Loading Now
×

投手戦で決め手を欠き引き分ける

投手戦で決め手を欠き引き分ける

令和5年度関西六大学連盟秋季リーグ戦第4節2回戦◇対同大◇10月13日◇わかさスタジアム京都◇

同 大 000 000 000=0
関 大 000 000 000=0

(同)谷本、中川―織田
(関)伊藤、葭安―福永

1(中)藤澤
2(左)日高
3(遊)福留
4(右)木下
5(一)橋本
6(指)中野
7(二)西田
8(捕)福永
9(三)古田
先発 伊藤

前日の試合で同大に勝利し、勢いに乗る福永翔太主将(社3)率いる準硬式野球部。この試合も勝利し借金を完済したいところだったが、投手戦で相手投手陣を攻略できず引き分けに終わった。

先発の伊藤脩太(社2)は1回、8球で3者凡退に抑える。2回は先頭打者を四球で出すも、続く打者の犠打を二塁で刺し進塁を許さなかった。

△伊藤

続く3回は初の安打を浴び一塁に走者を背負う。それでも牽制で刺し、進塁を許さなかった。4回には2死満塁、5回には1死三塁のピンチを招く。それでも要所は締める投球で失点は許さず、5回を無失点に抑えた。

△牽制でアウトにした一塁手・橋本昴来(安全2)

6回からは2番手の葭安凌(化生2)が登板。6回は3者凡退に抑えるも、7回は1死一、二塁のピンチを招く。それでも後続を遊ゴロ、二飛に抑え、失点は許さなかった。

△葭安

2イニングの登板を予定した葭安は8、9回も続投。8回は先頭打者に安打を浴びるも、続く打者を併殺に抑えた。9回は2つの四球で1死一、二塁のピンチを招く。続く打者に右方向へ鋭い当たりを浴びるも、右翼手の木下立清(りゅうせい=人2)が飛びつきアウトにした。続く打者も左飛に抑え、伊藤と葭安の2人で9回を0点で抑える。

△木下

2人の好投に報いたい打線だったが、8回まで2安打に封じ込まれていた。9回、1死から福留涼平(商3)が安打で出塁する。だが、この走者を行かせず無得点に終わり、規定により9回引き分けとなった。

△福留

4節までを終えて、3勝4敗1分の4位につける福永準硬。最終節では2位の関学大と対峙(たいじ)する。関学大は優勝に向けて、必死に連勝を狙うはずだ。その意気を跳ね返し、更なる上位を狙いたい。【文:𠮷村虎太郎/写真:櫻田真宙】

▽福永主将
「(試合を振り返って)投手中心に守りでリズムを作って、攻撃に繋げる試合運びができていたんですけど、勝負どころであと1本が出ずに引き分けという結果なので、素直に悔しいです。(投手陣の評価)伊藤は主に中継に回ってもらってもらっていたのですが、同志社は機動力があって、クイックや牽制の上手い投手を頭にしたいなというのがあって、伊藤を先発に起用して、思っていた以上に結果を出してくれたと思います。(9回の葭安続投)葭安は元々2イニングの予定で、あと2イニングを森本にしようと思っていたのですが、葭安の状態と相手の打線の状態をみて続投しようと思いました。(9回にマウンドに集まった際何を話していたか)同志社の中で一番良いバッターが打席で、昨日に結構打たれていたのですが今日は完璧に抑えられていたので、この打者で勝負やなっていう話と、ここ切ったら絶対に攻撃につながるからと話していました。(次に向けて)関学もいいチームですが、それ以上に負けない馬力とか根性を出したいと思います」

▽伊藤
「(試合を振り返って)勝てていないので喜べないですが、0点で抑えられたので良かったと思います。(バント処理について)たくさん練習していて、練習の成果が出ましたね。(5イニングは予定通りか)最初は3イニングぐらいの予定でしたが伸ばしました。(次に向けて)来週でリーグ戦も終わるので、優勝は厳しいかもしれないですが、内容のある、春リーグにつながる投球と、チームについても春につながる試合ができたらいいなと思います」

Share this content:

コメントを送信