いまロード中
×

下位リーグ初戦、大商大に勝利

下位リーグ初戦、大商大に勝利

◇2023年度関西大学連盟秋季リーグ第6日◇対大商大◇10月1日◇於・天理大学

[第1セット]関大22-25大商大
[第2セット]関大25-18大商大
[第3セット]関大25-21大商大
[第4セット]関大25-11大商大
[セットカウント]関大3-1大商大

先週、大体大に惜敗した関大は、下位リーグで今試合を迎えた。大商大を相手に、序盤は苦戦を強いられる展開に。小さなミスが重なり、第1セットを献上するが、徐々に調子を取り戻し、3セット連取。セットカウント3-1で勝利した。

試合開始直後、久保田滉平(情4)のスパイクで先制。しかしその後は互いに点を取り合う展開に。矢倉龍人(人2)の速攻や金子玄(人4)のバックアタックで得点を重ねるが、レシーブがうまくつながらず、相手が一歩リードする。相手が先に20点台に乗り上げると、タイムアウトで切り替えを図る関大。しかし相手の力強いアタックに苦戦し、このセットを落とした。

△矢倉
△矢倉

第2セットは久保田のブロックアウト、陰下雄太主将(情4)のレフトからの攻撃で得点を重ねる。その後のポイントで、あえてブロックにつかず、レシーブに専念してきれいにセッターにつなぐ。これを金子のスパイクで得点すると、次のポイントではリリーフサーバーの隅田嵐(社3)がサービスエースを決める。そのままリードを守り切り、第2セットを取得した。

△陰下
△陰下主将

勢いそのままに進むかと思われた第3セット。しかし序盤から相手が連続で得点し、雲行きが怪しくなる。金子が徹底的にマークにされ、得点できない時間が続くと、たまらずタイムアウトを要求。すると直後のポイントで、金子が流れを断ち切るスパイクを決める。その後は安平瑠也(商3)が2連続でツーアタックを決め同点に。陰下主将のバックアタックや矢倉のブロックで得点し、第3セットを取り切った。

△金子
△金子

ここで勝負を決めたい第4セット。いきなり相手に先制されるがなんとか持ち直す。中島康介(文2)の速攻や、金子のバックアタックで5連続得点。中盤では粘り強いブロックとレシーブで相手のアウトミスを誘う。陰下主将のサーブで相手を崩し、安平がダイレクトで叩き落して得点する場面も。そのまま相手を大きく突き放し、反撃の隙を与えず。第4セットを25-11と大幅にリードし、セットカウント3-1で勝利した。

△中島
△中島

試合序盤はミスが続いたが、なんとか持ち直し勝利を収めた関大。しかし下位リーグをトップで終えるためには、一瞬の油断も許されない。強い意志を持って次週の京産大戦に挑む。【文:森奈津子/写真:井藤佳奈】

▼金子「(試合を振り返って)先週、上位を懸けた大事な大体大戦で負けてしまって、その負けを引きずっていてチームの雰囲気は良くなかったです。(大商大戦を迎えて)第1セットを取られてしまって、2セット目は取れたのですが、3セット目も序盤は怪しくて。本当に危ないなと思ったのですが、何とか自分たちのバレーを持ち直すことができて勝てました。(勝利の要因は)序盤は相手にリードされたのですが、終盤からは自分たちのミスを減らせました。また、普段は落とすようなボールも、頑張って走って上げたのが得点につながったのかなと思います。(京産大戦に向けて)互角の相手との対戦になるので、自分たちの100%、120%の力を出して、序盤から思い切ったプレーをして勝ちにつなげていきたいです」

Share this content:

コメントを送信