いまロード中
×

強敵からセット先取も敗戦

強敵からセット先取も敗戦

◇2023年度関西大学連盟春季リーグ戦第10日◇対帝塚山大◇5月14日◇於・京産大

[第1セット]関大25ー20帝塚山大
[第2セット]関大21ー25帝塚山大
[第3セット]関大19ー25帝塚山大
[第4セット]関大23ー25手塚山大
[セットカウント]●関大1ー3帝塚山大

リーグ戦も残すところ2試合となった。この日はリーグ2位の帝塚山大との一戦。強敵相手に第1セットを先取したものの、その後の接戦をものにすることができなかった。

相手の3連続得点で始まった第1セット。アタックを何度も返され、押され気味であったが、嶺明華(人3)のストレート攻撃を皮切りに、勢いづく。土屋美咲(情1)のスパイクなどで一挙5得点。その後も鍋井識里(文4)、伊関万絢(まひろ=文2)のサービスエースが飛び出し、相手に流れを渡さない。一度奪ったリードを手放すことなく、第1セットを先取した。

△嶺
△鍋井

この勢いを維持したい関大だったが、第2セットも4連続得点を許す立ち上がり。川上良江(文3)の速攻や、日野美里(人4)のスパイクで追い上げるも、開いた点差をなかなか埋めることができない。緩急を織り交ぜた攻撃を繰り広げたが、このセットを取ることはできなかった。

△日野

この日初めて、日野のブロックアウトにより関大が先制した第3セット。伊関がさらに2本のサービスエースを放つなど、サーブで相手を崩しながらのプレーが続く。伊関、土屋のスパイクで攻め立て、得点するシーンもあったが、逆に返されてから、相手の攻撃に持ち込まれる場面も目立った。大きく点差を離され、このセットも落としてしまった。

△土屋
△林川涼(経4)

後がない第4セット。幸先よく3連続得点でスタートし、その後も着実に得点を重ねていく。しかし中盤、相手が4連続得点を決め、追いかける展開となった。必死に食らいつき、22ー23の場面。児玉光涼主将(文4)が「いけるよ、絶対にいける」とメンバーに声をかける。そこから相手のミスで1点追加したものの 、先に25点目を許してしまい試合終了となった。

△児玉主将
△田中結姫(ゆいき=人1)

残る1戦はホームでの親和大戦。これまでリーグ全勝と手強い相手だが、関大のやることは変わらない。悔いのないプレーで、リーグを完走してほしい。【文:島田采奈/写真:島田采奈、湯浅あやか】

Share this content:

コメントを送信