いまロード中
×

インカレ開幕!初戦は惜しくも敗北

インカレ開幕!初戦は惜しくも敗北

◇第92回全日本大学総合選手権(団体の部)◇1日目◇対中京大◇於・横浜武道館◇

【男子第1試合】
関大●2ー3中京大
[S1]津村優◯3ー0
[S2]小林●0ー3
[W1]津村優・人見●2ー3
[S3]人見◯3ー1
[S4]園家●0ー3

いよいよインカレが開幕。大会3日目から行われる決勝トーナメント進出を懸け、中京大と対戦する。最後まで勝敗が分からぬ接戦となったが、僅差で敗北を喫した。

トップバッターを飾ったのはエース・津村優斗(社4)。第1ゲームでは何度も形勢が逆転する戦いとなるも、2点差をつけられてしまう。が、4連続得点で第1ゲームを取った。第2ゲームは危なげなく連取。第3ゲームでは、先にゲームポイントになったものの終盤で失点し、デュースに持ち込まれる。13ー14で逆転を許す苦しい場面も。2連続得点で決め切り、ストレート勝利でチームに勢いを与えた。

△津村優

次に登場したのは、ペン粒の小林莉久(経3)だ。第1ゲームは、先制点を奪い3連続得点するなど、幸先の良いスタートを切る。1点を守り切っていたが、10点で並ぶと2連続失点で惜しくもこのゲームを落とす。第2、第3ゲームでは、ネットミスを誘発され、大差をつけられてしまう。ストレート負けを喫した。

△小林

ダブルスには津村優・人見航希(社2)ペアが出場。ゲームを交互に奪い合い、最終ゲームへ。序盤につけられた差を埋めようと猛追する。あと1点まで迫ったところで、相手側がタイムを要求。タイムをうまく生かされ、またしても差は広げられる。関大も状況を打破すべくタイムを使用。しかし相手を止めることができず早くも相手のゲームポイントに。最後まで諦めることなく2点をもぎ取るも、勝利はつかめなかった。

△人見(左)と津村優

人見と園家凌太(シス理4)が同時にコートイン。2人そろって勝てば関大の勝利が決まる。園家はゲームが進むにつれて、相手との差を徐々に縮めていく。が、追いつくことはできず、ストレート負けとなった。

△園家

残るは人見。関大の敗北は決まったものの、1勝でも多く勝つことが、決勝トーナメント進出の鍵となる可能性もある。なんとしても関大に1勝を持ち帰りたい。第1ゲームをデュースで奪ったが、第2ゲームは大差をつけられてしまう。第3ゲーム序盤は拮抗(きっこう)した展開だったが、引き離し差をつけてゲームを取り返すことに成功。第4ゲームでは、最後までリードを守り切り、デュースに持ち込ませずに勝利を収めた。

△人見

決勝トーナメントへの道は、あす行われる第2試合へと託された。【文:写真/貴道ふみ】

Share this content:

コメントを送信