Loading Now
×

強豪に敵わず黒星

強豪に敵わず黒星

◇2023年度関西学生春季リーグ戦◇5月14日◇対天理大◇於・親里ホッケー場◇

[第1Q]関大0ー5天理大
[第2Q]関大0ー3天理大
[第3Q]関大0ー1天理大
[第4Q]関大0ー3天理大
[試合終了]関大0ー12天理大

昨年の秋リーグ首位の天理大と相まみえた。第1クオーター(Q)で5点を決められ、試合は厳しい始まりとなった。相手の的確な好守に苦しんだが、後半戦は関大が敵陣でプレーする時間が増える。ゴール付近までボールを運ぶことができたものの、シュートには結びつかず。強豪相手に苦しい敗戦となった。

試合開始直後、相手の巧みなパスを防ぎきることができずに先制を許してしまう。その後、相手にゴール付近までボールを運ばれてしまったが、FB杉本逸綺(商4)が仲間のミスをカバー。FB森優吉(商3)がパスカットから敵陣に攻め込むが、ここは相手に止められてしまった。その後、相手にペナルティーコーナーを与えてしまう。ここはGK池田風雅(文2)が止めた。試合時間が半分を過ぎたころ関大にシュートチャンスが訪れる。MF紀野来音主将(人4)がゴール付近で攻める。ここは相手2人に止められてしまった。第1Q残り5分、MF川崎陽奈太(経1)、FB森、MF森川瑶(人4)で攻め込んだものの、相手に止めれられてしまう。その後もFB森が相手のシュートを遮るプレーや、GK池田のナイスセーブもあったが相手に点を重ねられ、5点差をつけられてしまった。

△FB森
△GK池田
△MF中川

得点したい関大。FB斎藤優(環都4)がディフェンスで相手止めるものの、相手の勢いに押されてしまう。第2Q開始5分で関大に勢いが。FB甲斐心之介(人4)、MF中川樹(商1)がパスをつなぎ攻める。FB和田陽向(人2)のスクープがFW釘崎響(外4)に通るなどのプレーを見せた。しかし、後半には相手にPKを与え、相手に決められてしまう。残り5分で相手が追加点。8点差で後半戦へ。

△FB甲斐
△FB釘崎
△FB和田

迎えた第3Q。「切り替えていこう」と声を掛け合い試合再開。MF中川が相手につき、攻撃を抑えるなど、相手にくらいついていく。MF森川が相手を翻弄(ほんろう)させるドリブルで攻撃を仕掛け敵陣でのプレー時間が増える。しかし、シュートまでつなげることはできず。残り3分を切ったところで相手が2度シュートを放つがGK池田が止めきった。

△MF森川

最終Q。試合開始から5分が立たないうちにMF紀野主将がゴール付近でボールを保持するも、相手のディフェンスを打破することはできなかった。その後は、FB杉本がシュートを止め、FB甲斐が相手のボールを奪うなど攻めの姿勢を崩さなかった。残り3分。相手にペナルティストロークを与えてしまい点を追加される。残り1分で関大がボールを手にし果敢に攻めたが決め切ることはできなかった。強豪相手にくらいついたが12点差の大敗となった。

△MF紀野主将
△FB杉本

どちらかに大きく形成が傾いたわけではなかったが、格上相手に点を決め切ることができなかった今試合。来週には聖泉大との一戦が控えている。今試合での反省点を改善し、勝利を目指す。【文:村中望乃/写真:西村果凜】

Share this content:

コメントを送信