いまロード中
×

まさかのサヨナラ本塁打で無念の黒星発進。

まさかのサヨナラ本塁打で無念の黒星発進。

◇令和5年度関西学生野球春季リーグ戦第1節◇対京大1回戦◇4月1日◇わかさスタジアム京都◇

関 大 002 010 020=5
京 大 010 003 002x=6

(関)金丸、河野、茶谷ー有馬

(京)水江、染川ー水野

1(一)岑
2(中)中井颯
3(遊)髙田幸
4(捕)有馬
5(三)富山
6(右)藤原太
7(二)佐藤
8(左)田中大
9(投)金丸

開会式が行われた直後の開幕試合で関大は京大と対戦。 まさかの幕切れだった。1点リードの9回裏。相手の1番打者にサヨナラ2点本塁打を許し逆転負けを喫した。

△開会式

試合が動いたのは2回裏。先発の金丸夢斗(文3)が2連打を浴び、先制を許す。

△金丸

しかし、関大も黙ってはいない。先制された直後の3回表の攻撃。2死二塁の場面、岑幸之祐(社4)の適時内野安打で同点に追いつく。続く中井颯良(政策4)が逆方向へ勝ち越しの適時2塁打を放ち、2-1とした。

△中井颯

5回表の関大の攻撃では、先頭打者の佐藤慶志朗(経3)が右中間への三塁打で出塁。さらに岑が左前適時打を放ち追加点を奪う。

△佐藤
△岑

しかし、6回裏に金丸がピンチを背負う。二者連続で三振を奪うも、3つ目のアウトが遠い。相手の4番打者に安打を浴び、さらには四球と2連打で3失点。3-4と逆転を許した。金丸はここで降板し、マウンドを河野勇真(政策3)に譲った。最初の打者に対し四球を与えたが、続く打者には三振に打ち取り、ピンチを脱出し窮地を救う。

△河野

1点を追いかける7回表。先頭打者の佐藤が四球を選び出塁するも後続が倒れ、無得点に終わる。その裏、マウンドには茶谷哲兵(経4)があがった。先頭打者に出塁を許すも、続く打者を併殺打に抑え無失点に切り抜ける。

△茶谷

8回表の関大の攻撃は、中井颯が四球で出塁。髙田幸汰(商4)は浅いフライを打ちあげるが相手捕手が落球し、無死一、三塁のチャンスを作った。有馬諒(商4)の中犠飛で1点を返す。藤原太郎(法3)のニゴロの間に三塁走者の髙田が生還し2度目の逆転に成功した。

△有馬

△藤原

1点リードの9回裏。関大はなんとか守り切りたいところだ。先頭打者の出塁を許し、1死一塁の場面。相手の1番打者が放った大飛球はそのままライトスタンドへ。関大ナインはその場に立ちすくんだ。無念のサヨナラ負けだった。

△佐藤(手前)と三杉彪真(人4)
△茶谷
△有馬

試合後、有馬主将は「全員がやってやろうという気持ちをもっていたが、気持ちとは裏腹に体がついてこなかった。5点は取ったものの、OP戦で取り組んできた形での点の取り方ができなかった」と冷静に振り返った。この試合で関大が得点したのは、3、5、8の3回のみ。そのうちの2回が7番打者・佐藤の出塁から生まれた得点だ。OP戦では、特に1・2番で好機を作り中軸で走者を返すケースが多く見られた。しかし、今日の試合で上位打線からの攻撃で点数を重ねたのは8回の攻撃のみ。さらには、中軸が無安打に終わる結果となってしまった。「OP戦での得点の形ができていれば、もう少し点数がれていたのかな」と有馬主将。しかし、下位打線から上位打線につないで点数を取るという新しい道がこの試合で開けた。それは攻撃力を上げる点において、プラス材料である。収穫も課題も見つかったこの試合。春リーグ優勝へ向けて、2回戦の勝利は必須事項だ。明日から勝ち点奪取へ向けて負けられない試合が続く。【文:永松愛/写真:𠮷村虎太郎】

Share this content:

コメントを送信