いまロード中
×

足立、初登板で初勝利、好機で打線がつながり勝ち点獲得。

足立、初登板で初勝利、好機で打線がつながり勝ち点獲得。

◇令和5年度関西学生秋季リーグ戦第1節◇対同大2回戦◇9月3日◇於・わかさスタジアム京都◇
同大001 000 000=1
関大001 200 01×=4

1(中)中井颯
2(左)田中大
3(捕)有馬
4(一)富山
5(遊)髙田幸
6(右)岑
7(三)下井田
8(二)村田
9(投)田中湧

開幕2連勝で勝ち点を獲得した。投げては、2回2/3を無失点で初登板の足立幸(ゆきと=人2)が初勝利を収めた。


先発の田中湧也(法4)は初回から走者を出すも無失点の立ち上がりを見せた。その裏、関大は先頭打者の中井颯良(政策4)が四球を選ぶ。続く田中大翔(情4)の打った当たりは併殺打となってしまった。1回戦では、好機で3度の併殺打を量産した関大。昨日の悪い流れを断ち切りたいところだ。この試合、先制点を挙げたのは同大だった。2回表、先頭打者の安打と盗塁で1死二塁に。川久保に中前適時打を浴びて先制される。ここでコントロールの良さが持ち味の足立に投手交代。「初登板で緊張していたが、スタンドから同期の『ゆきと』という声を貰って投げることができた」と足立。走者を出すも併殺打に打ち取り、無失点に抑えてピンチを脱出した。

△田中湧
△足立


先制されたら、関大も黙ってはいられない。直後の3回裏の攻撃。今季からスタメンに名を連ねている村田明日杜(法4)が右翼線への二塁打を放つ。足立がしっかり犠打を決めて、1死三塁に。中井颯は、中犠飛で走者を返してすぐさま同点に追いついた。さらに関大は4回裏、先頭の有馬諒主将(商4)が中安打で出塁。続く富山雄正(情3)が左前安打を放つ間に有馬が好走塁を見せて一、三塁とした。その後、髙田幸汰(商4)、下井田悠人(経2)の適時打で2点を追加して勝ち越しに成功。8回にも1点を追加して4-1とした。

△中井颯
△有馬
△富山
△髙田幸


投げては、足立に変わり6回から春に頭角を現した荒谷絋匡(法2)がマウンドに上がる。最終回まで安打を許しながらも最終回まできっちり抑える投球を見せて試合を締めくくった。

△荒谷

1回戦で完封した金丸夢斗(文3)がベンチ入りしていないで継投で勝利した投手陣。春シーズンでは岩井将吾(商3)や河野勇真(政策3)といった3年生投手陣も活躍していたが、ケガで今シーズンは登板はまだない。その代わりに足立や荒谷など着実に2年生投手陣が着実に力を伸ばしてきている。個性豊かな投手陣をまとめる捕手でもある有馬主将は、「3年生が戻ってきてもどっちがベンチに入れるかわからないくらいレベルになってきている。部内競争が激しくなることはチームにとってプラスなことだ」と語った。
次節は、秋季リーグ戦、最初の山場を迎える。春季リーグ戦で悔しい思いをした近大戦だ。選手たちの胸にもあの日の記憶は深く刻まれているだろう。現在、同率首位の一戦の勝敗は優勝への道のりを大きく左右する。【文/写真:永松愛】

Share this content:

コメントを送信