いまロード中
×

女子が決勝トーナメント進出!

女子が決勝トーナメント進出!

◇第92回全日本大学総合選手権(団体の部)◇1日目◇対中京大◇於・横浜武道館◇

【女子第1試合】
関大◯3ー0東日国大
[S1]徳田◯3ー0
[S2]藤原◯3ー0
[W1]徳田・石橋◯3ー0

【女子第2試合】
関大●0ー3中央大
[S1]榎●1ー3
[S2]徳田●1ー3
[W1]徳田・石橋●1ー3

【男子第2試合】
関大●0ー3大正大
[S1]人見●0ー3
[S2]園家●0ー3
[W1]津村優・人見●1ー3

迎えた2日目。この日からは女子の試合も始まり、昨日に引き続き、決勝トーナメント進出を懸けた戦いが繰り広げられた。女子は東日国大にストレート勝利を収め、決勝トーナメント進出を決めた。

早朝から行われた女子第1試合。トップバッターを飾ったのは、春季リーグでも優秀選手賞を受賞するなど絶好調の徳田明梨(人3)だ。3ゲームを通し、相手に得点を与える隙を作らない。ほとんど失点しないまま、わずか20分足らずで試合を終えるなど、余裕のある勝利でチームに勢いをつけた。

△徳田

次に登場したのは1年生の藤原優(商1)。第1ゲームはリードしていたものの、中盤で逆転を許す。1点を追いかける展開となったが、デュースの末にこのゲームを奪った。第2、第3ゲームでは、コートのあらゆるところに球を打ち込み、相手のミスを誘発。晴れの舞台で堂々のストレート勝利を収めた。

△藤原

ダブルスの徳田・石橋愛理(人3)ペアが勝てば、決勝トーナメント進出が決まる。息の合ったコンビネーションで相手を圧倒。第1ゲームでは、11ー3と大差をつけた。得点を決める度に笑顔を見せ、3ゲームとも勝ち取った。全員がストレート勝利で危なげなく決勝トーナメント進出を決めた。

△徳田(左)と石橋

女子の第2試合は、中央大と対戦した。藤原に続き、同じく1年の榎花恋(人1)が出場。第1ゲームは、順調に試合を進めていたが、ネットミスなどのミスが続く。連続失点でデュースに持ち込まれ、惜しくも逆転負けとなった。この1ゲームで流れが相手に傾く。第3ゲームを奪い返したものの、勝利には至らなかった。

△榎

続いて徳田。第1ゲームは優勢にリードしていたが、8点で同点に追いつかれたのを境に、ここから1点を追う展開に。力強いスマッシュをたたき込み、デュースでこのゲームをものにする。第2ゲームは、先にゲームポイントになったものの逆転負けで1ゲームを献上。ここから相手のペースに飲み込まれてしまい、徳田の負けとなった。

ダブルスの徳田・石橋ペアは、第1、第2ゲームここ落としたものの、第3ゲームで粘りを見せた。相手にリードされている場面でも、諦めることなく戦い、一矢報いる。デュースを制し、勢いこのままに第4ゲームも取りたいところだったが、リードを守り切ることができなかった。

△石橋(左)と徳田

最後に行われたのは男子の第2試合。昨日敗北を喫した関大はここで勝たなければ、決勝トーナメントに進むことはできない。人見航希(社2)と園家凌太(シス理4)が同時にコートへ。2人とも善戦を繰り広げたものの、ストレート負けとなった。

△人見
△園家

津村優斗(社4)と人見ペアは、第1ゲームを大差をつけて奪う幸先の良いスタートを切った。しかし、第2ゲームをデュースの末に落とすと、相手に主導権を握られてしまう。第4ゲームで人見がいきなりスマッシュを決めるなど健闘したが、攻めるがゆえのミスが相次ぎ、敗北となってしまった。

昨年ベスト16の男子は決勝トーナメントに進むことができなかった。女子はあすから行われる決勝トーナメントへ。昨年、1回戦敗退の悔しさを晴らすべく、全国の強者たちへと立ち向かう。【文:写真/貴道ふみ】

Share this content:

コメントを送信