Loading Now
×

内海・山田組が3回戦進出!

内海・山田組が3回戦進出!

◇ 令和5年度関西学生バドミントン新人戦大会1日目◇女子ダブルスA◇11月3日◇立命館大学いばらきキャンパス◇

【1回戦】
○土田・松本 2(21-1 21-7)0大野・齋藤(神院大)
●石井・松岡 0(11-21 17-21)2勝元・尾原(大体大)

【2回戦】
●井上・山根紗 0(13-21 12-21)2熊谷・松井(京産大)
●土田・松本 1(19-21 21-14 14-21)2柏瀬・近藤(羽衣大)
○内海・山田 2(17-21 21-15 21-16)1木下・尾形(同大)

ついに新人戦が開幕。今日は女子ダブルスAと男子シングルスAが行われた。

まず行われたのは女子ダブルスA。関大からは4組出場し、内海明莉(商2)・山田桜咲(人1)組が3回戦に進出した。1回戦に出場したのは土田美幸(経1)・松本笑舞(情1)組と石井志歩(安全2)・松本茉穂(政策2)組。土田・松本組は第1セット、息のあったプレーで相手を圧倒し、たった1点しか与えず。第2セットも勢いは衰えず、攻めるところで攻めきり点を重ねた。終始相手のペースにさせず、大差をつけて勝利する。石井・松本組は序盤にミスが目立ち、相手に得点を許した。後半に得点するも点差を埋められず第1セットを落とす。第2セットは攻めの姿勢を見せ、積極的にスマッシュを決め、点を重ねた。しかし相手に裏をかくショットを打たれるなどし失点。セットを落としストレートで敗北した。

△松本(左)・土田
△松岡(左)・石井

2回戦に登場したのは井上和華(政策1)・山根紗優花(安全1)組、土田・松本組、内海・山田組。井上・山根組は序盤、ミスが目立ち相手にリードを許す。後半、スマッシュやプッシュで巻き返すが逆転できず第1セットを落とした。第2セットは第1セット以上にスマッシュやプッシュで攻める。しかし相手に動かされて失点。点差を広げられた。そのまま点差を埋めることはできず敗北する。土田・松本組は第1セットはネットにかけるなどミスが多く相手に点を許し、そのまま落としてしまう。第2セットは2人でスマッシュを何度も決め、得点した。点差を広げ、第2セットを獲得する。第3セットも攻めの姿勢を崩さなかった。しかしショットをアウトにしてしまったり相手の攻撃を返せなかったりなど点を許し、敗れてしまう。内海・山田組は第1セット序盤、息のあったコンビネーションで連続得点した。しかしその後相手に逆転され第1セットを奪われる。第2セットはスマッシュを何度も決め、相手のスマッシュを何度も取って得点を重ねた。その勢いのままセットを奪い取る。第3セットも勢いそのまま攻め得点した。途中決めきれず点を落とすことも多くあったが、なんとか逃げ切り勝利する。

△井上(左)・山根
△山田(左)・内海

関大勢からは内海・山田組が3回戦に進出することができた。あと1週間練習を重ね、3回戦突破を目指す。【文:西村果凜/写真:藤井海】

Share this content:

コメントを送信