いまロード中
×

快勝で2回戦進出!

快勝で2回戦進出!

◇第96回日本学生氷上競技選手権大会◇1回戦◇12月25日◇対神奈川大◇於・FLAT HACHINOHE◇

[第1P]関大4―1神奈川大
[第2P]関大9―0神奈川大
[第3P]関大5―0神奈川大
[試合終了]〇関大18―1神奈川大

関西16連覇を達成し、全日本選手権大会では12大会ぶりの2回戦進出を果たしたアイスホッケー部。近年遠ざかっているベスト4の座を目指し、今季最後の大会となるインカレへ臨む。

 

FW神山太一(人3)のフェースオフで試合開始。第1ピリオド(P)開始直後、FW嶋野瑛心主将(文4)が相手選手と激しく接触した隙に、パックを自陣に運ばれる。そのまま43秒にゴールを浴び、先制を許すまさかの立ち上がりとなった。しかし3分、関大のキルプレー(数的不利な状況)終了後、敵陣ゴール前でのフェースオフを迎える。FW岸上樂(情2)からパックを受け取ったFW根本慎太郎(情4)がゴールを決め、同点に追いついた。

△FW根本

DF熊谷天智(情3)やDF小嶌翔大(情3)らディフェンス陣も積極的にシュートを放ち、追加点を狙っていく。残り5分の間にFW嶋野主将、FW山根早加(社3)、FW岸上が立て続けに得点。3点リードで第2Pへ向かう。

△FW山根

第2Pも終始関大ペースで試合が進む。3分、FW髙秀稜(社3)のゴールを皮切りに9得点とした。FW中植圭太(経4)は2分間に2本のゴールを沈める。その後FW山根、FW髙秀、FW嶋野主将がこの日2得点目を決めた。13分FW神山、14分DF熊谷、17分DF小嶌のゴールでさらに3点を追加。猛攻で相手を突き放した。

△FW中植

第3Pも攻撃の手を緩めない。3分にはFW山根が得点し、ハットトリックを達成。FW神山が2本目のゴールを決めたほか、FW高橋柊伍(人1)、FW相馬嵩士(社1)、DF三浦大和(政策1)ら3人のルーキーも得点。このPから出場したGK山北光稀(情1)もゴールを守り切り、試合終了となった。

△DF三浦

試合開始直後に失点したものの、その後は流れを渡さなかった。2回戦では専大と対戦。まずは専大に勝利しベスト8入りを決め、全国4強への挑戦権を得る。【文/写真:島田采奈】

Share this content:

コメントを送信