いまロード中
×

リーグ最終戦は黒星に

リーグ最終戦は黒星に

◇2023年度関西大学連盟秋季リーグ戦第10日◇対龍大◇10月22日◇於・近畿大学記念会館◇

[第1セット] 関大20-25龍大
[第2セット] 関大23-25龍大
[第3セット] 関大14-25龍大
[セットカウント]●関大0-3龍大

前日に行われた神院大との試合ではストレート勝ちを果たした関大。リーグ最終戦となる今回の試合も、勢いに乗って勝利をつかみたいところだったが、相手のペースで試合が進み敗北を喫した。

第1セットは相手にリードされる状態が続いた。それでも、金子玄(人4)や久保田滉平(情4)の強いスパイクで関大に得点をもたらす。川内歩人(ほと=商1)が相手の隙を突くサーブで2連続得点を収めたものの追いつけず、第1セットを落とした。

△金子
△金子
△川内

続く第2セット。相手に先制されるものの、3連続得点で関大がリードする。しかし、その後はお互い1点ずつ取り合う展開に。前半は拮抗(きっこう)した状態が続く。陰下雄太主将(情4)や中島康介(文2)のスパイクで得点を稼ぐものの、後半は相手の強いスパイクに反応できず。そのまま2点差をつけられ第2セットも相手に渡し、運命の第3セットへ。

△中島
△中島

どうしても取りたい第3セットだったが、序盤から、相手ペースで進んでしまう。陰下主将、金子の強烈なスパイクや、矢倉龍人(人2)のブロックが関大に得点をもたらす。しかし、相手の猛攻を防げず、大量得点を許してしまう。龍大のペースのまま試合は続き、14-25で第3セット終了となった。

△陰下主将

1部上位リーグから下位リーグへと降格した関大。秋季リーグ最終戦はストレート負けで幕を閉じた。関大は1部リーグ10位、1部下位リーグでは4位という結果に。4年生はインカレで引退となる。残り1ヶ月半弱。どんな試合を見せてくれるのか楽しみだ。【文:早川莉央/写真:土口暢大】

▼陰下主将
「(試合を振り返って)相手のサーブに対して、サーブタッチが乱されてしまった。龍大はサーブとブロックが上手なため、スパイクを打つところが限られてしまい、ブロックを徹底されて点差をつけられたことが敗因だと思っている。(試合中意識していたこと)関大のミドルブロッカーの弱を突かれてしまい、序盤は苦しい展開となった。それに対応するために、サーブで相手のミドルを使わせないようにしたり、見てからブロックするのではなく、予測してブロックしようということは共有していた。(改善点は)秋季リーグを通して、アタックの決定率、決定本数などは良い成績だった。しかし、サーブレシーブ率がかなり低かったのでそこが一番の課題。(秋季リーグ全体を振り返って)上位リーグを目指して取り組んできた。初戦の同大戦は勝てた試合であったのにも関わらず、ちょっとしたミスで勝ち切れなかった。上位リーグを懸けた大体大戦でも、大事なところで力を発揮できず、チームの弱さが出てしまった。下位リーグになってからは7位を目指していた。もちろん良い試合もあったが、総じてブレイクがなかなか取れず。関大は全体的に身長が低めで、ブロックし切れず点を与えることも多かった。京産大戦でも、ブレイクが取れなかったという差が敗因だと感じている」

Share this content:

コメントを送信