×

京産大に敗北、開幕3連敗

京産大に敗北、開幕3連敗

◇令和5年度関西学生春季リーグ戦◇第3日目◇対京産大◇5月4日◇YMITアリーナ◇

●関大2ー5京産大
[S1]窪●0ー3
[S2]津村優◯3ー0
[S3]津村真●1ー3
[W1]津村優・人見●1ー3
[S4]人見◯WーL
[S5]西村天●1ー3
[S6]園家●0ー3

2連敗で迎えた3戦目。リーグ上位を目指すため、必ず勝ちたい試合だ。対戦相手は昨秋リーグで1部昇格を果たした京産大。

トップバッターは窪優世(情4)だ。第1ゲームでは、8点までは取っては取られる拮抗(きっこう)した試合を展開。ここから2点を許し、相手のゲームポイントに。2連続得点でデュースに持ち込むと、タイムを要求。またしても11点で同点になるが、タイムをうまく生かすことができず11ー13でゲームを落とす。第2、第3ゲームでは、流れに乗った相手を止められずストレート負けとなった。

△窪

シングルス2人目はエースの津村優斗(社4)。第1ゲームは先制点を与えたものの、危なげなく勝利した。第2ゲームでも、津村優が主導権を握ったかのように思われたが、ミスが続き一進一退の攻防が繰り広げられる。空振りで決着が付き、11ー13でこのゲームを奪われた。1分間のゲーム間で気持ちを切り替えたのか、第3ゲームでは8連続得点と相手を圧倒する。10ー9まで追い上げを見せられたが、デュースには持ち込ませず逃げ切ることに成功。第4ゲームもゲームを取り切り、チームに弾みをつけた。

△津村優

津村優に続き、津村真斗(社1)が登場。第1ゲームでは相手にリードされていたが、8点で同点に持ち込む。しかしそこから1点も奪うことができず、第1ゲームを落とした。第2ゲームは大幅に引き離され、差を埋めることができないまま第3ゲームへ。負けたら後がない第3ゲーム。互角の戦いを制し11ー9で勝利し、次の試合につなげる粘りを見せた。第4ゲームは差をつけられて敗北となった。

△津村真

津村・人見航希(社2)ペアのダブルス。第1ゲームは7点の大差をつけられてゲームを奪われる。第2ゲームでも後を追う展開が続く。何度も長いラリーになるが、デュースの末に負けとなった。なんとしても奪い返したい第3ゲームは、デュースにもつれ込んだが、リードを守り切った。第4ゲームでも順調にゲームを進めていたが、逆転を許し8ー9でタイムを要求。タイム後も相手の流れを止めることができず、1点も返せないまま、まさかの負けとなった。

△人見(左)と津村優

人見と西村天翔(情1)が同時にコートイン。人見の第1ゲーム、主導権はどっちつかずの状態に。わずかにリードを許していたが、12ー10のデュースで逆転勝利。第1ゲームを終えたところで、相手が棄権したため不戦勝となった。

△人見

西村天は、第1、第2ゲームを落としたものの、ゲームを重ねるごとに僅差に迫る。第3ゲームは、5点差をつけた余裕を見せながら第4ゲームへとつなげた。第4ゲームでは何度も同点になる状態を繰り返す。先にゲームポイントになったのは西村天だったが、2連続得点を許し、10ー10でデュースへ。ここで西村天はタイムを要求。タイム後先に得点したが、ネットミスや空振りで12ー14で惜しくも負けとなった。試合後は悔しそうな表情を浮かべていた。

△西村天

最後を任されたのは主将の園家凌太(シス理4)。全ゲームを通して、同点を繰り返す苦しい展開が続く。僅差での敗北が重なり、ストレート負けを喫した。

△園家

2勝5敗で開幕3連敗となった男子。津村真と西村天も1ゲームを奪うなど粘りを見せる。翌日は2試合控えている。次戦こそ勝利をつかむ。【文/写真:貴道ふみ】

Share this content:

コメントを送信