いまロード中
×

[FC2008]今季開幕戦となった大阪選手権は悔しい黒星に

[FC2008]今季開幕戦となった大阪選手権は悔しい黒星に

◇第28回大阪選手権大会1回戦◇対大院大◇4月1日◇JーGREEN堺◇

【前半】関大FC1ー0大院大
【後半】関大FC0ー1大院大

【延長前半】関大FC0ー1大院大

【延長後半】関大FC1ー1大院大
【試合終了】関大FC2ー3大院大

GK 難波
DF 黒田、中島康、宮武、石原
MF 岡村、松名、五嶋、大渕
FW 山本、河岡

関大FC2008(FC)の今季開幕戦となった大阪選手権1回戦。相手は関西学生リーグ1部に所属する大院大となった。試合はFCが幸先良く先制点を奪いリードで折り返すも、後半追いつかれ延長にもつれる。延長前半にPKを決められ、ビハインドで延長後半を迎えたが、土壇場で力を発揮し、同点。劇的な展開となった。しかし、PK戦突入かと思われた延長後半15分にCKをそのまま決められて2-3。最後まで粘りを見せたが、惜しくも敗戦を喫した。

大学予選を勝ち抜き、勢いに乗る大院大。攻撃を受ける場面も多々あったが、DF中島康裕(経3)、DF宮武隼人(社4)の2センターバックを中心に決定機は作らせない。守備からリズムを作ると前半17分。連動した攻撃でDF石原巨雅(情2)、FW河岡輝星(経4)、MF大渕颯太(法2)とつなぎ、最後はMF松名大輝(法2)が豪快なシュートをゴールに突き刺して先制に成功した。

△DF宮武
△DF石原
△MF五嶋亮太(安全2)

だが、後半に入ると相手も攻撃の手を強め、やや劣勢に。左サイドを崩され、同点に追いつかれた。それでも、GK難波晴貴(法2)が安定したセービングでそれ以上の失点は許さない。同点のまま90分が経過し、延長戦へと突入した。

△MF大渕
△MF松名

先に1点を取りたい展開だが、延長前半序盤にハンドでPKを献上。これを確実に決められ、厳しい流れに。それでも、延長後半に入ると序盤から攻勢を仕かける。DF黒田翔太(社4)のミドルシュートなどで勢いを取り戻すと延長後半8分。DF中島康がCKに直接合わせ、土壇場で同点に追いついた。しかし、最後はCKから直接決められ一歩及ばず。今季最初の公式戦は悔しい黒星スタートとなった。

△FW打越彪乃介(経4)
△DF中島康
△DF黒田
△得点後

FCの天皇杯出場権をかけた戦いはここで終了。TOPチームとともに準決勝へ進出することはかなわぬ夢となった。次週からは関西リーグが開幕。今回得た収穫と課題を生かし、リーグでの優勝を目指す。【文:大森一毅/写真:大森一毅・稲垣寛太】

Share this content:

コメントを送信