いまロード中
×

小山・瀬藤ペアが3回戦へ駒を進めた!

小山・瀬藤ペアが3回戦へ駒を進めた!

◇令和5年度関西学生バドミントン新人戦大会◇男子シングルスA、男子ダブルスA、女子シングルスA、女子ダブルスA◇11月18日◇立命館大学いばらキャンパス

[男子シングルス]
【3回戦】
●瀬藤0(16-21 12-21)2大西(大体大)
◯小山2(17-21 21-17 21-14)1下陸(甲南大)

【4回戦】
●小山1(14-21 21-17 11-21)2萩原(龍谷大)

[男子ダブルス]
【1回戦】
○小山・瀬藤(棄権勝ち)沼田・細川(大大大)
◯砂原・福井1(14-21 21-15 21-16)1高島・多々良(大国大)

【2回戦】
○小山・瀬藤2(21-15 14-21 21-18)1関口・萩原(龍谷大)
●砂原・福井0(13-21 11-21)2中嶋・安川(甲南大)

[女子シングルス]
【1回戦】
●松岡0(15-21 12-21)2小野(甲南大)
●土田0(16-21 9-21)2大塚(武庫女大)
●井上1(21-15 11-21 10-21)2林(園女大)
●山根紗0(17-21 12-21)2中野(京産大)

【2回戦】
◯山田2(21-8 21-10)0桑田(近大)
●藤川0(2-21 10-21)2尾形(同大)
●内海0(14-21 13-21)2山城(京産大)
◯松本2(21-18 24-22)0梶原(大経大)
●石井1(21-16 15-21 12-21)2坪内(龍谷大)

【3回戦】
●山田0(16-21 10-21)2近藤(羽衣大)
●松本1(21-19 13-21 17-21)2工藤(立命大)

[女子ダブルス]
【3回戦】
●内海・山田0(11-21 15-21)2大股・野上(大国大)

新人戦3日目となる本日。シングルスには11選手、ダブルスには3組が出場した。各々が奮闘する中、男子シングルスに出場した小山志月(文2)は4回戦に進出。互いに接戦を繰り広げるも、勝利まであと一歩届かなかった。小山・瀬藤智史(政策1)ペアは男子ダブルス2回戦で龍谷大と対戦。序盤は相手の攻撃に苦戦するも、流れを手繰り寄せ、3回戦進出を決めた。

初めに女子シングルスA1回戦が行われた。まず、登場したのは松岡茉穂(政策2)だ。相手に揺さ振りをかける攻撃で試合を展開。しかし、相手に流れをつかまれ、第1セットを落とす。第2セットは松岡が先制すると、互いに拮抗(きっこう)した状態が続く。スマッシュと緩急つける攻撃で戦いを続けるも、徐々に差を広げられる。最後は相手のスマッシュを返せず、敗北を喫した。続く井上和華(政策1)は1セット目は先制すると、勢いそのままに得点を重ね、リードを広げる。6点差をつけて、第1セットを勝利。この流れに乗り、勝つかと思われた第2セット。相手の勢いで進み、追い込まれる1セット目とは逆の展開に。3-11で8点差がついて、1分間のインターバル。その後も流れを変えることができずに試合が進む。スマッシュで点を重ね、相手にくらいつくも逆転とはならずに、第3セットに突入。互いにラリーを続け、得点しては、入れられる。一進一退の攻防に。8-11と3点のビハインドを背負い、コートチェンジ。その後、試合が動き始める。相手が果敢に攻め、一気に5連続得点で差を広げた。ネット近くやドロップを駆使して、勝利を目指すも差を詰めれず。勝利とはならなかった。
 土田美幸(経1)は第1セットから一進一退の攻防を続ける。しかし、終盤で少しずつ点差を広げられ、4点差で第1セットを落としてしまう。第2セットは序盤から相手にペースを掴まれ、リードを広げられる。スマッシュミスや相手の攻撃を返せないミスが重なり、一方的に差が縮まらない。12点差と大差をつけられ、勝利には至らなかった。女子シングルスA1回戦、最後に登場したのは山根紗優花(社安1)。第1セットはスマッシュやヘアピンなどで相手と応戦し、点差が付かずに試合が進む。終盤に相手が連続して得点を重ね、第1セットを落とす。迎えた第2セット。序盤は接戦を繰り広げるも、ミスから少しずつ差が広がる。後半にかけては相手がスマッシュを主に、得点を重ねられ、敗北した。

△井上

女子シングルスAの次に、男子ダブルスA1回戦が行われる。小山・瀬藤ペアは対戦相手の棄権により、無条件で2回戦進出を果たす。砂原(政策2)・福井(シス理1)ペアは大国大と対戦。第1セットは最初から相手が勢いを手繰り寄せ、6連続得点でリードされる時も。中盤から相手のスマッシュに対応し始め、粘るプレイを見せるが差は縮められない。リードを保たれたまま、第1セットを落とす。第2セットは相手にリードを許さず、一進一退の攻防に。スマッシュで果敢に得点を重ね、互いに差が広がらない。中盤に差しかかる手前で逆転に成功。息の合ったプレーで相手を追い詰めていき、6点リードで第2セットを終えた。最終、第3セット。序盤からスマッシュを武器に得点を重ねる。相手にリードされる時間もあったが、勢いに乗らせず。11-9と2点差を付け、コートチェンジ。その後も白熱した試合運びで展開され、長時間ラリーが続くことも。それでも関大がリードを保ち、最後は福井颯斗のスマッシュで勝利。2回戦進出を決めた。

△福井(左)と砂原泰斗(右)

次に女子ダブルスA3回戦が行われた。出場したのは内海明莉(商2)・山田桜生(さき=人1)ペア。第1セットは相手にペースを握られたまま試合が進み、リードを広げられる。そのまま、得点する機会を作れず。10点の大差で第1セットは勝ちには至れない。第2セットは差を広げさせない試合運びで応戦。粘るプレイで終盤までは相手に1点差しかつけさせず、奮闘。しかし、徐々に相手の攻撃を返すのに苦戦する。立命大に流れを持っていかれ、6点差を付けられ、勝利にあと1歩届かなかった。

△山田(左)と内海

女子ダブルスAの次に男子シングルスA3回戦が行われた。この種目には瀬藤と小山の2人が出場。まず、登場したのは瀬藤だ。第1セットは両者ともに流れを作れず、混戦状態に。中盤は一時期、4点のビハインドを背負うも2点差に迫る奮闘を見せる。しかし、逆転することはできずに最後は相手の高い打点からの攻撃を許し、第1セットを落とす。第2セットは序盤からペースを握られ、リードされる展開に。中盤からラインぎりぎりを狙うショットやスマッシュを駆使して得点するが、追いつけない。相手がマッチポイントの状態でも諦めずに得点の機会を見出す。しかし、最後は相手のスマッシュの前に敗北を喫した。小山は第1セット序盤にリードするも、すぐに相手に追いつかれる一進一退の状態に。中盤で相手と2点差に広げるが、リードを広げられず。18点目で逆転を許す。そのまま、相手が連続得点し第1セットを落とした。迎えた第2セットは大量リードを保ったまま、試合を進める。しかし、相手のいきおいが中盤以降、増していきどんどん差を詰める。11点あったリードがなくなり追い込まれていく。しかし、最後は得意の力強いスマッシュで21点目を獲得し、第2セットを奪う。第3セットは相手の攻撃を落ち着いて返し、得点を与えない。11点目のコートチェンジ後もリードを保つが、相手のいきおいが増していきマッチポイントに辿り着けない。しかし、前に出ての揺さ振りをかけたり、スマッシュで再びリードを広げる。6点差をつけ、4回戦に駒を進めた。

△瀬藤

新人戦3日目も折り返し、行われたのは5人の選手が出場した女子シングルスA2回戦だ。まず最初に山田が登場。第1セットはリードを維持したまま、終盤戦へ突入。相手のミスも相まってリードを広げる。13点の大差で第1セットを獲得。相手の先制点により、第2セットが始まると流れをつかまれる。しかし、相手に得点をさせずに逆転に成功。そのまま、勢いに乗ると瞬く間にリードを広げ、第2セットも勝利。3回戦に出場を果たした。続く藤川は第1セットは一方的に相手のペースで試合が進む。2点しか取れずに第1セットを落とした。逆転を狙い、臨んだ第2セット。序盤から相手のペースで試合が進むもヘアピンを駆使し、食らいつく。一時期は5点差までもつれ込むが勢いを止めることができずにマッチポイントを取られる。3回戦出場とはならなかった。内海は第1セットから積極的に前に出て、接戦する。ネット際を狙い打ち返し得点を奪うが、相手との差は詰められない。7点のビハインドで第1セットを落とした。第2セットが始まっても流れを変えることができず。一時期は8点あった差を力強いスマッシュやドロップを使って、奮戦するも差は埋まらない。第2セットも落とし、勝利とはならなかった。松本は第1セット序盤から相手との差は広がらない。少しの得点の機会をものに接戦の末、第1セットは獲得。第2セットは互いに得点を重ね、ほぼ互角の戦いを見せる。終盤までその均衡は破られずにデュースに突入。相手がネットぎりぎりに落としマッチポイントを獲得すると松本もドロップで点を取る熱き戦いに。決戦の末に最後はドロップが決まり激戦を制した。最後に登場したのは石井だ。第1セットから果敢に攻め、リードを広げる。相手のサーブミスなどを見逃さず第1セットを獲得した。第2セットは石井が試合の主導権を掴み、リードを広げる。しかし、攻撃でのコート内を狙えずに失点などミスが重なり第2セットは落としてしまう。最終、第3セットは左右に揺さ振りをかけるショットで攻撃するもミスが増え、リードを許す展開に。それでも前に出て得点するが差を詰めれずに第3セットを落とし、勝利には届かなかった。

△小山(左)と瀬藤(右)

新人戦3日目は終盤に突入。女子シングルスA3回戦が行われた。出場したのは山田と松本の2人だ。第1セットはネット真下に狙い、得点を図るも防がれカウンターを受ける。チャンスを待ち、反撃を狙うも差を詰めれず。第1セットを落とす。第2セットは相手に押されてなかなか、攻め切れない。相手に長時間リードを握られるも、ドロップや高い打点からの力強いスマッシュで奮戦。しかし、逆転には至らず3回戦で敗北となった。松本は踏ん張りを生かしての攻撃や相手のミスを見極め、得点を重ねて第1セットを獲得。続く第2セットは相手に先制点を取られスタート。リードを許すも力強いスマッシュや素早いステップで差を詰めていく。しかし、逆転までには届かない状態が続き第2セットも終盤戦へ。足を動かし、食らいつくが最後はコートを捉えきれずに失点し勝敗は最終、第3セットに委ねられた。第3セット目は両者、拮抗(きっこう)した実力でリードを許さない。しかし、相手が得点を重ねて3点のビハインドを背負い、終盤戦へ。松本も力を絞り出し、キレのある攻めで奮闘するもミスで得点を与えてしまい、ゲームセット。惜しくも勝利には届かなかった。

本日の最終種目は男子シングルスA4回戦。小山がここまで勝ち上がってきた強敵と激突した。第1セットから得意のジャンピングスマッシュで互角に渡り合う。しかし、相手はリードを許してくれず。逆転され第1セットは落とした。第2セットはジャンプスマッシュを駆使して、リードしたまま試合を進める。相手も食らいつき、互いに拮抗(きっこう)したラリーで接戦を繰り広げ、差は広がらない。中盤でネットぎりぎりを狙うプレーや相手のミスを見極め、再びリードをつくる。最後はスマッシュを放ち、相手が打ち返せず。第2セットを制し、最終第3セットにもつれ込む。第3セットは小山の先制で試合が始まる。序盤はリードされては追いつく激戦に。このまま進むかと思われたが、試合が動き始めたのは試合終盤。果敢に攻めるも相手コートを捉えられずにミスが続く。完全に相手が流れをつかみ、第3セットを制され惜しくも勝利とはならなかった。

新人戦3日目を終えて、強敵が増え苦戦する関大。しかし、小山・瀬藤ペアが試合を制して3戦目に駒を進めた。さらなる強敵との戦いに向け、練習に励む。【文/写真:木村遥太】

Share this content:

コメントを送信