いまロード中
×

昨年王者の秋季リーグは9位閉幕

昨年王者の秋季リーグは9位閉幕

◇2023年度関西大学連盟秋季リーグ戦第11日◇対京橘大◇10月22日◇於・神戸親和大学

[第1セット]関大22―25京橘大
[第2セット]関大25―12京橘大
[第3セット]関大22―25京橘大
[第4セット]関大19―25京橘大
[試合終了]●関大1―3京橘大

ついに迎えたリーグ最終戦。関大女バレはここまでを4勝6敗で戦ってきた。このメンバーで戦うリーグ戦もこれで最後。1つでも多くの白星を手に入れるため、京橘大との一戦に臨んだ。

相手サーブで試合が開始。第1セットは相手を追いかける展開に。攻撃がアウトになったり、ボールをつなげられなかったりしてもどかしい時間が続いた。終盤には17―22から4連続ブレイクで2点差としたが、最後に決め切れず、セットを先取された。

笹野文乃(文2)のサーブで第2セットがスタート。先制こそ許したものの、関大が主導権を握る。3―5から7連続得点で相手を突き放すと、その後も勢いは止まらず。伊関万絢(まひろ=文2)と土屋美咲(情1)の鋭いスパイクが次々と決まり、得点を量産した。相手に付け入る隙を与えず、大きく点差を開けたまま、セットを取り返す。

△岡崎凜華(人4)

前セットの流れを維持したいところ。第4セットは中屋ちひろ(人4)のブロックアウトから4連続得点とし、上々の立ち上がりのように見えた。しかし直後に4連続失点で同点とされると、次第にアタックがなかなか決め切れなくなる。2度のタイムアウトを挟むも、サイドアウトが取れないまま7連続得点を許し、8点を追いかける展開となった。川上良江(文3)の速攻などで2点差まで追い上げたが間に合わず。セット連取とはならなかった。

△宗助夢羽(ゆう=文1)

勝利のためには落とせない第4セット。序盤は鮫嶋優香(政策1)のスパイクやブロックが決まる。点を交互に取り合いながらもリードしていたが、3連続得点を許すと相手のペースに持ち込まれる。緩急をつけた攻撃で相手を翻弄(ほんろう)し、得点機をうかがうも逆転できないまま試合終了となった。

△鮫嶋

リーグ最終戦を白星で飾れず、最終順位は9位となった。春季リーグ(7位)よりも順位が下がってしまい、悔しい結果に。しかし来月には関カレ、そして集大成となるインカレが控えている。下を向いている時間はない。【文/写真:島田采奈】

Share this content:

コメントを送信