いまロード中
×

フルセットの末、京産大に惜敗

フルセットの末、京産大に惜敗

◇2023年度関西大学連盟春季リーグ戦第8日◇対京産大◇5月13日◇立命館大学OICアリーナ◇

[第1セット]関大25ー21京産大
[第2セット]関大26ー24京産大
[第3セット]関大23ー25京産大
[第4セット]関大22ー25京産大
[第5セット]関大13ー15京産大
[セットカウント]●関大2ー3京産大

3連勝中の関大は、京産大と相まみえた。現在6位の関大は、このまま連勝で最終日を迎えれば、5位浮上もあり得る。なんとしても勝利を収めたい京産大戦。第1、第2セットを奪ったが、流れが相手に傾き、そのまま3連取で逆転を許し、フルセットの末に惜しくも敗北となった。

第1セットは、安平瑠也(商3)のサーブでスタート。先制点こそ奪われたものの、リベロの池田幸紀(商1)がどんな球をも拾い上げ、パスをつなげる。陰下雄太(情4)と金子玄(人4)を中心に、スパイクを決め得点を重ねた。中盤で1度だけ相手に逆転されたが、タイムアウトをうまく使って状況を打開。金子がクロスに叩き込んだり、金子がダイレクトで返球し、差を引き離す。交代で入った隅田嵐(社3)のスパイクで第1セットを奪った。

△安平
△池田
△隅田

中島康介(文2)のアタックで始まった第2セット。点を取っては取られ、何度も形勢が逆転する展開に苦しんだ。久保田滉平(情4)のスパイクや久保田と矢倉龍人(人2)のブロックで得点を稼ぐ。サーブミスや、仕掛けた攻撃はコート外に弾かれるなどして失点。先にセットポイントを取られたが、陰下のスパイクでデュースに持ち込む。そのまま金子のクロスが決まり、第2セットも勝ち取った。

△中島
△久保田
△矢倉

第3セットもそのまま奪い切り、ストレート勝利を収めたいところ。第1、第2セットと変わって、相手を追う厳しい状態が続いた。サーブミスやパスがつながらず、失点が重なる。安平が上げたバックトスで、金子がアタックを決め、チームに勢いを与えた。なんとかデュースに持ち込みたい。あと1点のところまで相手を追い詰めたが、審議の結果アウトと判定され、第3セットを落とした。

△金子

第4セットでは、1セットを奪った相手に主導権を握られた。スパイクや速攻もブロックされる。広げられた差をなかなか埋めることができず、最後は陰下のサーブミスで、このセットも連取されてしまった。

△陰下

フルセットに及ぶ大接戦となった。第5セットは、相手のクイックでスタート。負けじと、久保田と陰下がアタックを決めて逆転する。矢倉の速攻や安平が後ろ向きに返球するなど応戦した。関大が優勢にゲームを進めていたように思えたが、陰下が負傷し選手交代。13点目までリードを守り続けていたものの、連続得点を許し、そのまま相手の勝利となってしまった。

優勢にゲームを進めていただけに、悔しい結果となった。気持ちを切り替え、明日は大産大に挑む。【文:貴道ふみ/写真:藤井海】

Share this content:

コメントを送信